FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

顔面騎乗クンニさまざまな姿勢(4)跪きL字ー対面

 続いて、跪きL字クンニについてみてみたい。顔面騎乗クンニといえば、普通は、この跪きL字クンニをイメージすることが多いだろう。する側の女性から見ても、完全M字ほどの抵抗感はない。それだけに、跪きL字クンニは、女のS度が高い完全M字よりは、女のMっ気も刺激される場合もあるので、両義的な姿勢といえる。ただ、現実には男が攻める場合の方が多いかな。

 実際、生まれて初めて顔面騎乗クンニをする女性のほとんどは、この跪きL字クンニの姿勢であろう。実際、初めてするという女性に「顔の上に跨がってきて」というと、背面で、つまりお尻を向けて跨がろうとする女性が多い。これっって、シックスナインの姿勢なので、シックスナインを経験している女性なら、顔面騎乗クンニといえば、この向きで跨がるものだという先入観がある。
「違う、こっち向き!」というと
「えっ…顔側?これって、恥ずかしいですよ………」
女性が恥ずかしがるようであれば、もう始める前から男が攻めることになる。

 先ずはこの対面での跪きL字クンニから。跪きL字クンニの場合も、バリエーションを決める主な要素は、女の上体が反り返るか、垂直か、前屈みになるかと、女の両脚の開き具合かな。あと、どちらが責めているのかは、女と男の手がそれぞれどこにいくかによって大きく変わってくる。

 跪きL字クンニは、完全M字の姿勢よりは安定しているが、それでも柔らかいベッドの上だと、不安定になりやすいし、イキそうになると、なおさらそうなる。女が上体を前屈みにすれば、両手をつけるので安定するが、この角度だと、クリしか舌先が届かない。クリの他、膣中まで舌先が届くのは、やはり垂直の跪きクンニがいい。

 なので、ベッドの上であれば、女性が跨がる時に壁際によれば、壁に手をやって体を支えることが多い。あるいは、男が女のお尻や腰に手を伸ばして体を支えるか、男が女の手を握って支えるやり方もある。これには、女に安心感を与えると同時に、両手を拘束してしまうという隠れた効果もある。

 男の両手が女のおっぱいまで上がると、完全に男が主導権を握るクンニになる。しかもこれには、女の上体を支えるという意味あいもある。
 但し、長時間、両手を上げているのは疲れるし、おっぱいをモミモミしていると、クンニに集中できなくなる。僕がよくやる手は、女を絶頂トラックに乗せる時に、両方の乳首を指先で触れるやり方だ。

 女が上体を後にそらすと、男に舐めさせている感が強まる。この姿勢で女の上体を支えるには、両手を後にまわし、男の胸の上に置けばいい。男も協力したければ、両膝を立てて、その膝頭に女が後ろに回した手を乗せてもいい。こちらの方は、男が攻めている感が出てくる。

 女の股間の開き具合だけど、恥ずかしがってあまり開かないと、男の舌が届かない。男が頭を上げれば届くが、これだと首が痛くなってくるので、長時間は無理だ。そんな時は、女の股間を開き気味にして、高さを調整する。最初は恥ずかしがっても、舌先が触れる方が気持いいに決まっているので、降ろした腰を上げる女はいない。

 女が上体を前屈みにする姿勢の時も、股間を開き気味にしないと、舌が届かない。女の前にソファーがあれば、上体をソファーに乗せることができるので、疲れない。ベッドや床の上であれば、女の上体をさらに寝かせ、頭を床につける姿勢もある。四つん這いバックで、お尻だけ突き出して、頭を床につける姿勢で、男に舐めさせるわけだ。面白い姿勢ではあるけど、この角度だとクリしか舌が届かないという欠点がある。

 最後に、跪きL字クンニで、女が責めている感を出す方法を紹介しよう。それは女性が両手を能動的に使うだけでいい。男の顔を見ながら、片手か両手を男の頭にやり、股間に向って引っ張るようにするだけで、俄にS度100%になる。あるいは、小陰唇を両手で開き、クリを露出させてもいい。男としては「ここを舐めるのよ!」と命じられている感覚になる。同じように、女が上体を前屈みにしながら、両手で自分のお尻を左右に広げるのもいい。多少は股間が開き、男に「しっかり中まで舐めて!」という指示になるからだ。



スポンサーサイト
[PR]

[PR]


    posted at 00:00 | 顔面騎乗クンニ | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: