FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

立体的クンニの為の女性器の広げ方

 最後に立体的クンニをするための、指の効果的な使い方を披露したい。椅子や台の上、あるいはベッド脇で女性がM字開脚して座っている姿勢での話として聞いてもらおう。
 男が主導権をもつ立体的クンニの場合、指で大陰唇を左右に広げるのは、男の仕事だ。この時の指遣いも、繊細さが求められる。
 なぜって、せっかく超高感度の立体的クンニをしているのに、指使いが荒かったら、女性が不快感を感じ、せっかくの快感も台無しとなってしまうからだ。とにかく指使いは可能な限り、ソフトにすることだ。股間を広げるのに最小必要限の軽い力で十分だ。

 接触する指の感覚をソフトにするには、指の先ではなく、指の長さをつかって面で捉えることだ。それも一本の指ではなく、3本、4本と使えばさらに面が広がるので、ソフトな感覚になる。実際、女性自身がするくっぱって、一本指でやることは少ない。女性は無意識のうちに、やさしく股間を開く術を知っていて、それを実践しているのだ。

 なので、左右の指で大陰唇を開く場合には、指先ではなく、指全体、しかも複数の指の面を使って、やさしく広げることだ。
 この広げ方だけど、実は二段階ある。最初は、小陰唇と大陰唇との間の溝を舐めるので、必要以上に広げる必要はない。溝が露わになる程度で十分だ。溝が面になるほど広げると、舌先の刺激も一面になってしまう。溝のままだと、一度に両方の壁を刺激することができる。

 第二段階は、小陰唇の内側を舐め上げる時や、膣前庭、あるいは尿道口、さらには膣口を舐める時など、より露出を必要とする時だ。この時は、やや広めに大陰唇を広げる。かといって、目標が見えれば其れで十分なので、小陰唇や膣口が変形してしまうほど広げる必要はない。
 なお、くぱっ画像には、小陰唇に指を置いて広げているのもあるが、これは不要だ。これをやっても、小陰唇は内側が広げられても、外側が隠れてしまうし、膣前庭全体や膣穴が広がる訳ではないからだ。

 広げる位置も、大別して三個所ある。割れ目の全体をまんべんなく広げたければ、指を全体が均等に広がる位置に当てて、ゆっくりと広げる。こうすると、上の方のクリの三角形のフードから、小陰唇と大陰唇の間の溝、小陰唇の内側、時には膣口が小さく顔を覗かせるぐらいになる。立体的クンニのスタートはこの広げ方がいいかな。

 続いて、膣口を重点的に広げたければ、膣口側、つまりお尻側に指を移動して、二等辺三角形になるように、割れ目の下側を広げる。こうすると、多くの女性は、膣口がはっきりと露出するものだ。舌先を差し込むときには、こうして目標の穴を確認するのがいい。 なお、この時の超裏技として、股間のBスポットも同時に押す指で愛撫するといい。詳しくは「前庭球(Bスポット)愛撫術」【クンニのテクニック(上級編)】をご覧頂きたい。
 もう一つは、 クリ側の側面を広げるやり方だ。指先を上の方に移動して左右に広げるのだ。こうすると、膣口は隠れてしまうが、クリを被っている三角形のフードが綺麗に顔を出す。この三角形のフードと大陰唇の間の溝も、普段は空気に触れないところなので、舐められると気持ちポイントだ。また、クリが敏感で、直接舐められると痛みを覚える女性には、フードの上からの間接的な刺激がいい。

 そして、最後にイカせよううという体勢に入った時に、このようにクリの周辺を広げておくと、膣口から膣前庭を通って、尿道口をかすめ、クリに到達するような舌の連続的な動きをする時に、より効果的となる。広がった小陰唇の内側も敏感なところだけど、こちら側からもクリを間接的に刺激するには、このようにクリ側の小陰唇の内側を広げておくしかない。しかも、クリの包皮を敢えて剥かなければ、下側から舐め上げても直接クリの粘膜に触れないので、敏感な女性や長時間のクリ責めにはもってこいだ。

 もちろん、剥き出しのクリが感じる女性なら、クリを剥き出しにしてもいい。基本としては、全体を広げ、小陰唇の内外の溝を舐めたら、膣口側を広げて膣口を舐め上げ、最後にクリ側を広げて、クリへの集中攻撃でイカせるというのがいいだろう。
 慣れてきたら、相手の女性によってパターンを変えればいい。膣口が感じる女性なら、最後に膣口を広げて、ここへの愛撫でイカせてもいい。あるいは、尿道口が感じる女性なら、上側を広げて尿道口を最大限に露出させ、尖らせた舌先をツンツンとつついてもいい。

 さらに欲張りな女性なら、最後にまた全体を広げて、膣口からスタートして膣前庭、尿道口、そして小陰唇の内側からクリをかすめる、という「子犬舐め」を繰り返してもいい。割れ目を広げられての、膣口からクリまでの流れるような舌先の動きは、一回ごとに下半身がゾクゾクするような快感となるからだ。 



スポンサーサイト
[PR]


    posted at 00:00 | クンニのテクニック(上級編) | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: