FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

舌の動きが制限される顔面騎乗クンニでも女がイクのはなぜか?

 今まで磨いてきたクンニのテクで、女がイクというのは分る。しかし舌の動きが制限される顔面騎乗クンニでも、ちゃんと女がイクのはなぜか?ただ、舌先をつきだしているだけなのに、女が勝手にいってしまうのって、テクを磨いてきた意味も無いのか、と思うことがある。女がイクまでの時間も、とくに顔面騎乗クンニが時間がかかるという訳でもない。時には、こちらの方が短い時間でイク事すらある。

 ここに、クンニでイクことのもつ不思議だが隠されているようだ。おそらく、顔面騎乗クンニでもあっさりといける理由の一つは、男の顔の上に跨がる女の気持ちの問題があるかな。Mな女ならメチャメチャ恥ずかしい。この恥ずかしさが女の興奮を高めるのだ。興奮すると、粘膜の感度も上昇し、イキやすくなる。

 男を攻めるのが好きなS女も、いよいよ男の顔の上に跨がるとなると、「さあ、責めるぞ!」といよいよ本気モードに入る。顔の下では、苦しそうな男の息と、それでも必死に自分のおまんこをおいしそうに舐めている男が見える。S女にとっては、もうそれだけでスイッチが入るだろう。

 ここで男を攻めてもいいし、男の舌先をオナニーの道具扱いして、好きなようにイってもいい。男の舌先の動きが止まったら、「ほら、もっとちゃんと舌先を動かして!」と叱りつける。面白いのは、男が下手くそで、場違いなところに舌を動かしていても、ちゃんとイケるということだ。
 その理由は、女が自分から気持ちのいいスポットに当るように腰の位置を調整し、自分が気持ちいいように腰を動かしているからだ。こうなると、まるで「角オナニー」だ。相手は、動かなくてもいい。几の角でいいのだから。そして男の舌は温かくて濡れている。こんないい「角」なないだろうね。

 そう、女が顔面騎乗クンニでイク事ができるのは、この女から自由に腰を動かせることにある。M字開脚クンニだと、ポイントがずれていても、一生懸命に股間に顔を埋めて頑張っている男に、「そこじゃない」とか「もっとこうやって」とかの指示は出せない。それどころか感じている振りすらする。しかし、顔面騎乗クンニなら、それをやっても、男に気が付かれることすらない。

 この、女から腰を動かして、快感ポイントに当てるのって、女性上位で女がイキやすいのと同じ理屈だ。女性上位の方がイキやすいという女性は、自分で感じる場所を調整し、自分がイキやすいように腰を動かしているのだ。特に、腰を上下ではなく、前後に動かすのが好きな女性は、クリが擦れる気持ち良さを利用してイッテいることが多い。それに、前後に動かす方が、体力的に楽だしね。上下の動きだと、刺激も強いが、それだけ疲れるし、イキそうになってくると、自分から動かすのも辛くなってくる。

 顔面騎乗クンニの場合も、女性は腰を前後に揺すってくる。決して、上下に動く女性はいない。腰を前後に揺する理由は、ずばり、クリを前後に揺すっているのだ。
と言うことは、顔面騎乗クンニの場合、快感レベルの上限は低いということがいえるかも知れない。実際、顔面騎乗クンニだと、女が主導権を握っている限り、イカされ続けることもないし、焦らされて最後に大きくイクこともない。好きなタイミングでイッタら、それで終わりだ。

 となると、顔面騎乗クンニのオーガズムには、それほどの深さがないと言うことかも知れない。イクのはクリへの刺激だけだし、男の顔の上に乗っているという、精神的な興奮が手伝ってイッテいるだけだ。だとすると、やはりクンニの奧深さは、M字開脚クンニにあると言えるかな。M字開脚して、男にイカされる方が、深いオーガズムを得られるし、しかもそれを連続で得られるからだ。
 逆に言うと、女をM字開脚にして、男がイカせる時は、腰が抜けてしまうような、深いオーガズムを、連続で与えてあげないと、やる意味もあまりないということかな。



スポンサーサイト
[PR]


    posted at 00:00 | 顔面騎乗クンニ | CM(2)

この記事に対するコメント

凄いです!
私も、FPさんにされたいですv-238
【2019/10/19 12:07】 URL | A #- [ 編集 ]


クンニでイケる女性は多いのですか?

私はとても上手な男性でも、クンニではイケません。集中して目を閉じててもダメですから、ましてや顔面騎乗クンニはイクという扉は開くはずもなく、ただたださっさと終わりに持っていく流れにしたいと願うばかりですよ。

乳首を吸われただけでイクこともできるのに。

顔面騎乗クンニはただ恥ずかしいだけで、イケるスイッチからは一番遠いところにあります。
【2019/01/30 23:47】 URL | #- [ 編集 ]


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: