FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

セックスに特化した肉体とは?

 トップクラスのアスリートの肉体を見ていると、長年の鍛錬によって、それぞれのスポーツに特化した肉体になっているものだ。陸上でも短距離走と長距離走では、まるで違う体つきだ。水泳選手なら上半身が鍛えられて逆三角形になるし、自転車、サッカーとなると、下半身、とりわけ太股の筋肉がすごい。重量挙げのようにあまり動くことなく、力勝負のスポーツもあれば、バトミントンや卓球のように俊敏さが求められるスポーツもある。

 こうしたスポーツの違いと、選手のそれに特化して肉体をみていて、ふと、ではセックスに特化した肉体って、あるのだろうか?と疑問に思ったことがある。スポーツ選手の場合、パフォーマンスという言葉がある。肉体を鍛えるのも、あるスポーツでのパフォーマンスをあげるためである。

 となると、セックスにおけるパフォーマンスとは何だろうか。それは、十分に自分も快楽を楽しみ、相手にも十分な快楽を与えることができれば、高いパフォーマンス能力となる。もっとも、ペニスの大きさや形状などは、持って生まれたものなので、先天的なものはここでは除外しよう。あくまで鍛えられて改造される肉体の話である。

 まず男の場合からみてみよう。長時間の激しいセックスでは、体力勝負となる。そのため心肺機能をはじめ、基礎体力は不可欠だ。その上で求められるのは、筋力だろう。セックスにおいて主導的な役割を果たす男の場合、以外と全身の筋肉を使っているものだ。抱きしめ正常位で女性の体に全体重を乗せないように腕で上半身を支えなければならない。しかし、一番、使うのは、腹筋、背筋などの体幹であろう。スラストの場合には、お尻の筋肉も使う。さらに、立ちバックや駅弁となると、脚力も必要だ。

 しかし、いくら筋肉があっても、体が硬いと、宝の持ち腐れだ。それらを使いこなせる体の柔軟性も不可欠だ。もっといえば、こうした肉体を華麗に動かせるのも、脳からの司令だ。脳と運動神経との聯繋も普段から鍛えて奧必要がある。脳といえば、イメージトレーニングも大事だ。
 最後に、セックスって、相手のあることなので、相手がどのように感じているかをしっかりと感じ取るセンサーも磨いておく必要があるかな。

 さて、以上のことは、女性にも言える。まあ、受動的なままなら、あまり筋力は必要ないが、長時間のプレーには基礎体力も必要だ。あと、女性上位で自在に腰を振りたければ、やはり股関節まわりの柔軟性は大切だ。中には、本当に体が硬い女性がいて、V字に開いたり、屈曲した正常位がうまくできない女性もいる。いろいろな体位を楽しむ為には、やはり体の柔軟性が不可欠だ。それに、体が柔らかい女性って、どこか心も柔軟なところがあるかな。

 あと、男からの希望としては、あまりマッチョにならず、適度の肉付きがあった方が、抱き心地はいいかな。これは女にもいえて、あまり筋肉質の男よりは、細マッチョで、適度に脂肪もついている男の方が、抱かれていて気持ちいいようだ。
 しかし、男女とも、体の見た目だけでは、セックスのパフォーマンスまでは予測できない。こればかりは、本番のガチンコ勝負をしてみて初めて、分ってくる世界だ。



スポンサーサイト
[PR]


    posted at 00:00 | セックスと筋力・体力 | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: