FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

大陰唇に陰毛がある女性の場合のクンニ

 今まで、いろいろな女性にクンニしてきたが、先日、クンニをしようとパンティを脱がして股間を開いたら、大陰唇のとろころにもゴワゴワした陰毛が生えている女性だった。まだ18歳で、初体験も最近済ませたばかりとのことで、限りなく処女に近い娘だった。そのせいもあるいけど、股間の陰毛には一切の手入れをせず、ナチュラル・ヘアーだった。昔の女性の股間って、こんな感じだったんだろうけど、今は皆、部分脱毛をしているので、最近では珍しいという感じで、逆に新鮮ではあった。

 しかしだ、いざクンニを始めようとすると、陰毛がかなり邪魔になることに気が付いた。特に、太股の付け根からスタートして、僕が得意とする「大陰唇のナメクジ舐め」ができないのだ。だって、そこにヘアーがびっしると生えているんだもの。

「あれ、大陰唇って、これが本来の姿だっけ?だとしたら、今までの女性は皆、大陰唇まわりを脱毛していたということ?そうだとしたら、今まで紹介してきたクンニテクは、部分脱毛している女性にしか通用しないということ?」などという思いが駆け巡った。

 いや、ヘアーがあっても、なんとかやってみようと、あれこれ舌先を出してみるのだけど、大陰唇にたどり着けない。それに、されている彼女がまったく気持ちよがらないので、戦意喪失となってしまった。

 しかたなく、大陰唇はパスし、次のステップである、大陰唇と小陰唇との隙間の溝へ移ることに。股間が陰毛で被われていても、両手で左右に大陰唇を広げると、小陰唇との隙間の溝がしっかりと露出するので、ここをツーっと舐めあげた。とたんに今までなかった反応が。おしらく、これだけ陰毛があると、小陰唇すら普通の状態では舐めることすらできないだろう。だから今まで舐められたこともなかったようで、彼女にしてみれば未知なる快感だったろう。さらに小陰唇の内側に舌を這わせると、凄い反応が。

 こうなったら、もうこちらのペースだ。膣前庭や尿道口、そして膣口と責め続け、最後にクリを前後、左右から高速でレロレロとすると、生まれて初めてのクンニ・オーガズムへ。30秒ほど、膣口に舌先を入れておいて、またクリを責めると、すぐに二回目のオーガズムへ。

 こうしてみると、全く手入れのしていないナチュラル・ヘアーも、卑猥でいいけど、いざ、クンニをするとなると、持っているテクの一部が使えない事が分った。やはり、クンニする側としては、最低限でも大陰唇まわりのヘアーは剃っておいてもらうと有り難いかな。今までクンニしてきた女性の多くは、男がクンニしやすいようにという思いで剃っていたとなると、それはそれでエロいことかな。だって、「ここも舐めて」と言っているようなものだからね。



スポンサーサイト
[PR]


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: