FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

奧がえぐられる感覚

 生まれて大きなペニスを入れられた女性のコメントって、いろいろあるけど、生々しいのに、「なんか奧がえぐられる」というのがあった。正常位で入れている時に、お腹のあたりを押さえながら、
「お腹のこのへんが、なんかすごいことになっている」
みると、押さえているあたりって、膣口から20センチほど上側だ。そんな遠くが?と思ったけど、よく考えたら、18センチあるペニスなら、亀頭はそこまで届いて居るはずだから、そこに違和感を覚えるのは当然だと思った。
「痛いの?気持ちいいの?」
「痛いようで、気持ちいいようで、イタキモかな」
「今まで経験したことのない感覚でしょう?」
「うん、こんな感覚、初めて」
「それって、男には分らないんだけど、どんな感じなの?」
「なんかね、奧がえぐられるって感じ」
「えぐられる?」
そう聞くと、彼女は、手で工事現場にあるショベルカーの真似をして、
「内臓の奧の方がこんなふうに、えぐられる感じ」と表現した。

 いや、今まで、奧に「当る」とかのコメントといっぱい聞いているけど、「えぐられる」というのは初めて聞いた。思うに、ただ長いだけで、奧まで届くペニスだと、奧を「突かれる」という感覚だと思う。しかし、僕のペニスは18センチと大きいだけでなく、真っ直ぐではなくバナナのように、下側にカーブしている。おまけに亀頭部分と直ぐ後方の棹の部分も太い、所謂コブラ型という形状をしている。この独特の形状が、奥まで突いて、さらに角度をかえてこねくり回すと、内臓の奧が「えぐられる」という感覚になるのかな。

 一度でもこういう大きなペニスを経験していると、慣れてくるのだろうし、比較もできるのだろうけど、何しろ、生まれて初めての奥まで届くペニスを入れられたので、全てが新鮮なんんだろうね。ただ奧に点として当るだけで無く、奧の壁が面として擦られるので、奧がえぐられる、という感じになるのだと思う。
「子宮口のところが、びっくりしちゃってるんじゃない?」
「そうかも、なにしろ初めてだから」

 正上位で「えぐられる」と感じるなら、他の体位にしたら、もっと中をかき回される感じになる。実際、側位にしたら
「だめ、大きすぎる」
「また違ったところに当るでしょう?」
「当る………」
まあ、側位って、正常位とは違うところに当るものだが、特に大きなペニスだと、それが強調されるのだろう。

 四つん這いバックになっても同じだ。四つん這いバックって、さらに奧まで届く体位だけど、それだけにバックで腰をこねくり回すと、奧がさらにえぐられる感覚になるようだ。その感覚に耐えきれなくなり、うつぶせにつぶれる彼女。そのまま寝バックに持ち込んで、さらに突きまくると、今度は挿入が浅くなる分、膣奧までは届かないにしても、亀頭が膣天井を直撃する。大きなストロークで突くと、膣天井を面で擦られる感覚になるはずだ。

 もっとも、彼女が「奧がえぐられる」と表現したのも、ペニス全体がカチカチなだけでなく、亀頭部分までしっかりと硬いから、感じ取れたのだと思う。いくら長いペニスでも、柔らかめで、亀頭もプニュプニュだと、心地いい圧迫感はあっても、「えぐられる」という感覚にはならないだろう。
「こんだけ大きくて硬いのでかき回されると、明日まで、中に入っている感覚になるらしいよ」
「そうなの?」
僕にはその確信があった。きっと今頃、大きなペニスで膣内の粘膜の隅々を擦られた感覚に、僕が残した言葉をかみしめていることだろう。



スポンサーサイト
[PR]


    posted at 00:00 | 大きなペニス | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: