FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

クンニ・オン・デマンド

 会って初めてクンニする女性の場合、もてるテクの何割を出すかは、その時の情況による。クンニで一度もイッタことがない、という女性なら、たっぷりの時間をかけて生まれて初めての快感を味あわせてあげたいと思うものだ。あるいは、「クンニ大好き」という女性なら、期待以上のものを味あわせてあげたいと、これまた頑張るものだ。しかし、時間のない場合や、あまり反応がかえってこない場合は、適当なところで切り上げることもある。

 いずれにせよ、どのタイミングであれ、持てるテクを総動員した、クンニのフルコースを一度でもお見舞いすると、その後が困ってしまう、という事に気が付いた。つまり女性の側は、どんなテクをどんな手順で使ってくるか、全部、覚えているので、一つでも飛ばすと、「あれ、今日はあれをやってくれないのかな」と思ってしまう。つまり、「手抜き」されていると、思われかねない。ならば、クンニを重ねるごとに、少しずつテクを披露していけばいいじゃないか、となるが、これとていつかは、全てを披露することになる。時間の問題だ。

 この問題をどう解決するか?そこで考えたのが、「クンニ・オン・デマンド」だ。AVメーカーで「ソフト・オン・デマンド」というのがある。出版業界でも、注文がきてから印刷するという「オン・デマンド出版」というのがある。これをクンニにも使うのだ。
 つまり、クンニを始めるにあたって、リクエストするのだ。
「今日は、フルコースがいい?それとも、どれかに重点をおいたのがいい?」あるいは、「今日は、恋人チックにソフトなのがいい? それとも、ハードに責められるのがいい?」「何度もイカせて欲しい?それとも焦らしに焦らして、最後に大きくイキたい?」
などなど。

 大抵の女性は、こんなこと聞かれたことがないので、うまくリクエストできないものだ。本心では、「フルコースで、ソフトで、しかも何度も何度もイカせて欲しい」と思っていても、「ええっ………」としか答えられない時もある。そんな時は、「お任せコースもあるけど」というと、「じゃ、お任せコースでお願いします」なんて返事がくる。こうなれば、たとえフルコースでなくても、「手抜き」したとは思われない。

 何でこんなことを思いついたかというと、いつもセックスしている女性に、挿入前に、
「今日はどんなふうに責められたい? ソフトには、ハードにか。何度もイカされるのと、焦らされるのではどちらがいい?」とよく聞くようにしているからだ。もっとも、彼女の答えは、
「ソフトにと言っても、結局いつもハードになるし、焦らされるといっても、結局、何回もイカされてしまうから、同じなんですけど…………」だった。
そこで、「じゃ、今日は何回、イキたい?」とズバリ、イク回数で聞くようにした。
「10回を超えると疲れるから、5回ぐらいでお願いします」なんていう日には、本当にイク回数を数えながら、5回目に一緒にイクようにしている。

 クンニのリクエストを取る場合も、「お任せコース」に落ち着くなら、いっそうのこと「何回、イキたい?」と回数のリクエストをとるのもいいかもね。なぜって、「お任せコース」をリクエストされても、結局、フルコースに近いものになるし、何度も何度もイカせてあげることになるからだ。



スポンサーサイト
[PR]


    posted at 00:00 | クンニのテクニック(上級編) | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: