FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

体を密着されると幸せ感を味わう女

 女の上に乗り、ギューっと抱きしめると、「これ、大好き!」といってしがみついてくる女は多い。「正直、入れなくても、じっとこうしているだけでも幸せ」とのこと。男に愛されているという、安心感が女の心を落ち着かせるのだろう。しかし、男としては、挿入もしたい。どうしたら、この女の安心感、幸福感を維持しながら、挿入し、スラストを始めたらいいか?

 実はいい方法がある。横寝バックの姿勢で抱きしめ、ゆっくりと後から挿入するという手もあるが、同じような安心感を正常位でも与えてあげることが出来る。挿入の瞬間だけは、女の両脚をM字にして開脚するけど、入れたら直ぐに、抱きしめ正常位の姿勢になることだ。腰もまだ動かさず、女の上半身を抱きしめ、キスを交わす。

 女の両膝を折る屈曲位は、男にとっては、挿入の角度を調整しやすいし、腰も動かしやすい。いわば、スラストに最適の体位だ。しかし、女はそうは感じていない。何より、密着感がないのだ。さらに言えば、男の欲望に身を任せている感じしかない。愛されている感が少ないのだ。四つん這いバックなんかも同じ事が言えるかな。

 しかし、いつまでも抱きしめ正常位の姿勢でいては、思うようなスラストができない。しかしここでもいい方法がある。それは、「突くスラスト」ではなく、「引くスラスト」をすることだ。つまり、腰を打ち付けようとするのではなく、結合した状態から男が腰を後に引くスラストをすればいいのだ。この為には、腰の柔軟性が不可欠だけどね。

 もちろん、激しく突くことはできない。しかし、女にとっては、これで十分に気持ちいいのだ。男が意識して「引くスラスト」をしていることは、女にも分る。何よりも、膣への圧力のかかりかたが違うからだ。やさしい圧力といったらいいかな。一体感を保つために、男が普段とは違う、「引くスラスト」をしてくれているということに、女は十分な快感だけでなく、精神的な満足感をも得ているのである。

 激しい突きをともなうスラストに移行するのは、この一体感を存分にあじわった後でも遅くはないのだ。むしろ、最初の愛情たっぷりのセックスの余韻が、その後もずっと続くので、それ自体がいい心の前戯にもなっているのだ。



スポンサーサイト
[PR]


    posted at 00:00 | 全身愛撫術 | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: