FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

ピストン運動で引くストロークの大切さ

 膣奥まで入れて、小刻みな動きで子宮口を刺激する以外は、ピストン運動のストロークは大きいほどいい。膣口を刺激するにしろ、膣天井を刺激するにしろ、ストロークが大きい方がはるかに効果的だ。
 よく言われるように、女性の膣は、入れられる時よりも、引かれる時の方が気持いいものだ。これは、男でも自分のお尻の穴に指を入れて、出し入れしてみたら分る。指みたいに細いものでも、引き抜かれる時にゾクゾクとする快感が走る。

 おそらく、女の膣って、入れられる時よりも、抜かれる時の方が長さを計測するセンサーが働くようだ。その証拠に、ゆっくりと入れて、途中で止めていると、女としては、ペニスの何割が入ったのか、分かりにくい。実際、「まだ半分しかいれてないけど」と言って、女の手をとって露出している棹を握らせると 「ホントだ!」 と驚く事がよくある。 
 あるいは、射精が終ってペニスを抜いた時に、女に 「すごい長いというのが分った」 と言われたことがあるように、女はどうやら抜かれる時の方がペニスの長さをちゃんと測定できるようだ。

 しかし、大きく引くストロークのメリットは、これだけではない。単純明快なことだけど、ピストン運動というのは、入れて抜く動きだ。なので、膣が感じるペニスの移動した総距離は、入れた時と抜いた時の合計となる。つまり、2センチしか出し入れしないストロークだと、合計で4センチにしかならない。これでは女はストロークされているとは感じない。
 5センチしか出し入れしないストロークだと、合計で10センチしか動いていないことになる。まあ、これが普通の男のストロークの長さかな。

 しかし10センチ、出し入れすると、合計で20センチの動きになるのだ。さらに、僕の場合、18センチあるので、亀頭部分まで引き抜いてまた挿入というのをすると、18×2=36センチにもなるのだ。一回のピストン運動で、36センチも膣壁を擦られたら、それは強烈な快感だろうね。しかも硬くて太いときているので、粘膜が引っ張られる感覚は相当のものだろう。

 この原理を頭に入れておけば、10センチのストロークでも、往復で20センチの距離となるので、女にしてみれば、十分だろう。日本人の男のペニスの勃起時の平均の長さは13~14センチということらしいので、10センチのストロークは、意識すればそれほど難しいことではない。
 もっとも、女にとって刺激が増すことは、男にとっても刺激が増すことを意味している。つまり、それだけ射精しやすくなる、というリスクもある。しかし、射精を我慢できるようになれば、男が感じる快感も増すことになるので、大きなストロークは男にとってもお得な話だ。



スポンサーサイト
[PR]


    posted at 00:00 | スラストの技術 (上級編) | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: