FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

「膣天井直撃四つん這いバック」

 一口に「四つん這いバック」といっても、いろいろなバリエーションがある。その中でも女性に強烈な快感をもたらすのが、男が跪く姿勢から、立ち上がって中腰になり、高い位置から角度をつけてペニスを突き刺すというやつだ。こうすると、亀頭が女性の快感エリアである膣天井を直撃する。これをされると、女性側の反応もすごく、「あっそこはダメ!」とか「ダメ、頭がおかしくなる!」「ダメ、おしっこ出ちゃう!」といった言葉が返ってくる。

 膣天井は指で刺激されるだけでも、潮を噴くことがある場所だ。女性が、おしっこを漏らしそう、と感じるのも無理はない。そこを指ではなく、大きなペニスで刺激されるわけだから、堪らないだろうね。指であっても膣天井で何度もイカされると、女性も辛くなってきて、「もうやめて」となる。そこを男に組み伏せられながらペニスで突きまくられる訳だから、「頭がおかしくなる!」というのも、まんざら誇張ではないだろう。

 これって、AVなどでもよくやるし、僕自身もたまにやる。但し、定着した名称がないようだ。「男が中腰になる四つん這いバック」というのでは、説明的で名称には向いていない。姿勢ではなく、効果を表現して、「膣天井直撃四つん這いバック」と呼ぶのもいいかなと思っている。

 これって、どんな女性でも効果てき面なんだけど、難点はする側の男が中腰になるため、長時間つづけるのが難しいことだ。それと柔らかいベッドの上だと姿勢もふらつくし、不安定な姿勢だけじ、激しく突きまくるのも難しい。なので、この姿勢で女がイクまで、あるいは潮を噴くまでし続けるというのは、かなりの体力がいる。

 ところが、これをもう少し簡単にする方法がある。この体位が辛いのは、男が中腰で居続けることと、その姿勢でスラストしなければならない点にある。同じ効果を得ながら,楽にするにはどうしたらいいか。要は、同じような挿入角度を維持すればいい。そのためには、男女とも姿勢を下げればいい。

 具体的にどうするかというと、四つん這いになっている女性の体を低く下げた、「つぶれ四つん這いバック」の姿勢にするのだ。この名称は僕が考えたものだけどね。女の膝は、四つん這いバックの時のように90度にするのではなく、思い切り折り曲げ、しゃがみ込むようにする。その際、両脚は閉じるのではなく、できるだけ左右に広げるようにする。これがポイントだ。こうすることによって姿勢が下がるだけでなく、何よりも、膣天井側のお腹が引っ張られるので、摩擦も強まる。横から見たら、つぶれたような姿勢になる。

 女の上半身も下がるので、四つん這いバックの時のように両手を着くと肩が上がってしまう。なので、ソファーの前でして、女の上半身をソファーで支えるようにするといい。ベッドの上であれば、枕を折って支えにしてもいい。但し、快感エリアを的確に刺激するには、不安定なベッドよりも、下が床の方がいいかな。

 そして背後から男が跪いて挿入するが,女の姿勢が低いため、男も両脚を広げ気味にして下半身の位置を下げる必要がある。十分に下げれば、ニュートラル・スラストになるが、やや上げ気味にすれば、「膣天井直撃四つん這いバック」と同じ角度になると言う訳だ。男の両手は女の体の左右から床に着くことができるので、姿勢も安定するし、腰の高さも自在に調整できる。そして何よりも力強いスラストができる。

 深く挿入しただけでも、亀頭が快感エリアである膣天井を直撃するが、快感ポイントをピンポイントで小刻みに前後に突くのではなく、膣天井全体の面を滑らせるように、大きく力強いストロークでスラストすると効果的だ。なぜって、快感が持続するからだ。お試しあれ。



スポンサーサイト
[PR]

[PR]


    posted at 00:00 | セックスの体位 (バック) | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: