FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

側位づくしでの新発見

 普通、側位という体位は、正常位から四つん這いバックに移行する時の 「つなぎ」 の体位として使うことが多い。なので、側位で長時間突き、イカせるという発想は男にはあまりない。それはされる女も同じだろう。
 ところが、あるとき、側位で一度もイカせたことがないことに気が付き、側位で突きまくってみたら、あっさりとイってしまった。しかも、両脚を閉じての側位だったせいか、もどかしさもあったようで、両脚をガクガクと痙攣させながらイッテしまった。明らかに他の体位とは違うイキ方だった。

 そこで、その次のセックスの時に、「側位づくし」 を試して見ることにした。事前に側位のバリエーションを調べておき、全て頭に入れておいた。側位には、女の体の傾斜角度や、脚を伸ばすか膝を折るかなどのいろいろな構成要素があるが、最大のポイントは下側になった女の片脚を男の両脚の間に通す ( これを 「クロス側位」 と名付けることにする) か否か (こちらは 「パラレル側位」 と名付けることにする) にある、ということもしっかりと覚えて、両方、試す心づもりでいた。

 前回の時はライトSMプレーで、膝を紐で定してみたが、体位変換の時にスムーズにいかないのと、開脚した体位を楽しめないので、今回は脚は自由にし、代わりに手首を軽く縛ることにした。
 そして挿入も、今回は側位ですることにした。ただ、側位だと、正常位でのM字開脚にして挿入する時と違い、股間が閉じ気味なので、事前に膣口を濡らしておく必要がある。その女性はクンニが好きでなかったので、指を膣内に軽く入れて、中の愛液をさりげなく膣口に塗ってみた。
 本人はその意図とは裏腹に、膣内に入っていくる指の気持ち良さで、モジモジしている。期待からか、指を締め付けるかのように、間歇的に膣内が 「キュキュ」 と軽く痙攣している。細い指を真っ直ぐに入れただけなのに、これだけの反応があるとは思わなかった。これは期待できるぞ、と密かに思った。

 膣口が愛液で濡れていたのと、期待からペニスもカチカチだたったせいで、閉じ気味の膣口であっても、すんなりと挿入できた。この時は、膣口を露出させる意味もあって、女の上体を真横にし、両脚は閉じたままだけど両脚を前後にずらす体位にした。女の下側の脚は軽く膝を折って僕の両脚の間に通し、上側の脚は膝を大きく折る形だ (両膝折り閉脚クロス側位)。標準的な 「クロス側位」 は、女の下側の脚は真っ直ぐ伸ばしたものだけど、このように膝を折るのも 「クロス側位」 の一種といえる。この方が女の体も安定するし、自然な流れの中で挿入することができると思う。
 
 しばらくこのクロス体位で、ゆっくりとしたストロークで女性の感じ具合を観察してみた。早く動かせば、直ぐにでもイキそうだったが、敢てゆっくりとしたストロークがいい焦らしになっているようだった。今日は直ぐにイカせるのが目的ではなく、いろいろな側位を試し、何が一番、効果的かを探ることにあったからね。

 続いて、女性の下側の脚を真っ直ぐにさせて、標準的な 「クロス側位」 にしてみた。ちなみに、こうした微妙な体位に変えていくには、男の力だけでしようとせず、言葉で女性に伝えた方がいい。この場合だと、「下側の脚を真っ直ぐに伸ばしてみて」 というようにね。
 こうするだけで (上側の脚は膝を折ったままベッドに降ろしておく)、女性の膣に大きな変化が起る。ねじられるというか、引っ張られるというか、とにかく女性にとって感度が上がるのだ。

 続いて、側位の定番である、上側の片脚を上に上げるのを試して見た (松葉崩し)。これにもいろいろとやり方がある。一つは、脚をあまり高くはあげず、男の腰の辺りの高さで、真っ直ぐに伸ばさせる。上げた脚は男が腕で支える必要がある。形としては、両脚がじゃんけんの時の 「ちょき」 の形になる感じだ。これだと膣がやや開き気味になるのと、上の脚に邪魔されて、あま激しい動きはできない。

 もう一つは、上側の脚を直角に持ち上げるやつだ。但し、これは女性の体が柔らかくないとできない。次善の策は、女性の膝を折って、太股だけ直角に持ち上げるやつだ。膝を折るか伸ばすかは関係なく、この体位だと、股間が開くので、奥まで挿入したり、激しくストロークするにはいい。反面、膣が最大限に広がるので、膣への刺激という点では、やや落ちるかな。しかしアクロバット的な体位ではあるので、「やられている感」 は強くでるかな。

 続いて 「パラレル側位」 を試して見た。「下の脚の膝を折って」 と言えば、ペニスを抜かなくても、この姿勢に移れる。「パラレル側位」 だと、女の体を安定させる為にも、閉脚になるのが普通だ。女の体に対して直角に挿入するのが標準だろうが、挿入角度はいろいろとあり得る。それは、女の腰の曲げ方で調整できる。思い切り膝を折って太股を胸にもっていくの (45度) から、直角 (90度)、さらにはやや伸ばし気味 (120度) というように、角度を変えるだけで、膣への刺激が微妙に違う事が分った。この際、膝を折るか伸ばすかはあまり関係なく、あくまで太股を折る角度がポイントとなる。
 もう一つは、敢て男が体をずらし、斜め後ろ側から挿入すことで挿入角度を調整できる。その際、体を密着させるため、女の太股を折る角度は、浅めの120度ぐらいがいい。この角度でスラストすると、膣内の快感エリアである膣天井を直撃できる。実際、この角度で突くと、「気持ちいいところに当る」 とのことだった。

 「パラレル側位」 でも、男が上側の脚を腕で支えてあげれば、開脚も可能だ。これも股間が大きく開くので、奥まで入るし、激しいストロークをしたいならば、向いている体位だ。女性の方も、さんざん焦らされて、イキたがっていたので、ここで初めて早いストロークをお見舞いし、イカせてあげた。もっとも、股間が開いているだけ、膣への刺激は弱くなるようだ。

 「パラレル側位」 から、一度、正常位に戻し、屈伸や伸身をやったあと、V字開脚をし、寝たままロディオを入れた。そこから四つん這いバックにし、女性の片脚を持ち上げてみたり、僕が片脚を起こしてみたりしてみた。これは膣の側面を擦る意図だ。確かに、気持ちいいという。そして両脚を起こして、上から膣天井を直撃するストロークもやってみた。これも予想通りの反応ではあった。

 しかし、今日は側位づくしのはずだったと思いだし、再び 「クロス側位」 に戻った。そしてまだやってない姿勢があるかなと考えながら、あれこれ試してみた。そして女性の下側の脚を真っ直ぐ伸ばさせ、上側の脚の膝を折って思い切り外側に開く、片脚屈伸をやったときだった。女性の上体は真横向きというよりは、平らとの中間の45度ぐらいになっていた。「ああ、これすごい気持ちいい」 との反応。言われなくても、その感じようの違いは明らかだった。このままイカせたあと、今度は反対側に向けて同じ姿勢でやってみた。またすごい反応で、ここでもイカせた。その時はなぜこの姿勢だと感度がまるで違うのか、わからなかってけど、後で女性のコメントから理解できた。

 この姿勢で射精してもよかったが、最後は思い切り奥まで突きたかったので、女性の体を真横にして、下側の脚は真っ直ぐに僕の両脚の間に伸ばし、上側の膝を折って女の胸の方にもっていき、激しく突きまくった (松葉崩しの変形)。これはこれで気持ちいいようで、あっという間に腰というかお尻をガクガクと振るわせながらイッてしまった。まだ射精まで余裕があったので、「イッテも止めないよ!」 と言いながら、さらに突きまくった。ここから僕が射精するまでの1~2分間は、イキっぱなし状態となった。

 部屋のエアコンは入れていたけど、激しい動きで久しぶりに僕も汗びっしょりとなった。ぐったりとなった彼女の体力が回復したところで、いろいろと聞いてみた。「最近したエッチでは最高に気持ち良かった」 とのこと。腕を縛られていたため、快感が体外に放出されず、循環していったのもあると思うが、なによりも、気持ちいいところにグイグイと当るとのこと。自分でも側位がこんなに気持ちいいとは知らなかったとのこと。
 そして、どうして 「クロス側位」 で、上側の脚の膝を折って外側に向けると気持ちいいのかとの問いに、しばらく考えてから、この姿勢だと、股間がねじられるというか、無理に開かれ、その結果、膣の粘膜の上側 (ここの膣天井など快感エリアが集中している) が引っ張られ、そこに亀頭が当るので、摩擦が強くなるからだと思う、とのこと。
 これには目から鱗が落ちる思いだった。お腹に力を入れるのも、一つの方法だけど、膣の上側が引っ張られるような姿勢にすれば、それだけで感度がまるで違って来るというわけだ。

 その後、指を使って、いろいろな姿勢の復習をやってみた。確かに細い指なのに、姿勢によって指にかかる圧力がまるで違う。基本的に閉脚よりは、開脚の方が膣の上側は引っ張られるといっていい。正常位でも、閉脚の屈伸よりは、思い切り左右にM字に開く姿勢の方が感じるとのこと。V字開脚も同じ理屈で感じるという。
 四つん這いバックの時も、女の片脚を持ち上げると、同じように股間が開き、膣の上側は引っ張られるので、気持ちいいという。これは立ちバックにも言える。片脚を上げる変形の姿勢は、単にアクロバット的ということ以上に、実際の快感が上がるということが分った。

 特に、今日、試してみた側位でも、とりわけ 「クロス体位」 で下側の脚を真っ直ぐ伸ばし、上側の脚の膝を折って外側に広げる姿勢は、最も股間が広げられ、膣の上側が引っ張られるということが分った。あれこれ試していて、偶然に見つけた体位だけど、これって側位のベスト体位だと思う。言葉で説明するなら 「変形松葉崩し」 あるいは、「クロス挿入の片脚屈伸横開き側位」 となるが、長いので、仮に 「究極のクロス側位」 とでも名付けておこうかな。



スポンサーサイト
[PR]


    posted at 00:00 | セックスの体位(側位) | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: