FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

入口の超高速ピストンでの裏技

 今まで、入口の超高速ピストンは、正常位であれ、四つん這いバックであれ、ニュートラル・スラストになるようにしてやってきた。その理由は、第一に、ニュートラル・スラストの方が超高速で動きやすいこと、第二に、超高速ピストンはする方の男にも強烈な刺激となるので、射精を避ける意味でも、あまり強い刺激がない方がいいからだ。それに、大きなペニスの場合、特別な姿勢を取らなくても、ニュートラル・スラストで十分に、膣口を刺激することができるからだ。

 ところで、「閉脚と開脚の違いによる女の快感の変化(1~2)」【スラストの技術】で書いたように、実は女性にとって、閉脚でスラストされるよりも、開脚でスラストされる方が刺激が強い、ということに気が付いた。
 この理屈でいうと、入口の超高速ピストンも、両脚を開くなり、ひねりを加えた方がより効果的では、ということになる。
 
 姿勢としては、正常位なら、女性の両脚を閉じ気味の屈曲位よりは、大きくM字に開くとか、V字に開いた状態でする。四つん這いバックなら、つぶれ四つん這いか、片脚を上げた状態でする。
 しかし、最も効果的なのは、ひねりも加えることのできる側位ではないかなと思う。中でも、女の下側の脚を男の両脚の下に伸ばすクロス側位がいい。一つは、女の体を真横にして、片脚(膝は折ってもいい)を高く上げるやつだ。膣口は一見、開き吟味にみえるけど、片脚を上げることによって、膣口は上下方向に引っ張られるが、中の膣壁は逆にぴたりと閉じることになる(ちなみに側位のいい点はこれかな)。この姿勢で入口を擦られると、普段とは違う感触になるはずだ。
 特に、僕が「究極の側位」と呼ぶやつだと、これにさらにねじれが加わる。「クロス体位」で下側の脚を真っ直ぐ伸ばし、上側の脚の膝を折って外側に広げる。これだと、閉じられた中の膣壁がさらにねじれるので、より摩擦は強くなるはずだ。

 さて、実際に試してみた結果を報告しよう。まずは、クロス側位でやってみた。一つは、女の体を真横にして、片脚(膝は折ってもいい)を高く上げるやつだ(松葉崩しの一つ)。側位って、そもそもあまり深く入らないものだけど、上に上げている女の片脚がじゃまになって、さらに奥まで入らない。逆に言うと、入口だけを刺激するには、ちょうどいい体位ということになる。結合部も股間が開いているだけに、バック以上によく見えるしね。女性の反応もすごかった。ならば、これでイカせようと高速ピストンを繰り返すも、なかなかイカない。普段ならもうイっているはずなのに。
「イキそうにない?」と聞くと
「気持ちいいけど、もうちょっと奧まで欲しくなる………」
「だって、入口だけ擦っているんだもの」
「なんか焦らされているみたい………」
ううん、焦らしにはなっているけど、これではイキそうにない。続いて、下側の脚を真っ直ぐ伸ばし、上側の脚の膝を折って外側に広げる「究極のクロス体位」で試してみた。これも効果はあるが、イキそうにない。

 次に、四つん這いバックにし、女性の両脚を大きく広げた「つぶれ四つん這いバック」で入口の高速ピストンをやってみた。確かに、こちらの方が、普通の四つん這いバックでやられるよりも摩擦が強いという。気のせいか、男の方も、スラストの際の刺激が強いような気がする。かといって思わず射精してしまうほどでもない。しかし、いつもは直ぐにイクのに、なかなかイカない。

「どうして、今まで、四つん這いバックの入口の高速ピストンでは、奥まで欲しくならなかったの?」
「もしかしたら、奧というか、膣天井までは届いていたのかもしれない」
「えっ、ということは、今まで、入口でイっていたのではなくて、膣天井でイッテいたの?」
「だって、長いから、入口だけもつもりでも、深く入っていたのかも」

 これは意外な結果だった。つぶれ四つん這いバックでも、なかなかイカなかったのは、側位での挿入の深さをペニスが覚えていたので、しっかりと入口だけを刺激していたからかも知れない。そうだとすると、今まで書いてきたことを修正しなければならなくなるかな。
 それはさておき、実験の結果そのものは、予測した通りであった。つまり、股間を開いたり、ひねりを入れたりして、膣天井を緊張させた方が、入口も閉まり気味となり、その結果、女性にとっては、入口の高速ピストンもより気持ちよくなる、ということだ。しかし、入口だけではイキにくいというのなら、少し奥まで突いてあげれば、入口と膣天井を同時に刺激し、簡単にイカせてあげることができる。
 なので、さんざん焦らしたいのなら、本当に入口のみを、イカせたいのなら、少し深めに入れて膣口まで刺激してあげることかな。いずれにせよ、膣天井を緊張させることは、膣口をも緊張させる、ということは確かだと思う。



スポンサーサイト
[PR]


    posted at 00:00 | スラストの技術 (中級編) | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: