FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

ED治療薬体験記

 今まで、ED(勃起不全)の自覚があった訳でもないし、ED治療薬を試してみたいという気も全くなかった。ところが、この前、前立腺肥大の薬として、サルティアというのを処方された。医師の説明は、ちょっと高価だけど、血流をよくする薬です、とのことだった。
 ところが、薬局で買い求める際に、薬剤師にいろいろと説明された。注意書きにもいろいろと書いてある。他人に譲渡してはならないとか、副作用の説明として、「勃起状態が4時間以上、収まらなかったら、処方した医師に相談すること」などと書いてある。どんな薬なのかと、ネットで調べてみると、なんとED治療薬と同じ成分とのこと。但し、前立腺肥大の薬として処方される場合、名前が変わり、値段も多少は安くなっているらしい。

 いや、飲んで4時間も勃起状態が続いてしまったら、仕事にならないなと思い、飲むのは夜にした。おそるおそる飲んでみると、造影剤を注射された時のように、首筋が熱くなり、少し脈拍があがる感じだ。どちらかというと、不快で、あまり飲みたい薬ではない。 それはともかく、飲んだら、勃起するのかなと思いきや、まったくペニスは反応を示さなかった。効き目には個人差があるようだ。何だ、と拍子抜けでもあった。

 それから数日後、セックスする機会があった。その時、確かに勃起のモードが少し違うことに気が付いた。キスやフェラなど、性的な興奮が少しでも加わると、あっという間に勃起するのだ。しかも、いきなりマックスの硬さになる。しかもその勃起状態が持続するのだ。
 例えば、20分以上もクンニを続けていると、始めは勃起していても、まったく物理的な刺激もないので、途中で萎えていまい、半立ち状態になることがあったが、この薬を飲むと、なんと20分でも、ずっとマックスの勃起状態を維持しているのだ。何度もクンニでイカせたあと、即座に挿入できるというのは有りがたい。

 スキンを着ける際にも、いつものXLのサイズだと、僕のペニスにはほんの少し大きすぎて、少し余裕があるのだけど、薬を飲んでいると、スキンも目一杯広がり、亀頭部分に形のままフィットしていい感じなのだ。
 挿入してからも、物理的な刺激があるので、勃起状態は絶好調という感じだ。とにかく硬いので、激しいスラストも長時間続けられる。余裕が生まれるせいか、射精感も直ぐにはこみ上げてこない。永遠の突き続けられそうな錯覚に陥るぐらいだ。

 途中に何度も体位変換をしても、硬さを維持しているのがいい。特に座位とかだと、女性の動きがないと、勃起も弱まることがあったけど、薬を飲んでいると、たとえ動きがなくても、ビンビンなのだ。よって、そこから駅弁に移っても、カチカチのままなので、アクロバット体位にももってこいだ。あまりの持続力に、女性の体力がついてこれず、やむを得ず射精する、という感じだ。

 フル勃起のせいか射精の間もいつもよりも気持ちいい気がする。そして何よりも驚いたのは、射精しても直ぐに勃起が収まらないことだ。スキンをつけた場合だと、射精後、しばらくして膣から抜いてスキンを取る当たりには、半立ち状態になっているものだが、全く小さくならないのだ。もちろん、一度射精しているので、くすぐったさがあるけど、これだど、生で入れていたら、簡単に抜かず二発ができそうな気がする。女性の方も、射精したのになかなか小さくならないペニスに驚いている。

 ということで、この薬、飲んだからと言って直ぐに訳もなく勃起するわけではなく、性的な刺激を受けて初めて勃起するものだけど、一旦、勃起するとそれが長く持続する、というもののようだ。複数プレーとかで、長時間に渡って何回もセックスするような場合には、確かに有りがたい薬かもしれないね。但し、はやり体への負担はあるかな。それに、勃起状態が続きやすいだけで、射精してしまえば、性欲が落ちるのは変わらない。なので、ペニスだけがただ勃起し続けるだけのことだ。

 もう一つ、薬の効果としては、たとえセックスしなくても、夜だち、朝立ちが必ずあることかな。年を取ると、若い時のように朝立ちというのはなくなるのだけど、朝、ペニスの硬さを感じながら目覚めるというのも悪くない。自分の中の雄を自覚しながら、一日が始まるというのは、若さを取り戻したような気分になる。電車に乗っていても、ついついエロい女性に目が行ってしまうのが、困りものかな(笑)。



スポンサーサイト
[PR]


    posted at 00:00 | 勃起のメカニズム | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: