FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

羞恥Mの極致

 数いるM男の中でも、僕がハードプレーでも大丈夫というのが分ると、プライベートなSMショーによく、声がかかった。一番興奮するのは、観客の女性参加型のショーだ。

 フンドシ一枚の姿に、首輪をかけられ、女らが待っている舞台へ引っ張られる。この時点で、もう興奮して、勃起しているし、射精しそうになる。女らのぎらついた目つきに、ちょっと怖くなるけど、何が起こるかわからないというのが、ドキドキさせる。

 定番となっている最初の遊びは、パンティー舐めだ。客のなかの何人かが、舞台に上がり、パンティーを脱いで、僕の口に近づけるのだ。みなもうビショビショに濡れている。そして汚れを舐め取らされるのだが、この時点で股間はもう痛いぐらいに波打っている。僕としては、股間を直接舐め回したいけど、あくまでショーなので、それはできない。このもどかしさが僕には堪らなかった。

 そこでフンドシがほどかれると、大きなペニスにどよめきが起こる。ここからは、いろいろなパターンがあった。テコキで出される時もあるし、オナニーさせられる時もある。テコキの最中に、舐めたくなって、パクッとくわえてくる女もいる。しかし、すぐに司会者にたしなめらる。

 いくつかの遊びの中で、一番盛り上がるのが、まらビンタだ。司会者が 「ストレス解消したい人!」 というと、何をするか分かっている女らが一斉に手を挙げ、舞台にあがってくる。そして一人一人、勃起したペニスにビンタしていくのだ。はじめは遠慮して軽くたたいていくけど、だんだんとエスカレートして、本気で叩いてくる。最初にこれをやったときは、あまりの興奮に、叩かれながら、射精してしまい、女の顔を飛び越えて、客席まで精液をまきちらしたほどだった。

 基本的には射精ショーだけど、早出し競争あり、焦らしあり、連続射精あり、飛距離測定と、いろいろある。
 ペニスの亀頭の下に小型バイブをガムテープで、固定し、客席から選ばれた女性がスイッチをいれる、というのもある。
 一回出した後に、そのまま敏感になった亀頭を擦られるのも、身をよじるほどだが、これもたまらない。時には、そのまま勃起して、二回目の射精にいたることもある。

 変わったのでは、「サイレント射精」 というのもある。これはアナルに小型バイブをいれられ、正面からは何も刺激を与えていないように見えるのに、、数分して突然、手も触れずに射精する、というサプラズ・ショーだ。はじめてこれを見た女性はみな、「どうして? どうして射精するの?」 という驚きの顔をしている。
 時には、もう一人の男がでてきて、マラ・チャンバラごっこをすることもある。先に射精した方が負けだが、これも結構、うける。

 射精を繰り返して、立ちが悪くなったときの特効薬が、「栄養ドリンク補給」 だ。客席の女性がおしっこをコップにして、僕に飲ませるというものだ。さすがに、これをやられると、ムクムクと勃起してくるから不思議だ。

 常連の女性の中には、その効果を知っていて、「液体バイアグラ」 と呼ぶ人もいるぐらいだ。もっとも、勃起しても精液は殆どでなくなってきて、最後に水っぽい液体がチョロっと出るのがせいぜいだ。それでも容赦なく 「液体バイアグラ」 を飲まされ続ける。まあ、参加者としては、ただ自分のおしっこを飲ませたいだけなんだろうけどね。そしてついに立たなくなり、役立たずとなったところで、やっとお役ご免となるのだった。



スポンサーサイト
[PR]


    posted at 00:00 | フェチ願望集 | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: