FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

セックス犬(2)

 セックス犬のご奉仕には、第三者を巻き込んでのプレーもある。そう、セックス犬の貸し出しだ。つまり、飼い主に命令されて、目の前で、第三者にセックスの奉仕すること。飼い主が友達かなんかを家に呼んで、僕が奉仕させられるのだ。友達は恥ずかしくて自分からHな命令はできないので、最初は全て飼い主が命令する。

 友達がやってくる前に、全裸になり、首輪をつけられ、アイマスクをして、玄関で友達の到着を待つ。
 友達がやってくると、先ずはご挨拶の、足の指舐め奉仕がある。靴を脱いだところで、跪いた僕が、片脚ずつ、足の指を舐めてさし上げるのだ。汗くさい匂いに、早くもペニスは完全勃起状態に。

 そしてリビングに移動し、さっそくプレーがはじまる。直立不動で立ち、友達がまず犬の持ち物のチェックを好きなようにする。ペニスをニギニギしてきたり、硬さを確かめたり。
「ホントに、大きいし、硬いね...」
「それに、私の命令意外は、絶対に射精しないようにしているのよ...」
「こんなオチンチンで責められたらたまらないかも...」
「じゃ、さっそく始める?」
「うん...」
最初の奉仕は、全裸になった友達の全身を舐めてさしあげるというもの。飼い主が友達の全身にヨーグルトを垂らしていき、僕がそれを全て舐めあげていく。足の指からの、全身舐め奉仕だ。それがすんだら、いよいよ
「彼女のあそこ、舐めてあげなさい」
「はい」
もう、あっという間に、友達は何度も絶頂に。
「お尻の穴も」
「はい」
「そろそろ入れてあげて、気持ちよくさせてあげな」
「はい」
というわけで、僕は飼い主が見ている前で、
「では失礼します」
とかいいながら、いかにも命令されてやっているという風に、無表情に友達の膣に挿入し、おもむろに腰を振りはじめる。奉仕だから、求められれば抱きつきもするし、キスもするけど、基本的にはただひたすら女性を気持ちよくするために、腰を振る。当然、僕が射精するなんて、もってのほかだ。だから気持ち良さそうな表情をしてはいけないのだ。ひたすら奉仕するわけだから。

 もしそんな表情を少しでも見せたら、途中で、首輪を引っ張られ、むりやり結合部分をひきさかれてしまう。すると愛液でベットリ濡れたペニスが露出し、ヒクヒクしている。友達の彼女は途中で抜かれて不満顔なので
「舐めてあげな」と命令される。
パックリと口をあけたおまんこをさんざん舐めさせられたあと
「また入れてあげて」
と命令されてやっと、再挿入できる。でも僕は嬉しそうな顔をしてはけない。あまで無表情に挿入するのだ。こうやって飼い主が僕と友達の二人の快感をコントロールしているのだ。

 こんな調子で飼い主の思うままにセックスさせられ、最後、彼女がいくのを見届けると、また首輪を引っ張られ、引き離される。僕はもう射精したくてたまらなくなり、我慢汁をペニスから滴らせているけど、飼い主は無視する。その間、僕は全裸で勃起ペニスをつきだしたまま、つながれた状態でお座りをしている。

 しばらくして友達が回復してきたら、今度は、オシッコのみの奉仕と、その後のマンコの舐め掃除が待っている....そしてその日、二回目のセックス奉仕が始まる....セックス奉仕は友達が「もういい」、というまで何時間でも続ける。
 時には途中で食事を挟んだり、お風呂にはいってから再開、というときもある。お風呂では当然、僕が全身を洗って差し上げる。友達も、
「こんなの味わったことない...なんていい男見つけてきたの? オチンチンも大きくて硬くて、腰の振り方も凄いし、なによりも長持ちするし、最高よ!」と大満足。この時とばかり、「もっと...もっと...」と何度もせがんでくる。そのつど僕は応じなければならない。友達が最後、失神しておもらしするまで奉仕したら、そこで終了となる。

 こうして友達が十分満足したら、最後にご褒美として、飼い主と、セックスさせてもらえるのだ。もちろん、このセックスも、友達が見みている前でする。
 この時ばかりは、僕も快感を感じることを許される。いままでのご褒美にと、たっぷりと甘えさせてもらい、気持ちよくさせてもらいう。そして思う存分、生のマンコの快感を味わった後、最後に、溜めに溜めてきた精液をたっぷりと飼い主の中に出させてもらえるのだ....横で二人のセックスを、トロンとした目で見入っている友達の目の前で...

 友達も、腰の動きから、僕が射精したことを知る。で、それを確認したいのか、じっと抜かれのを待っている。柔らかくなったペニスを抜くと、トロリと大量の精液がこぼれだし、愛液と精液でベトベトになった飼い主のおまんこが、パックリと口をあけて、ヒクヒクしている。
「いいな....たっぷりと中に出してもらって...」
そう、飼い主が最大の優越感を味わえるのは、セックス犬を惜しみなく人に貸し出しても、最後の射精だけは、飼い主の中にさせることなのだ。それを貸し出した女の目の前でみせつけるのがたまらいみたいだ。
 でもまだ奉仕は終わっていない。そう、飼い主の汚れた股間をきれいに舐めて差し上げる仕事が残っているのだ....友達がうらやましそうに見ている目の前で...、



スポンサーサイト
[PR]


    posted at 00:00 | フェチ願望集 | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: