FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

生脱ぎパンティー(5)生パンティーを持ってオナクラ初体験

 まだ、ルーズが流行っていた頃の昔の話。日曜の午後の繁華街、さすがに暇そうな女子学生ばかりだ。コンビニを出てきたアイスを食べている4人組に声をかけてみる。
「ねえ、ブルセラとか興味ない?」
「あるよ」
「じゃ、パンティー、くれない?」
「ほんと?」
思いの外すんなりいったので嬉しくなる。4人のうちタイプは2人。
「ひとりエッチ、みたことある?」
「ない」
「じゃ、今度、時間のある時にみせてあげるよ」

 そのまま、タイプの二人と僕とで、近くのハンバーガーショップに行き、コーヒーを飲みながら雑談する。頃合いを見計らって、空の紙袋を渡すと、2人がトイレに立った。すると横の席に坐っていた知らない女子学生2人連れが
「2人同時にトイレに行くのって、あやしいよね」
「私もやってもいいけどさ、直接会って渡すのはね...」
などと話している。やばい、感づかれたか。もっとも、彼女たちに声をかければあと二枚ゲットできそうだったけど、けだるそうな女だったのでやめる。
 二人がトイレから戻ったところで、紙袋を受けとった。
「どっちがどっち?」
「赤い方が私」

 期待に胸を膨らませ、今度は僕がトイレへ。紙袋の中に赤いのがあった。しかし汚れはほとんどなく、ちょっと残念。もう一人の方は少し黄ばんでいるぐらいで、2人とも強烈なおりものがついているわけではない。でも、生脱ぎだけあって、履き古しているし、洗剤のほのかな甘い香りがする。まあ、こういうこともあるか、と納得。

 これでは抜けないと、その足で、オナクラへ体験として行ってみる。出てきた子は18歳で、高校出たてとのこと。部屋に入りいきなり全裸になると、驚いている。これだけでは立たないが、半立ちのペニスに「おおきい」と驚いている。手に入れたばかりのパンティーを取り出し、彼女の目の前で匂いを嗅ぐ。さすがに立ってくる。そうこうしているうちに、早くも精液が出そうに。

 寸止めをしたつもりが、数秒間、精液の一部がタラタラと垂れ、お腹の上に溜っていった。
「指ですくって飲ませて」
本射精がまだだったので、数回、飲ませてもらう。これなら飲める。
「今の寸止め」
「え、まだ出し切ってないの?」
「まだだよ、みてて」
と擦り、本射精へ。濃いのがトロトロとあふれ出る感じ。
「凄い!」
「だから凄い量だっていったろう」

 それなりに気持ちはよかったが、かつて二回、本物の女子学生の前で射精を見てもらった時の、あの呼吸が苦しくなり、頭が真っ白になるような射精感はなかった。やっぱり、情況が興奮と快感を増幅させるんだな、とおもった。


 あの何かいけないことをしているような背徳感...誰かに見られたらというドキドキ感...あったばかりの子に恥ずかしい射精を見せつけてしまうというワクワク感、初めて目の前で射精をみるという女の子のスケベな期待感....そして実際に勃起したペニスを目の前に出され、驚いて固まっている姿...

 そんな彼女の反応を楽しみながら、自分だけが知っている射精へむけた快感の高まり....擦る手が早くなり、「いきそう....」の言葉に2人の視線がペニスの先端に集中する...そして想像以上の激しい噴射に「あっ」と声をあげ、後ずさりする彼女....それを見ながら、思いっきり路上に白い精液の塊を飛ばす開放感...その瞬間だけは背徳感も不安感も恥ずかしさも吹っ飛び、頭が真っ白になり、膝がガクガクするような快感に襲われる....

 しばらくして我に返ると、ぼーと立ちつくしている女がいて...床に散らばった精液が匂いたち....右手に握られた精液だらけのペニスが軟らかくなりかけている...そして何か凄いことをしてしまったなという恥ずかしさと満足感とがじわじわとこみ上げてくる...パンツを履くころには互いに最もも恥ずかしいものを見せてしまった、見てしまったことから生じる、ある種の親近感が2人の間に流れる...露出が設定されたオナクラなんかよりも、こんなガチンコの勝負の方が僕は好きだな。



スポンサーサイト
[PR]

[PR]


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: