FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

女のよがり声と楽器の音色

 女を気持ちよくさせると、甘い吐息出る。さらに絶頂に近づくと、切ないよがり声となる。まるで泣いているかのように聞こえる時もあれば、苦しそうに悶えている時もある。そしてオーガズムに浸っている数秒間は、無言となる。その直後に訪れる荒い呼吸。どれも男にとっては、相手の女性の情況を知る上で、重要な情報源であるけど、なによりも男を興奮させるものだ。

 ところで、楽器の扱いがうまい男は、女の扱いもうまいとされている。確かに、繊細な指の動きができるピアニストやギタリストは、女の体の愛撫の仕方も繊細そうな気がする。実際、ミュージシャンにとっては、女の体は楽器そのもので、どのような音色を出すかは、ミュージシャンの腕次第となる。どんなにいい名器でも、下手な扱いをしたら、いい音色は出ない。反対に、使い込まれていない楽器でも、うまいミュージシャンの手に掛かれば、驚くような美しい音色を奏でる。

 この楽器とミュージシャンの関係を端的に表わしたものが、女のよがり声だと思う。映像を敢えて見ず、愛撫やセックスをしている音声だけを聞いてみるといい。作り物のAVは、映像を消すと、大げさな音声が耳に付く。しかし、リアルで感じまくっている女だと、音声だけでも十分に興奮するものだ。それって、いい演奏は目をつむって聴いても人に感動を呼び起こすのと同じだ。

 このように女のよがり声に耳を澄ませて聴いていると、まさにこれって楽器の音色そのものだな、と思うことがある。つまり、男の愛撫やスラストのリズム、ピッチ、スピードなどによって、さまざまな楽器の音色が顔を覗かせる。
 分りやすいのは、激しい突きによる、打楽器の音色だ。特に四つん這いバックで、「パンパン」と音がするほど激しく突きまくると、女のよがり声も「あっあっあっ」と短くなり、ピッチも男の突きと同調する。早く突けば、早くなり、ゆっくり突けば、遅くなる。

 乳首やクリへの指先での刺激は、まるでギターの弦を指で奏でた時の音色かな。微振動に合せて甘い吐息が即座に共鳴を始める。
 僕が一番、エロいと思う楽器の音色は、弦楽器の中でも特にバイオリンかな。弦楽器の弓の引いたり押したりする動きって、まさにペニスのスラストと同じだからだ。ペニスを押し込む時にでるよがり声とペニスを引き抜く時に出るよがり声って、全く同じではない。だから、スラストのピッチを早めると、裏と表が微妙に融合し、第三の音色を生み出す。

 反対に、押す時、引く時の音色を、それぞれしっかりと出したかったら、大きなストロークで、ゆっくりと出し入れすることだ。もっとも、このシンプルでゆっくりとした動きだけでいい音色を引き出そうとしたら、大きく硬いペニスである必要があるかもね。そして徐々にスラストのスピードを上げていくと、音色も高音になる。さらに、ここからスラストのピッチもあげていくと、さらに高音となり、押しと引きの区別すらつかなくなってくる。

 ギターや打楽器の音色もいいけど、やはりセックスの醍醐味はペニスの大きなスラストにあるので、僕的には、このバイオリン的な音色が好きかな。中でも、「ああ、まるでバイオリンの弓を引いているみたいだな」と実感するのは、一度、ペニスで中イキを味あわせた後も、そのまま大きなストロークで出し入れをする時かな。
 「もうイッちゃた!止めて!」と伝えたい女を無視するかのように、強引に弓を引き続けると、女も頭が真っ白になった状態なのか、100%、素になった状態で動物のメスのような叫び声をあげる。これって、必ずしも美しい音色ではないけど、その楽器の持つ裏の世界というか、限界の音を引き出しているみたいで、男としても、ゾクゾクとする。

 ここまで激しい演奏をすると、さすがに弦ばかりでなく、弓の方にも負担が大きくなる。演奏中に弦が切れるなんてことがよくあるけど、それでも演奏を続けるのって、凄い迫力を感じるね。何本かの弦が切れることには、弓にも限界が訪れる。男でいえば、ついに射精の瞬間が訪れる。弓が切れる最後の瞬間まで、その楽器がもつ音の限界を押広げるかのような、激しい腰の動きと大きなストローク。これって、演奏される楽器にとっても、楽器冥利につきるのではないかな。



スポンサーサイト
[PR]


    posted at 00:00 | 女のよがり声 | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: