FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

射精前に骨盤底筋を引き締めると

 男がドライオーガズムを得る為には、骨盤底筋を引き締める筋トレが必要とされている。これって、別に、ドライオーガズムを追求しなくても、男としては鍛えておいて損はない。それは、射精しそうになった時に、骨盤底筋を引き締めることによって、射精を我慢することができるからだ。プロのAV男優はこのテクを使っているらしい。
 
 また、たとえ、我慢しきれずに、思わず精液を漏らししてしまっても、骨盤底筋を引き締めるると、本噴射を食い止めることができる。さらには、精液を小分けにして一回のセックスで、何度も射精を繰り返すこともできる。
 僕は、別段、ドライオーガズムを得たいとも思わないし、セックスでの射精は一回で豪快に全部出し切るのが好きなので、あまりこのテクを使うことはないかな。

 だけど、一度、フェラをしてもらっていて、思わず射精しそうになり、このテクのことを思い出し、一度、使ってみたことがある。イキそうなると、ギューっと骨盤底筋を引き締めて、射精感に耐えるのだ。確かに、これを使うと、なんとか射精を防ぎ止めることはできる。フェラしている女からみたら、「そろそろイキそうなはずなのに、なかなかイカないな」と思ったことだろう。

 但し、このテクを使っても、射精そのものを止めることはできない。噴射しそうな精液をなんとか寸前で押しとどめるだけだ。イキそうになる度に骨盤底筋を引き締める。しかし亀頭への刺激は容赦なく続く。さすがに迫り来る射精感にはあがなえない。それに何度も骨盤底筋を引き締めていると、筋肉も疲労してくるので、時間が経つに従って押さえが効かなくなってくる。それでもギリギリまで骨盤底筋を引き締めつけてみた。

 その締め付けている筋肉のところまで、もう精液が登って来ている。そのせめぎ合いの中で、僕はいつまでこれを続けるべきなのか、迷った。下手に小出しにして気持ちいい射精ができないのも嫌だからだ。骨盤底筋の疲労感なのか、登ってきた精液の外に飛び出ようとする圧力なのか、ペニスの根元がキーンとなってきて、いよいよ限界が迫ってきた。

 次の瞬間、僕は「スー」っと力を入れていた骨盤底筋を緩めた。すると、堰を切ったように、大量の熱い精液が尿道を通過し、彼女の口の中に流れ込んでいった。射精の瞬間を待ち望んでいたのは彼女の方だったのかな。僕が射精をこらえているのは気が付いていたと思う。それだけにやっと射精させたこと、しかも大量の精液を出させたことに、安堵と興奮が入り交じっているような声を上げる。それでも、残りの精液を口で受止めるべく、口の中を僕の精液でいっぱいにしながら、亀頭部分にじっと吸いついている彼女。

 いや、これはこれで興奮する射精だった。気持ちもよかった。だけど、本音を言うと、このテクを使ったからといって、射精を押しとどめることが出来る訳ではないし、せいぜい、1~2分、引き延ばすだけだ。しかも、こうやって射精すると、何倍も気持ちいいかというと、そういう訳でもない。

 では、何が違うかというと、射精の瞬間までの1~2分間の「切羽詰まった」感覚が異常に高まることかな。男が射精を我慢するのは、長い時間楽しみたいのを別にすれば、精液を出してはイケない情況の時だろう。僕の場合は、前者の理由でやったのだけど、結果として妊娠の可能性のある膣内に射精してしまったかのような、「やばいかも」という感覚で一杯になった。これはこれで興奮する情況ではある。

 では、毎回、このテクをしたいかというと、そうでもないかな。というのも、耐えて耐えて射精するよりも、絶頂トラックに乗ったら、そのまま一気に射精までしてしまうのも、実はもの凄く気持ちいいのだ。その最もピュアな感覚が、まさに夢精の時の射精感だ。ストレートに何にも邪魔されることなく、射精まで持って行かれるあの爽快感。男の快感のレベルは、射精までの時間ではないのだ。
 もっとも、同じ事は、女性のオーガズムにもいえるのかな。焦らしに焦らされるのもいいけど、時には一気に登り詰め、そのままイってしまう、というオーガズムも、忘れられないほどの快感になるのだ。



スポンサーサイト
[PR]


    posted at 00:00 | 射精のメカニズム | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: