FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

大きさの自覚

 自分のペニスが人より大きいと自覚したのは、小学校高学年のころかな。それ以前から、トイレなどで他の男のチンチンはいやというほど見てきたけど、勃起した状態で見ることはまずないから、なかなか気がつかないものだ(これは大人になっても同じで、複数プレーにでも参加しない限り、他の男の勃起したペニスって、見る機会がない。だから無修正のAVや、ネットの画像で勃起したペニスがあると、食い入るように見たものだ。逆のことは女にも言えるけどね)。

 小学生の時、キャンプに行った夜、テントの中でふざけていて、チンチンのさわり合いとかで遊んでいた時のこと。男同士でもパンツを脱がしたりして遊んでいると勃起はする。一人が僕のパンツの中に手を入れてきて、僕の勃起したチンチンを握りしめた時 「オマエの、デカイ!」 と言ってきた。

 僕がそいつのパンツの中に手を入れて勃起したチンチンを握ると、僕の人差し指みたいに細かった。十分に硬かったからちゃんと勃起しているのは分かった。正直、軽いショックを受けた。あまりに僕との差があったからだ。
 他人より早く陰毛がはえる子供がいるのと同じように、その時の僕は、素直に喜ぶと言うよりは、自分はもしかして 「異常な発育をしている、変わった子供」 なのかなとも思った。大きさの差は発育の差だけだとまだ思っていたのかな。

 小学校高学年で精通をし、中学生になってからはオナニーをしまくるようになった。それまで、古びたエロ本を拾って見たりしたことはあったけど、高校生になって、堂々と 『プレーボーイ』 などを買うようになった。
 ある記事に、「日本人の平均チン長」 というのがあって、食い入るように読んだ。日本人の勃起時の平均チン長が13.5センチとあったからだ。さっそく自分もパンツを脱いで勃起させ、計ってみると、18センチあった。で、18センチ台は日本人としては非常に珍しいということが分かった。

 もう一つ計測したのが、チンチンの外周だ。これも僕のは太いということが分かった。その記事には、太さを測るバロメーターに、当時売っていた (今も売っているかな) 煙草の「ピース」(青色)の箱の筒状の厚紙を、チンチンに差し込み、手を使わずに勃起力だけで破れたら本当に凄い、と書いてあった。
 さっそく吸いもしないピースを買い、箱を筒状にして、チンチンに差し込んでみた。で、ヌード写真を並べて、勃起させてみた。しかし糊でしっかりと留められている厚紙を破るのは簡単ではなかった。

 なんとか破ってやろうと、下半身をふんばり、チンチンに最大限の血液を送り込んだ。中腰になって何度も踏ん張っていると、「パチン」 と言う音とともに、筒のつなぎ目の糊がはがれ、ピースが畳の上に落ちていった! これには、我ながら感動した。僕のチンチンはバナナのように下にカーブしているので、これができたのだと思う。真っ直ぐだと、いくら踏ん張っても破れないだろうな。

 でもまだ僕は童貞だった。いつかこの逞しいチンチンを女性のおまんこに突っ込んでみたい、絶対に「ヒイヒイ」と言わせてやるんだ、と思っていた。今にしてみれば、ほんとうに宝の持ち腐れだったな。
 あの時、スケベなおばさんかなんかに誘惑されて、セックスを覚えていたら、もうおばさんも僕のチンチンを決して離さなかったと思うな。いつでもどこでも直ぐに勃起してしまうチンチン、長くて太くて、釘でも打てるんじゃないかと思うほど硬いチンチンだったから。



スポンサーサイト
[PR]


    posted at 17:09 | ペニスの独白 | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: