FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

人間の体の動かし方とセックス(1)

 最近は体幹トーニングの重要姓が言われている。なぜスポーツにおいて体幹が大切かというと、人間の体の動きは全て体幹から始動しているからだ。普通、走ったりするのは脚を動かして走っていると思われがちだが、実は骨盤を軽く左右に揺すりながら、一定のリズムで脚を前へ出しては後に蹴る、という動作を繰り返している。つまり、股関節から脚が動き始めているのだ。ボールを投げるのも、腕で投げているのではなく、実は肩胛骨からその動作が始まっているのだ。

 このように、股関節回りは歩いたり走ったりする能力、肩胛骨回りは腕を動かす能力の基本ということだ。それ故、スポーツの能力向上には、体幹が大事だ、ということになる。 ところで、この体幹だけど、大きく分けると、二つの動きがある。一つは、体幹をねじる動きだ。これは歩いたり走ったりする時に使う動きで、左脚が前に出ているときはバランスをとるように右肩が前に出る。言い換えれば、人は体幹をねじるようにして歩いているのだ。普段は意識しなくても、坂道を早足で登ってみたり、速度を上げて走ったりすると、肩胛骨の揺れと骨盤の揺れとが見事に連動していことに気が付く。

 この歩く時の体幹のねじれを利用しているスポーツは多い。野球のピッチャーやバッターの動き、テニス、ゴルフのスイングがそうだし、武術の突きもそうだ。水泳でもクロールとバックのローリングはこのねじれを起点としている。クロールのプルやキックは、手や脚でやるものではなく、体幹のねじれを起点に動かしているのだ。

 ちなみに、手を動かす起点となる肩胛骨と、脚を動かす起点となる骨盤との関係がどうなっているかだけど、これらは別々に動かすこともできなくはないが、実際には連動している。ではどちらから先に動かすかというと、それは腰からだ。スイングでも腰から回転が始まって、肩が後から着いてくるようにね。
 ここで腰から動かすと書いたけど、正確には、胸骨を起点にして動かすのが理想だ。少なくとも意識の上ではそのようにする。確かに、上半身を動かさず、骨盤だけ揺するというのは不自然だ。

 人には、もう一つの体幹の動きがある。それは体幹のねじれではなく、体幹を波のように前後に動かす動きだ。水泳の例でいうと、バタフライの動きがそれにあたる。普通のスポーツで体幹を波のように前後に動かす動きは、鉄棒や床運動などの器械体操のほか、走り高跳びとか、走り幅跳び、やり投げなどでも使う。実際にはこれにねじりが加わることも多い。バレーのスパイク、サッカーのスローイングなどでもこの動きをするけど、バタフライほど明確に体の動きが分かるものはないかな。なお、ドルフィンキックも、正確には腰を起点にするのではなく、胸骨がうねり始める起点という意識でやるものだ。

 こうしたスポーツでもやらない限り、体幹のひねりは使っても、前後の動きに意識があまりいくことなない。しかし、実はスポーツ以外でも、人間はこの動きをしているのだ。それはズバリ、セックスだ。
 動物の交尾は、基本的にオスがメスの後に覆い被さり、腰を前後に振る、というものだ。人のセックスも、動物のように四つん這いバックでなくても、正常位になってもまったく同様だ。さらには、動物は絶対にしない女性上位でも同じで、通常は腰を前後に振る動きをする。

 逆に言うと、動物は人間のような体幹をねじる動きをしない。それは単純に、四つ足で動いているからだ。動物が走る時は、脚も蹴るけど、その起点は体幹で、動きとしては前後に動かしている。こう考えると、人間が体幹をねじるようになったのは、直立二足歩行をするようになってからである。

 従って、発生学的にいうと、体幹を前後に波のように揺するのが動物としての本来の動きであるということになる。その後、これにねじる動きが加わった、と言えよう。しかし、その人間も、セックスする時は、動物としての動きである、腰を前後に波のように揺する動きをする。交尾に体幹のねじりは不要だからだ。
 なお、スポーツの知見からみると、スラストの際の腰の振りは、腰を起点にするのではなく、もっと上の胸骨を起点にして動かすイメージだと、より滑らかで大きなうねりとなる。

 セックスをしている姿がどうしても動物的に見えてしまうのは、このためかも知れないね。逆に、前後の動きにひねりを少し加えると、途端にイヤらしい動きになる。本能で腰を振るのではなく、腰の動きをコントロールしているという、遊び心が入るからかな。
 また、水泳の中でもバタフライが豪快に見えるのは、動物的な腰の動きをしているからかも知れない。それだけに、見方によってはエロチックな泳ぎでもあると思うけどね。



スポンサーサイト
[PR]


    posted at 00:00 | セックスと筋力・体力 | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: