FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

新人の子に中出し(4)

 しばらくぶりに、また彼女のいる店にいってみた。
「ひさしぶり~」と全裸で抱きついてくる。
「あれから中出しされた?」
「されてないよ」
「今日、いい?」
「うん」
今日も中だし出来るかと思うと、ムクムクと勃起してくる。久しぶりということもあって、互いの性器を思い出すかのように、フェラしたり、クンニしたり、シックスナインを楽しんだ。
 
 そしていよいよ挿入。今回は彼女から上にまたがってもらった。はじめは正面を向いた形で腰を沈めてくる。ペニスが大きすぎるのか、そのままでは入らず、彼女がペニスを手にとって膣にあてがっている。ものすごい抵抗感のあと、鬼頭部分が「ヌルン」と入った。そのまま腰を沈めようとするので
「ストップ! ストップ!」
と鬼頭部分だけを飲み込んだところで、彼女の動きを止めた。二人の結合部分をみると、彼女の白いお腹の下の方に逆立ったへアーが見え、そのヘアーの奥の穴に突きさるように、ちょっと色黒のペニスの棹が垂直に立っていた。
 鬼頭部分だけを飲み込んだ彼女は、切なそうに両手を僕のお腹の上において、上半身をふるわせながらじっと快感に耐えているようだった。

「いいよ...のまま腰を沈めて...」
ゆっくりと味わうように腰を降ろしてくる彼女。濡れているはずなのに、最後まで膣入り口の締め付け感が凄かった。
 すっぽり収まったところで、彼女に好きなように腰を振らせた。その後、抱き寄せて、下から突き上げたりもした。ペニスはカチカチで絶好調だった。
「そのまま反対向きに回転してみて...」
彼女はペニスを奥深くくわえこんだまま、片脚づつ移動させながら、まず真横向きになり、そしてなんとか後ろ向きになった。彼女の膣が180度回転するとき、少しカーブしている僕のペニスが「グルン」とひねられている感覚が気持ちよかった。
 その姿勢で腰を上げてもらい、カエル座りの姿勢で上下動をしてもらった。これって、お尻の穴も丸見えだし、膣に飲み込まれたり、吐き出されたりするペニスが丸見えなので、ものすごく見ていて興奮する。

 もう180度、回転してもらって、座位になり、そのまま正常位に持ちこんだ。そうこうしているうちに、射精感がこみ上げてきた。今日は、いままでと違った射精をしようと考えていた。それは、もっと中出しの醍醐味を味わえる出し方だった。

 実は、生まれて初めてのセックスが中出しだった。その時は、初体験の興奮からか、出しながらも、出した後も激しく腰を振り続けた。そのせいで、膣の中の精液が掻き出され、二人の股間が精液でベトベトになっていた。股間からこぼれ出た精液の感触で、初めて彼女は僕が中に射精したことを知り、あわてて僕を押しのけたのだった。
 自分の股間をみると、ヘアーもベトベト、まだ固いペニスの回りも精液でベットリと濡れて光っていた。彼女の股間もヘアーから割れ目にかけて精液でベトベトだった。そのイメージが僕にとっての中出しであり、セックスだった。

 ところが、その後、何回も中出しの機会があったが、どうしても膣の奥深くで射精すると、ペニスを抜いても、すぐには垂れてこないし、ペニス自体も精液でベトベトというようにはならなかった。出した後に何回か出し入れしても、互いのヘアーがベトベトになるようなこともなかった。
 そこで思いついたのが、射精の直前、一度、膣からペニスを引き抜き、彼女のヘアーや割れ目全体に精液の最初の数回の噴射をぶちまけた後、すぐさま挿入して、残りを中に出す、というものだった。

もちろん、そのことは彼女には黙っていた。そしていよいよ射精感がこみ上げてくると、僕は「スポン」とペニスを抜き、彼女のお腹の上に置いた。すぐさま最初の噴射が彼女のヘアーに飛び散ったが、勢いあまってお腹の方まで飛んでいった。すぐに腰を引いて、今度は割れ目に狙いを定め、残りの精液を噴射した。抜いたばかりの膣は、ぱっくりと口をあけて、ピンク色の粘膜がヒクヒクしていた。そんな穴にむかって白い精液が飛び散っていく姿は、我ながらみていて興奮した。

 あやうく全てを股間に出し切りそうになり、すぐに膣の穴にねらいを定めて、まだ固いペニスを差し込んだ。膣口が開いていたのと、精液のせいか、「ヌルン」とペニスが飲み込まれるように入っていった。中で数回、腰を振り、残りの精液を出し切った。それでも固さを維持しようと、さらに擦り続けた。
 しばらくしてさすがに、ペニスが柔らかくなりかけた。僕は、ベトベトの股間をみてみたくて、ゆっくりとペニスが抜けないように、腰を離してみた。彼女のお腹に飛んだ精液はすでに透明になっていて、ヘアーも割れ目も、ベトベト状態だった。僕のヘアーやペニスはもちろん、玉の部分までも精液でベットリと濡れていた。

 想像以上の凄い光景に、まささに、これが中出しセックスだ、と思った。その興奮からか、僕は柔らかくなったペニスを、濡れた股間に突っ込み続けた。やがてペニスが完全にやわらかくなり、膣から「ポロリ」と押し出された。
 彼女を見ると、異様な中出しに、ぐったりとして、股間を濡らしたまま、動けないでいた。部屋には、精液の匂いが充満していた。



スポンサーサイト
[PR]


    posted at 00:00 | 体験談-中出し | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: