FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

きつーい一発 Nちゃん(3)

 生理最終日で、オマンコは独特の匂い。クリだけかるく舌先で転がし、すぐに挿入。この前よりもきつい。あれだけ愛撫したのに濡れていないせいか。深く刺したまま、ゆっくりとグラインド。なかをこねくり回すと痛がるのでおとなしく。
 20分ぐらいそうしていると、柔らかめだったペニスもカチカチに。やはり痛いというので、そろそろ行くことに。

 中でじっとしていたので、大きく動かしたくなった。彼女の両足を広げ、腕立て伏せの状態になると、抜ける寸前までペニスを引き抜き、そのまま奥深くまで突き刺すという、大きなストロークで挿入を繰り返した。結合部を見ると、自分のペニスが出たり入ったりしているのがみえる。やはりセックスの醍醐味はこれだ!コンドームがテカテカに濡れていて、彼女もやっと濡れてきたようだった。

 突き刺すたびに、「うっ」と声が漏れる。ゴムなしだったら、もっと肉どうしの摩擦があって、気持ちいいだろう。それでも快感は容赦なく高まってくる。最初からの素早いストロークのペースを変えることなく、一気に射精まで腰を動かした。中でじっとしていて高まって出る精液だと、股間からあふれ出すような感覚だが、大きくストロークしながらだと、ポンプで吸い取られるような射精感だ。こんな形で射精したのは初めてかも知れない。射精の間中も大きなストロークを続けた。精液が尿道に出たあたりで、ペニスを引き抜くタイミングと重なり、締め付けられた膣の入り口から搾り取られるように精液の一団がコンドームの中に溜まっていく。突き刺して抜くとまた次の一団が搾り取られるといった感じ。

 これを3-4回続けただろうか、きっと彼女は僕が射精したことに気づいていないはずだ。自分でも気持ちがいいのか、ただ精液を素早く搾り取られているだけなのか、分からなかった。だが、射精の間中もペニスに送られる摩擦の刺激からか、素早い射精のせいか、3-4回が限界だった。腰や太股が軽く痙攣する中、僕はついに初志を貫徹することができず、最後にペニスを初めて深々と挿入し、股間を押しつけながら、残りの精液の滴を押し込んだ。これで彼女も僕が射精したことに気がついたようだった。やはり奥深くに射精するのは気持ちいい。これはやはり妊娠させるために与えられた、男の本能かもしれない。 そのまま奥深くに留まり、ペニスが半立ち状態になるまでじっとしていた。



スポンサーサイト
[PR]


    posted at 00:00 | 体験談-きつ~い一発 | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: