FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

女性が本気で興奮するAV

 これまでAVって、どちらかと言うと男性向けに作られていた。カメラワークも、セックスしている男の視点からが多い。手持ちのカメラでの「ハメ撮り」は、まさに見ている男がまるで自分がセックスしているかのような気分にさせる効果がある。しかし、実際にセックスしているのは自分ではないので、虚しさもあり、ある程度見ると飽きてしまう。

 僕的には、むしろ、セックスしている男の後ろ姿とか、全体像など、男が自分では見ることの出来ないアングルの方が、新鮮でいいかな。結合している股間のアップも、修正版であれ、無修正であれ、それほど見たいとは思わないかな。中出し後の精液が垂れてくるシーンも、何度も見ると、飽きてくる。

 いずれにせよ、男性向けのAVは、男はあくまで黒子であって、素人男性であれ、プロの男優であれ、どちらかというと冷静で、声も出さないのが多い。感じている姿、そしてオーガズムに達する姿も、圧倒的に女性の方だ。その女性の感じようが本物なら、まだ興奮もするけど、演技が入ってしまうと、もう興ざめだね。なので、男でも、こうしたAVは、飽きてしまう。その点、逆レイプものは、新鮮かな。

 ところで、こうした男性を前提としたAVに対し、近年は女性向けのAVをうたったものも出てきている。それらの全てを見たわけではないが、イケメンの男優が、やさしく女性をいたわるような、丁寧な愛撫からスタートする。決して、荒い言葉を吐いたり、乱暴に扱うことがない。まあ、見ている女性としては、女優を自分に置き換えて、自分がされていることをイメージしながら、興奮を高めて行くんだろうね。

 まあ、あまりセックスの経験のない女性なら、こうしたAVって、安心してみていられるし、不快になることがないんだろうけど、本当にこういうAVで興奮するのかな、という思いもある。セックスって、本当はもっと本能的で、動物的、そして卑猥なものだ。

 僕が女性だとしたら、見てみたいのはこういうAVではない。一番、見てみたいのは、興奮している男の姿だ。「成熟した大人の女の性癖」【セックスと男と女】でも書いたように、女が一番、興奮するのは、目の前の男が自分に性欲を感じ、男からオスに豹変して、一直線に、激しく自分を求めてくる姿だ。
 
 恥も外聞もなく、股間に顔を埋めておまんこにむしゃぶりついてくる姿、勃起したペニスを突き出して、おまんこの穴に入れようと必死な姿、入れたらもうまるでセックスを覚えたての高校生のように、脇目もふらずに腰を振り続ける姿…………そんな姿に、女はキュンとなるはずだ。股間を舐めてくるのは、何もイケメンでなくても、オヤジでもいい。興奮の度合いが女の興奮を誘うのだ。ペニスの大きさも問題ではない。小さくたって、カチカチに勃起しているだけで、女は興奮するものだ。

 激しく腰を振ったら、ものの数分で射精してしまうだろう。それがいいのだ。射精を我慢している、無表情な男の顔など、長々と見せられるより、数分、あるいは数十秒でもいいから、本気で興奮して一気に射精してしまう男の姿の方が何倍も興奮する。射精の瞬間もわざわざ少し抜いて棹の部分も見せる必要もない。リアルなセックスなら、射精の瞬間、男は女の股間にへばりつくようになる。そして噴射の度に、お尻の筋肉が収縮を繰り返す。その姿を捉えればいいのだ。

 ペニスを抜くのは、中に留まって小さくなり、ポロンと抜けた時でいい。その時になって初めて精液も漏れ出す。時には、興奮のあまり、そのまま抜かずの二発に突入する姿でもいい。男の射精の瞬間を捉えることが出来なくても、棹にまとわりついてくる白く濁った精液から、男が既に中出ししているのは分るものだ。

 まあ、男が本気で興奮すると、実際にスラストしているシーンは短いものになってしまうだろう。これを解決するのは簡単だ。沢山の男を用意すればいいのだ。射精しては、また次の男が入れてくる。一周したところで、回復した男がまた入れてくる。中には、順番待ちしている男が興奮のあまり、精液を漏らしてしまう、というのもリアルでいい。

 AVの中でも、レイプものとかは、男も必死だけど、所詮は演技だ。それにやはり設定そのものが反社会的なので、女性としては、全面的にはその世界に入りきれないだろうね。愛のあるセックスでも、男が興奮することって、あるはずだ。
 あるいは、情況としては、セックスを覗き見している男が、オナニーしながら射精してしまい、その後、実際にセックスできることになり、激しく腰を振る、なんてのもいい。あるいは、本物の童貞ががむしゃらにセックスするというのでもいい。
 
 代々木監督に「ザ面接」というシリーズがあったけど、あの逆バージョンというのも面白いかな。AV出演の面接に集まった男らが、興奮のあまり、皆の見ている前で全裸になり、女にとびかかって、即挿入し、激しく腰を振る。だけど数分で射精してしまい、女優やスタッフに笑われる。それでも、股間のペニスはまだ硬さを保っていて、監督に「もう一回、やりたいんだろう?」と挑発され、「はい」と言いながら、また挿入して腰を振る男……………

 もちろん、もっと興奮するのは、経験を積んだ大人の男が、思わず興奮してあっさりと射精してしまうような情況かな。
 何人もの男が何度も射精し、股間のペニスも使えない状態になっているのに、股間を精液で濡らした女が、何とか男を立たせようとしている姿なんかも、面白いかな。全てを出し切って、けだるい姿の男の姿なら、見ていてもイヤじゃない。そんな男らを前に、肉欲に火がついてしまった女の姿という組み合わせも、また何ともエロいものだ。



スポンサーサイト
[PR]


    posted at 00:00 | AVについて | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: