FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

究極の指マンテクニック

 今まであまり指マンが好きではなかったので、回数もこなしてこなかったし、特にテクを磨くということもしてこなかった。しかし、挿入ができない時とか、挿入前の前戯として、時には指マンでイカせてあげる必要が生じることもある。

 そんな訳で、最近になって指マンのテクをいろいろと試し、開発してみることになった。そしてついに、究極の指マンのテクにたどり着いた。ここでは、これを惜しみなく、男性諸君に公開したい(この時の体験談については、「久しぶりの夜這いプレー」【体験談ー連続オーガズム】を参照のこと。
 もちろん、指の爪を短めに切り、角をとっておくことは大前提だ。切っただけだと、かえって切り口が鋭角になり、粘膜を傷つけやすいので要注意だ。

 基本的に指マンは、いきなり始めるものではない。たとえ男が自分の唾液で指を濡らしたとしても、女性の膣が十分に濡れていなければ、痛いだけだ。それは自分の指に唾液をつけて、お尻の穴に指を入れてみれば体験できる。

 なので、指マンをする前に、キスやおっぱいへの愛撫、あるいはクンニやアナリングスをたっぷりとして、膣内が熱くトロトロな状態になっていることが大前提だ。単に濡れているだけでなく、興奮で熱くなっている必要がある。こうなると、愛液も膣口に垂れてくるので、膣口も開き気味になるし、指の通りもよくなる。入れる時にまるで抵抗感がなく、ヌルヌルの粘膜の中に指がスーっと吸い込まれていくような状態がベストだ。これぐらいだと、膣内の中の窪みにたっぷりと愛液の「池」ができている。

 これぐらいに濡れていると女性も痛くないし、むしろ入れて欲しくなっている状態なので、感度も普段の何倍も上がっている。スタート時の感度が高いので、指でイカせるのではなく、イキたがっている女性を指がアシストする感じかな。
 指は中指一本で十分だ。最初は、ニュートラス・スラストになるように、入口や入口付近の壁に触れないように、真っ直ぐに潜り込ませる感じで入れる。深さも、ペニスの挿入と同じで、いきなり奥まではいれず、最初は第二関節までにとどめておく。愛液を指にぬりつけるかのように、ゆっくりとしたスピードで、出し入れする。

 この時、乳首に触れたり、クリに触れたりすると、膣内の粘膜がピクンとなって、細い指を締め付けてくるのが分る。指を軽く前後左右に動かして、女性が感じるポイントを探してもいいが、基本的には指でイカせようとしてはいけない。

 では、どうやってイカせるのか? それは、前庭球(これについては「前庭球(Bスポット)愛撫術」【クンニのテクニック(上級編)】を参照)への刺激を併用することだ。もう片方の手の人差し指と薬指とで前庭球を軽く指圧するように押すのだ。快感ポイントを見つけ出したら、そこをリズムカルに押してあげながら、指を軽く1~2センチ、動かすだけでいい。指の細さ、奥まで届かないもどかしさ、少ない動きに、女の意識は嫌が上でも膣口に向う。これに、前庭球への刺激が加わることにより、あっさりとオーガズムに至ることができる。

 膣口で一度、イったら、今度は、指をもう少し入れて、指の腹で膣天井を優しく押す。ポイントに当ると、女がのけぞったり、よがり声を出すので分る。膣天井は、潮を噴くポイントでもあるけど、決して潮を噴かせようとはしないこと。潮噴きは、女性の体調や体内の水分の割合とも関係してくるので、これを目標にしてはならない。それに潮を噴くのとオーガズムとは別物だ。結果として潮を噴いてしまった、というのがいい。

 この位置での指使いのポイントも、指を動かさないことだ。よく手マンというと、腕が筋肉痛になるぐらい、激しく出し入れする男がいるけど、これはあまり意味のない行為だし、女性の粘膜も傷つけやすいから、決してしないこと。指の腹で軽く膣天井のポイントを押さえ上げながら、また前庭球を刺激するだけでいい。膣口とは違った快感で、数分でオーガズムに至る。

 最後のポイントは、膣奧だ。子宮口の上側(お腹側)の奧の壁に指先を軽く押し込む。その状態で指の動きを止める。その上で、また前庭球を刺激するのだ。膣天井とはまた違った快感で、あっさりとイクことができる。
 膣口、膣天井、膣奥とどのポイントであれ、イキにくいようだったら、中指を入れている手の人差し指と薬指とで大陰唇を押してもいいし、親指でクリを刺激してもいい。また、前庭球を押している手の親指を使って、お尻の穴を刺激してもいい。

 前庭球への刺激による快感は、多少の個人差があろうが、解剖学的な構造はみな同じなので、クリが感じる女性であれば、前庭球も感じると考えていい。もし感じていないようなら、ポイントがずれているか、十分に興奮しておらず、感度が上がっていないことが考えられる。それと、それなりの時間も必要だ。数分でイカなければ、5分、10分と続けてみることだ。

 要は、指マンといっても、入れている指をほとんど動かさないことだ。と言っても、何もしないわけでもない。膣口、膣天井、膣奥と、ちゃんと感じるポイントは押さえておく。その上で、前庭球への刺激を併用するということだ。
 女性にしてみれば、激しく動かされないので、最初は物足りなさもあろうが、それが逆にイキたい、という気持ちを呼び起こし、感度の上昇をもたらす。言い換えれば、指で強引にイカせるのではなく、女性が自分からイクのを、手助けしてあげるぐらいの感じでいい。

 それに、指を激しく動かすことがないと、女性の側も構えることもなく、安心して快感に身まかせることができる。この安心感が必要だ。イカせた後に「もっと指を動かして欲しかった?」と聞くと、「いや、動かなくてもちゃんと感じるポイントを押さえていてくれたから、気持ちよかった」という答えがかえってくるはずだ。

 入れた指をほとんど動かすことなく、何度でもオーガズムに導くことができるなんて、まるで魔法の指だ。もちろん、これには前庭球への刺激という裏技が併用されているから起ることだけどね。
 この指マンのテクのいいところは、女性の側も安心してイカされることだけど、男の方もほとんど体力を使わずにイカせることができることだ。いわば、究極の省エネのテクでもある。余った体力は、挿入後の腰振りにとっておくことができる一石二鳥の方法だ。



スポンサーサイト
[PR]


    posted at 00:00 | 指入れ・手マン | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: