FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

絶頂トラックの二つのモード

 絶頂トラックの定義は、「このままの刺激を続けられると、数秒後にはイッテしまう」というモードに入ることだと書いた。これは男と女にもいえることだし、オーラルセックスや、挿入をともなうスラストの場合にも当てはまる。

 このこと自体に間違いはないが、実は最近、この絶頂トラックには、もう一つのモードがあることに気が付いた。それは数秒後にイクような、スピード感のある、差し迫ったものではなく、もっとゆったりとしているモードでも、絶頂トラックに乗っている、ということができるのではないか、ということだ。時間にしたら、数分とか、十数分というようなタイムスパンだ。

 ポイントはオーガズムまでの時間ではなく、その間、快感曲線がたとえゆっくりであれ、上昇し続けていることだ。途中で平行線になってしまうと、もとに戻ってしまうので、あくまで、上昇し続けることが条件だ。
 これって、実は寸止めオナニーの際に、男女ともやっていることだ。激しいい刺激を加えれば、直ぐにイクのは分っている。しかしそれではそこまでの過程を楽しむことができないので、ゆっくりと上昇するような刺激を与える。男の場合なら、勃起が萎えない程度に刺激を送り続ける。

 このモードは、微妙なコントロールが必要なので、指などによるオナニーの方が入りやすい。フェラやクンニも慣れてくれば、このモードでイカせることもできる。
 但し、スラストとなると、それ自体が激しい刺激なので、動きを止めるともとに戻ってしまうし、激し過ぎると、通常のモードになってしまう。それでも、なかなかイキにくい女性が、一定のリズムで長時間、突き続けられ、最後にイッテしまう、なんてことも起こり得る。この時の衝撃というのは、凄いものがある。

 このように、スロー・モードの絶頂トラックは、その過程での快感は弱いかもしれないが、それが長時間、蓄積されていくので、イッタ時の快感は強烈となる。よくいう、焦らしというのがこれに当る。
 また、セックスでも、俗に「ポリネシアン・セックス」などとも呼ばれる、スローセックスは、意図的にこうした快感をねらったものでもある。

 しかし、このモードは、はやり上級者向けだろうね。慣れていないと、ちゃんと上昇曲線をたどっているかどうかの見分けがつかない。もし、上昇していなければ、単なる間延びした、長いだけのセックスだけになってしまうからだ。まあ、最初は通常モードの絶頂トラックに乗せることを心がけ、確実にイカせることができるようになり、相手の女性のイキ方のクセも分るようになったら、このモードで絶頂トラックに乗せることを試みるのがいいかな。
 時間のたっぷりとある時は、断然、このモードの方がお勧めだ。男の方の体の負担が少ないので、長時間のプレーが可能となるし、なによりも、この時の快感って、通常のモードとはまたひと味違って、じわじわっと沸き起こるような、何とも言えないものがあるからだ。



スポンサーサイト
[PR]


    posted at 00:00 | 絶頂トラック | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: