FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

舐めることの本質

 クンニやフェラ、あるいはそれを同時に行うシックスナインなど、オーラルセックスというのは、舌で相手の性器を舐めるという行為である。なぜ、人は相手の性器を舐めるのか?この舐めるという行為にはどのような意味が隠されているのか?ここでは、舐めるという行為を生理学的に、そして哲学的に探ってみたい(ちょっと大げさかな)。

 舐めるといのは、舌先で撫でたり、ねぶるというのが本来の意味であろうが、食べ物などを舐めるとなると、その味を味わう、という意味になる。おいしそうなケーキを見て、「ちょっと舐めてみたくなる」 というのは、単に舌で舐めるのではなく、味わって見たい、という意味だ。この場合、舐められるのはケーキで、舐める側の人間が優位にたっていることからも分るように、舐めるには、相手よりも優位に立つという意味にもなる。「舐めてかかる」 という表現がこれに当たる。

 舐めるには、さらに 「総なめ」 「舐めるように見る」 の如く、くまなく及ぶという意味や、「辛酸を舐める」 の如く、経験を積むという意味もある。舐めるは嘗めるとも書く。嘗と書くと、秋に収穫された穀物を備える祭に意味にもなる。新嘗祭や大嘗祭がそれにあたる。これには、食物を味わうという意味があるのかな。

 ところで、人は、食べものだけでなく、体を舐めることもする。自分の体を舐めるのは、傷口を舐める時かな。これには唾液で殺菌する意味があり、舐めるとは傷を癒やす意味もある。なので、「互いに傷口を舐め合う」 というような比喩的な表現も生まれる。
 性的に成長すると、人は異性の体や性器をも舐めることをする。これには、おいしい食べ物を舐めるのと同じで、自然と舌先が伸びてしまうのだ。さらには、単に舐めるだけでなく味わうということもする。

 体の中でも一番多く舐めるのは、唇や乳首であろう。キスというのは、相手の唇や舌を舐める行為でもある。乳首を舐めるのは、実は大人になる前、男も女も赤ちゃんの時からやっている行為だ。男の場合、性的に成長すると、しばらく忘れていた行為を再開する。もちろん、今度は相手も違うし、目的も違うけどね。逆に女の場合は、性的に成長すると、男に舐められる立場に変わる。

 さらに性的な経験を積んでいくと、互いの性器を舐めるようになる。初めて間近に見る異性の性器、それをはじめて口にした時のゾクゾクという感覚は、空腹の時に巡り会ったおいしい料理をほおばる時の感動と似ている。涎が出るほどのご馳走。成長期の男女にとっては、異性の性器は涎が出るほど、おいしいものだ。

 性的な意味で相手を舐めるという行為には、自分の欲求を満たすだけでなく、相手への働きかけも生まれる。舐められるというのは、皮膚感覚にとっての快感であり、さらに性器の場合は、絶頂へと導くことすらできる。つまり、オーラルセックスは前戯でもあるし、絶頂までいけるという意味ではセックスに相当する。女性器を舐めるのがクンニであり、男性器を舐めるのがフェラ、そして互いに舐めあるのがシックスナインということになる。

 おいしい食べ物の場合は、最初は一舐めするかもしれないけど、最後はむしゃぶりつくように食べてしまう。しかし、体の場合、これをやるとカニバリズムになってしまうので、舐めたあとは、せいぜい甘噛みするぐらいだ。乳首を甘噛みされると、軽い痛みの中、相手に「食べられてしまう自分」に興奮する女性は多い。

 実際に食べるわけにはいかないけど、なんとか相手の体の一部を体内に取り込み、一体化したい。実際、あかちゃんの授乳は、乳を飲み込む為にやっているのだ。
 大人になってそれをかなえてくれるのが、相手の体液を飲み込むことによる一体化だ。キスは唾液の交換だし、クンニすれば愛液やおりものなどを飲み込むことができる。中には潮やおしっこまでも体内に取り込んでしまう男もいる。その時、男が味わっているのは、体内に取り込むことからくる、ゾクゾクとする興奮だ。これがあるからこそ、苦いおしっこも飲めてしまう。フェラも、射精までもっていけば、相手の精液を飲むことできる。

 シックスナインは、クンニとフェラを同時にやるわけだから、本来はものすごく愛情に満ち、興奮もするし、気持ちいいものだ。さらに互いに絶頂を迎え、精液や愛液、さらには潮やおしっこまでも飲み合えたら最高にゾクゾクする行為だろうね。
 ところで、体の中でも特に多く舐めるのが、唇や性器であること、言い換えると、キスのほか、オーラルセックスの種類がクンニ、フェラ、シックスナインというのには訳がある。それはこれらが粘膜で出来ている故に、舐める方も舐められる方も快感があるからだ。

 しかし人間が快感を感じるのはここだけではない。もっといえば全身が性感帯でもある。「全身舐め」がまさにそれだ。まあ、全身まで舐めなくても、足の指舐めやアナリングスが効果的なのは、経験した人なら分っていることだ。これ以外にも、うなじや首、背中、背中のKスポットなど、快感エリアがたくさんある。これらを舐めないで素通りしていくのはもったいない話かな。省略されがちなのは、前戯にたっぷりの時間をかけないからでもあるけどね。「舐める」 には 「尽くす」 の意味があるように、文字通り、全身を舐め尽くしてあげたいものだ。

 女体盛りとか、わかめ酒、あるいはクリームなどを全身に塗りたくって舐めとるプレーって、食べ物を食べる行為と、体を舐めまわす行為とが一体化するものだ。これも、経験した人にだけ分る、ゾクゾクした行為ではある。もっとも、そのやり方を工夫しないと、綺麗にはできないけどね。

 ここまでの話は、異性間のオーラルセックスを前提として書いているけど、もちろん、同性間でもこれは可能だ。さらにはニューハーフのように、トランス・ジェンダーの人もいる。僕はあまり経験がないけど、これはこれでまた非日常的な世界があるのだと思う。

 これと関連して、オーラルセックスにも、SとMの世界がある。言い換えると、「舐める側」と「舐めさせられる側」の違いだ。概して、舐める側が食べているわけで、優位に立っている。実際、クンニしている男は「おいしい」と思いながら舐めているし、実際にそのように口に出していいながら舐めることがある。あるいは、男がおいしそうに舐めていると、女の方から 「そんなとこ舐めて、おいしいの?」 と聞いてくることもある。よっぽどおいしそうに舐めているんだろうね。

 この立場を逆転させるのが、相手に舐めさせる行為だ。クンニなら強制的な顔面騎乗クンニ、フェラならイラマチオかな。実際、男に顔面騎乗であれ、M字開脚であれ、男に舐めさせている女はよく、「私のおまんこ、おいしい?」 と聞いてくる。これほど男をゾクゾクとさせる言葉もないかな。だって、これって、食べられているおいしいご馳走の方から、私っておいしい?と聞いてくるようなものだからだ。もっとも、これはSな女でなくても、聞いてくるけどね。

 このように、舐めるという行為は、あかちゃんの時期から行っており、実に根源的なものであるということが分る。舐める部位のバリエーションも多いし、そのテクとなると奧が深い。さらには食べ物を使うという遊びもあり得る。さらにどちらが優位に立つか、という役割もあるし、その転換もある。
 舐めるという行為を、挿入前の単なる前戯としてとらえるのは、あまりにもったいない話だ。男女とも、舐めるという行為にもっと注意を払い、バリエーションを増やし、テクを磨いていきたいものだ。そして 「経験を積む」 という意味での 「舐める」 を実践していきたいものだ。



スポンサーサイト
[PR]


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: