FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

イキやすい女性向けのクンニ

 中イキしやすい女性がいれば、なかなかイカない女性がいるように、クンニしていても、面白いようにすぐにイク女性と、いくら舐め続けてもなかなかイカない女性とがいる。長時間のクンニでもイキにくい女性というのは、男にとっては「難敵」だ。というのも、長時間のクンニは姿勢だけでなく、舌先も疲れてくる。イッテくれればそれが「止め時」になるけど、いつまでたってもイッテくれないと、止めるに止められなくなってしまう。
 
 こうなったら、最後は体力の続く限り、ひたすらクリを刺激し続けるしかない。この時に使うテクが、舌先でクリに吸いついたり、クリを左右もしくは上下に高速でレロレロと動かすやり方だ。もう人間バイブレーターになった気分で、自我どころか人間性をも忘れてひたすら動かすしかない。さすがにその捨て身の執念が通じるのか、なんとかイカせることができるものだ。

 しかしながら、この最後で最強のテクは、クンニでイキやすい女性には刺激が強すぎる。とにかく短時間で何回もイクのが目的なら、この高速レロレロでもいいけど、イキやすい女性にはオーバー・スペックなテクとなる。これではイクまでの過程をゆっくりと楽しむことができなくなってしまうのだ。そういう女性に最適なテクがある。
 それはクリを攻めることは同じでも、あくまでゆっくりと優しく舐め上げることだ。この際のポイントは、男の唾液や女の愛液をたっぷりと塗りたくるような舐め方をすることだ。

 最初のうちは唾液でもいいけど、女性が感じてくると、粘りけのある透明な愛液が膣口に溢れてくる。クリにばかり意識がいってしまうと、この愛液に気が付かなくなる。これを十分に活用することだ。時には膣口に舌先を運び、膣口に溢れている愛液を舌先ですくい上げるようにして、クリの周辺に塗りたくるのだ。それが唾液ではなく、自分の愛液であるということは女にも分る。それをクリに塗られることに、女としても興奮するものだ。

 この時、クリを刺激するように舌先を動かすのではなく、あくまで下から吸い上げた愛液をクリ周辺に塗り回すような動きがいい。つまり、クリの突起を中心に「ぐる~っ」とその回りに愛液が行き渡るように舌先を回転させるのだ。そしてまた愛液をすくっては、反対回りで回転させる。これをスムーズにするには、クリを覆っている表皮を指で左右に引っ張って露出させた方がやりやすい。こうすると、ただでさえ敏感なクリがなおさら前面にでるので、愛液で濡らしてよりやさしい間接的な愛撫を心がけたい。

 クンニで直ぐにイケる女性には、焦らしも必要ない。これは焦らしというよりも、オーガズムに登り詰めるまでの坂道の傾斜をゆっくりにして、それまでの過程をじっくりと味わってもらうことに主眼を置いたテクなのである。



スポンサーサイト
[PR]


    posted at 00:00 | クンニのテクニック(中級編) | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: