FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

スキンをつけたセックスでも女が気持ちいい理由(1)

 男も女も、生で挿入するセックスの方が絶対に気持いいものだ。男にとっては、快感センサーが集中している亀頭が、膣の中に入っていくにしたがって、さまざまな情報を脳に送り込んでくる。粘膜でできている膣前庭の温もりと柔らかさ、入口のきつさとそれを通過するときの締め付け感、中の粘膜の熱さ、ザラザラ感、濡れ具合。そして奧にはいっていく時の空洞感と、子宮口まで届いた時の「行き止まり感」などなど。
 そして女が登り詰めてくると、ヒクヒクとしまる膣内、あるいは降りてくる子宮など、微妙な動きも全てモニターされ、脳に送り込まれる。

 女にとっても、亀頭の絶妙な硬さと柔らかさ、そして熱さ、入口を押し分けて入ってくるときの棹の硬さ、膣全体が広げられる太さ、奥まで届いた時に感じる長さなどなど。ましてや、中出しされると、射精直前のペニスの膨張と、出している時のビクンビクンという躍動、それに続いて膣奥がジワーっと温かくなる感覚。一仕事終えたとばかり、やがて膣の中で、柔らかくなっていくペニス。生だと、女性も実に多くの情報を、快感とともに脳が受けとっているのだ。

 しかし、生での挿入や、中出しができない場合もある。こんな時はスキンを着けるしかない。ゴム着きでも、それなりに快感はあるし、射精までいくことは可能だ。しかし、男の本音からいうと、ゴム着きだと、感度は10分の1、いや100分の1まで落ちてしまうかな。僅か0. 何ミリのゴムなんだけど、遮断される情報量はものすごくある。極端なことをいえば、ゴムの中にペニスを入れて動かしているようようなものだ。なんとか伝わってくる情報は、膣の締り具合とか深さぐらいかな。粘膜の暖かさ、ザラザラ感、濡れ具合などはほとんど分らない。
 それでも射精までもっていけるのは、棹全体を包み込む、「ポンピング」の原理で、精液が吸い取られるからだ。決して、亀頭の粘膜への刺激で射精するのではない。

 へたなゴム着きの挿入だったら、フェラや手コキの方が気持いいぐらいだ。だからこそ、手コキやフェラだけで射精させるフーゾクが成立する。ここでのポイントは、ゴムをつけないという点だ。ゴム着きの手コキやゴムフェラにお金を払うなんて、男には考えられない。オナニーの時だって、わざわざゴムをつけてする男はいない。
 ところがだ、女性の方は、ゴムつきのペニスでも、それなりに快感があるし、しっかりとオーガズムに達することができる。それどころか、イキっぱなし状態にすらなれる。オナニーでも、指のほか、ディルドでもしっかりとイクことができる。別に、生身のペニスである必要はないのだ。



スポンサーサイト
[PR]


    posted at 00:00 | コンドームについて | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: