FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

性教育で何を教えるべきか?(4)

 人生には「オナニーの季節」しかないのなら、性教育は簡単だ。肉体的な快楽のメカニズムを教え、いろいろなオナニーの方法を教えればいい。まあ、それでも、どこまで極めるかは、また大きな問題ではあるけど。

 例えば、お尻の快感まで教えるのか、ドライ・オーガズムまで教えるのか? あるいは、お漏らしオナニーや尿道オナニー、さらには、露出やSMといった快感倍増装置まで教えるのか、という問題も出てくる。
 まあ、現実的には、希望者にだけ、上級テクニック(より変態チックなオナニー)を教える、というので対応はできるかな。もっとも、上のレベルがあると知ったら、皆がもっと上を目指していくことだろう。

 性教育の内容は、「セックスの季節」になると、格段と難しさが増してくる。なぜなら、これって、相手があってのことだからだ。自分自身の問題と、相手自身の問題、それと両者の相性の問題もある。
 デリカシーのあるテクニシャンに出会えれば、予備知識がなくても、めくるめく快楽の世界に導いてもらえるかもしれないが、そうでない相手だと、いくらこちらに知識があっても、不満だけが残る。こうした男女の出会いの機微だけは、いくら教えても、運命的なものもあるので、無理というものだ。

 男の場合、射精という快楽は、手コキであれ、フェラであれ、セックスであれ、ほぼ保障されているので、快楽をどうやって得るかを教える必要はない。では、何をおしえるべきか? もしあるとしたら、相手の女性をいかに気持ちよくさせるか、というテクニックの問題になるのかな。でも、これって、もう完全に性教育というよりも、セックス講座になってしまう。

 女の場合、オナニーをしていれば、オーガズムの快楽そのものは分る。そういう女性はセックスでもイクことができるようになる確率が高い。クリイキはできても、中イキができない、といいう女性もいるだろうが、これは男次第かな。
 問題は、イクというのがよく分からない女性だ。これは、相手をする男にとっても、対応が難しい。イケるようになることもあるし、無理な場合もある。

 従って、快楽の為のセックスを教えるなら、男よりも、女の方に、しっかりと女の体のしくみと、快感の得方を教える必要がある。でも、これって、学校教育で「女の体の快感を開発する」ことになってしまう。これも、寝た子を起こすことになる。それにこれって、女性の相手をする男の楽しみでもあるんだけどな。

 さらに現在は、性の多様性が聲高に叫ばれている。これに対応するなら、セックスを男と女の間の行為と、規定していいのか、という問題も出てくる。そうなると、レズ講座、ゲイ講座、さらにはバイセクシュアル、つまり両刀使いの講座も必要となってくる。こうなると、もう訳が分らなくなってきて、何でもありの、淫乱な世界のオンパレードとなりかねない。

 それはさておき、とりあえずセックスを男女の間の行為、と規定しても、問題は多い。それは快楽を増幅する装置はいくらでも奧が深いからだ。露出や複数、野外、SM、スカトロといくらでもある。非合法とはいえ、ドラッグの世界もある。これらをどこまで教えるか、という問題が出てくる。
 まあ、ここまで教えず、とりあえず世間でいう「ノーマル」な世界に留めておくにしても、どこまで教えるか、という問題は常にある。女性をイカせるにしても、体位は重要だ。では、教えるのは正常位だけにするのか? 女性上位やバックは? さらには駅弁や逆駅弁まで教えるべきか? もうきりが無い。

 もっとも、僕に言わせれば、これも無限に広がる世界という訳でもない。体位を含め、いろいろなテクニックというのは、極めることは可能だ。全て、教えることも可能だ。
 問題はそこにはない。というのも、セックスって、実はもっと肉体と精神の全てを使ったコミュニケーションなのだ。AVの中のオーガズムとは違う。これをどうやって教えるのか? こればかりは、もう感性とデリカシー、言い換えれば、共感能力の問題でもある。これは、教えてできるものでもないのだ。本人の生まれ持ったものと、育った環境と、意識や努力が生み出すものだ。

 本当に気持ちのいいセックスのありかたを教えたいのなら、小手先のテクニックなんかではなく、この感性をどう磨くかを教えるべきだと思う。
 このブログでも、セックスのテクニックも紹介しているけど、セックスのイメージとか、コミュニケーション(言語、及び非言語)、デリカシー、男と女の関係など、いろいろと、テクニック以外のことも書いている。サイト内では、あまりアクセスがないようだけど、実はこの部分が大事だと思っている。

 その意味では、本音で性教育をしたいのなら、このサイトの記事をくまなく読んでもらうことかな。毎回の授業でいくつかの記事を扱い、皆で議論する。そんな授業の教材にしてもらえるのなら、喜んで無償提供するけどね。
 ただ一つだけ、問題がある。それは、このサイトが本音過ぎて、かなりフェチっぽいというか、マニアックな内容になっていることだ。これを教材にすると、セックスのいろいろなことが分ってくるけど、その反面、生徒全員がかなりのフェチになってしまうことかな(笑)。



スポンサーサイト
[PR]


    posted at 00:00 | セックスとモラル | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: