FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

性教育で何を教えるべきか?(1)

性教育で何を教えるべきかは、非常に難しい問題だ。現在の義務教育現場では、女性と男性の体の構造と妊娠のメカニズム、そして主にコンドームを用いた避妊の方法がメインになっているようだ。中には実際にコンドームの着装実演までするところもあるらしい。といっても、コンドームは本物だけど、生身の勃起したペニスにではなく、模型に着装して終わりだ。

 このコンドームの着装の講習だけでも、性教育の難しさと、何をどこまで教えたらいいか、という問題が浮き彫りになる。
 画一的な張り型に標準サイズのコンドームを付ける練習をしても、果たして、本当に役に立つだろうか? では、ここで先生なり、生徒が皆の前で下半身を脱ぎ、ペニスを露出してリアリティーを出せばいいかというと、これまた問題がある。

 第一、緊張のあまり勃起しなかったら、講習にならない。現実世界では、こういうこともあるので、これはこれでリアリティーがあるけど、そうしたら無理やり勃起させるテクから講習しなければならなくなる。

 男がうまく勃起したとしても、いろいろと問題がある。短小だったり、巨根だったらどうするのか。中には包茎のもあるだろう。包茎だった場合、包茎の話からしなければならなくなる。皮を剥ける仮性包茎ならまだ、剥けばすむけど(それでも痛がったり、恥膏が匂ったりして大騒ぎになるだろう)、真性包茎だと、そのままやるしかないが、見ている生徒はそれが男の標準的なペニスだと思ってしまうかも知れない。

 このように生身のペニスにすると、実にいろいろな問題が起るのだ。サイズが違えば、コンドームのサイズも合わなくなる。短小なペニスだったら、標準サイズのコンドームではユルユルだし、巨根だったら、普通のサイズでは入らない。その為に、最低でも3種類のサイズのコンドームを用意しておき、実際に勃起したペニスを見て、適当なサイズを選ぶことから始めなければならない。学外からAV男優を呼んできたとしても、同じ問題は起るだろう。
 
 男子生徒のペニスが皮の剥けた巨根で、先生のが短小の包茎だったら、女子生徒の嘲笑が起るかも。そうなったら、先生の威厳も地に落ち、その学校で勤めている限り、永遠に噂されてしまうだろう。まあ、反対に、ほれ溺れする巨根なら、先生をそれとなく誘惑してくる学生が現れるかも。あるいは、その噂を聞いた母親らかのお誘いがあるかもね。

 このように、コンドームの着装講習で、生身のペニスを使うと、コンドームのサイズから教える必要が出てくる。結果として、この時点で、ペニスにはいろいろなサイズがあることを、男子学生だけでなく、女子学生にも教えることになる。これって、必要なことだろうか。最初に見たのが巨根だったら、ずっとそれが基準値になってしまうからね。
 さらに、コンドームを着装してくれるのが女子学生だったとしたら、サイズが合わないコンドームを何とか着装しようと悪戦苦闘している間に、その刺激で男が「ドビー」っと射精してしまうこともあるだろう。



スポンサーサイト
[PR]


    posted at 00:00 | セックスとモラル | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: