FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

食べ物を使ったクンニのアドバイス

 クンニもフェチっぽくなると、いろいろな小道具を使いたくなるものだ。食べ物を使うのもその一つだ。同じように口に入れるのであれば、おまんこも愛液も食べ物も同じようなものだしね。
 先ずは塗り物から。これはクンニに限らず、おっぱいをはじめとして、全身に塗りたくってもいい。今まで、いろいろなものをトライしてきたけど、やはり向き不向きがあるようだ。
 誰でも考えそうで、案外、向いてないのがチョコレート系だ。これは舐める男の側から言うと、味としては最高においしいのだけど、まずもって、せっかくの女の白い肌が黒くなってしまい、見た目にも美しくない。塗り方によってはエロよりもグロくなる。
 それにいくら舐めても、べたついてしょうがない。綺麗に舐め取れないのだ。なので、女の白い肌にかすかに褐色の跡が残るので、プレー後の見た目もよくない。すぐにでもシャワーを浴びたくなるので、プレーが中断してしまう。さらに、どうしてもチョコレートの滴などがシーツを汚してしまい、プレー後はまるで血痕のように見えてしまう。
 
 同様に、ハチミツやメープル・シロップなども、おいしいのだけど、べたついてしまう。いくら舐めてもきれいに舐め取れないのはチョコレート系と同じだ。それに見た目的にも今ひとつだ。同じ理由でマヨネーズもべたついてしまうし、酸っぱい味もあるのでなおさらよくない。

 それよりは、まだジャムの方がいいかな。赤いイチゴジャム、黄色いマーマレードなんかも女体にはあう。しかし、もっと似合うのは、何と言ってもホイップクリームだ。ショートケーキのクリームとか、シュークリームの中身なんかも代用できる。これの良さは、女体に真っ白のクリームって、見た目にも美しそうだし、よく映えるのだ。それにボリューム感の割には、舐め取りやすい。クリームがなければ、ヨーグルトでもいいけど、これは大量に塗ると、結構、舐め取るのに大変なので、少量がいいかな。

 純白のクリームは、おっぱいだけでなく、全身に似合うし、もちろん股間にも似合う。特にヘアーが濃い女性の場合、ヘアーがすっぽりクリームの覆われてしまうので、舐め甲斐もあるというもの。小陰唇のまわりだけでなく、膣口に塗り込んで舐め取ってもいい。

 さて、次は膣内に挿入する食べ物だけど、これもいろいろとあるが、やはり向き不向きがある。一度、バナナを入れて(もちろん皮を剥いて)食べようとしたけど、中で割れてしまい、全部綺麗に食べることができなかった。それどころか、中で折れてしまったバナナが出てこなくなり、困ってしまった。盤面騎乗クンニの姿勢で踏ん張ってもらっても出てこない。膣口に黄色い塊が顔を出してはいるのだけど、出てこない。まあ、肛門ではないので、いくら踏ん張っても出てこないんだけどね。そのままにしておくわけにもいかないので、最後は指を入れて何とか掻き出した。

 このほか、胡瓜やナスというのもある。胡瓜の場合は、潤滑油として、また味をつける為にもマヨネーズがいいかな(但し、少量にすること)。それよりも一番いいのは、はやり魚肉ソーセージかな。これだと太さも長さもいろいろあるので、選ぶこともできる。但し、長いソーセージだと、半分で十分かな。全部は入らないし、食べるのも大変だからだ。それにもしかしたら、女性の中には普段から魚肉ソーセージのお世話になっている女性もいるかも知れないしね。つまみ用の棒状のチーズでもいい。但し、表面にトウガラシをまぶしているピリ辛は、女性の膣内の粘膜には刺激が強すぎて痛みが出てしまうので、避けなければ大変なことになる。

 これらを頂く時の姿勢だけど、女がM字開脚でも、顔面騎乗クンニでもかまわない。男が能動的に食べるというのを強調したければM字開脚、食べさせられているというのを強調したければ、顔面騎乗クンニがいいかな。食べる時のコツは、いっぺんに全部を素早く食べようとはせず、時間をかけてクンニの合間に少しずつ食べていく、というのがいいかな。
 
 それと、塗り物にしろ、膣内に挿入するにしろ、体温よりも冷たいと、女性はひやっとしてしまう。理想は体温と同じか、それより少し温かいぐらいだ。時間があり、食べものを使うことが分っているのなら、予め保温しておくぐらいの心遣いがあると、女性も安心するし、プイレーに集中することができるというものだ。



スポンサーサイト
[PR]

[PR]


    posted at 00:00 | フェチっぽいクンニ | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: