FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

クンニと膣のバルーン現象

 オナニーでたまにイクことがあるけど(それも指によるクリへの刺激ではなく、シャワーオナニーだけ)クンニやペニスでは一度もイッタことがないという女性とホテルに行ったときのこと。おっぱい、特に乳首が感じるというのでパンティーを脱がす前に入念におっぱいと乳首を愛撫する。背中を反らして顔を横にふるほど感じている。自分でも乳首が感じると自覚している通り、決して感度が悪いわけではない。これなら乳首だけでもイケるんじゃないかな、と思わせるほどだ。

 ところが、途中で彼女の方から、「お願い、パンツ汚れちゃうから脱がして………」とのリクエストが。乳首舐めに熱中していたので、股間がどうなっているかは気が行かなかった。見ると、赤いパンツのクロッチの部分がびっしょりと愛液で濡れているではないか。男にとっては興奮の証の愛液も、女は「汚れ」と感じるんだね。
 そこでパンツを脱がして、クンニすることに。まだ一度もイッタことがないとなると、何とかイカせてあげたくなる。長時間のクンニになることを覚悟し、ベッド脇にM字開脚してもらい、僕がベッド脇に跪いてフルコースのクンニをお見舞いする。

 おまんこは乳首への愛撫でヌルヌルになったおり、白っぽい愛液の塊がお尻の穴の方まで溜っている。今まで見てきた中でも最大級の大きさの小陰唇もすでにベトベトになっている。唾液で濡らす必要もないほどで、舐める前からヌルヌルのおまんこって、クンニする方も興奮する。
 得意のフルコースで、30分近くクンニをし続けた。感じているし、愛液もどんどん溢れてくるんだけど、イキそうでイカない。乳首が感じることを思い出し、途中から両手を乳首にもっていって、指先でグリグリしながら、クリへの集中攻撃をする。それでもイキそうになるも、なかなかイカない。

 最後は、大きめの小陰唇やクリの上の三角形のフードが邪魔になっているのかと思い、片手で小陰唇を左右に開き、もう片方の手で三角形のフードを引っ張り上げてピンクのクリを露出させ、直接、吸いついたり、レロレロする。僕の方はまだ体力も問題なく、舌も疲れていなかった。しかし、これ以上続けてもイカないかな、という思いにかられ、クリに指マンの刺激も加えようと、いつもはしない指入れをしてみた。

 すると、なんと膣内が空洞になっていて、入れた指先をお腹側に折り曲げてもツルツルの丸くなった天井に当るだけだった。今まで、何度かバルーン現象は体験しているけど、多くは指入れとクンニの併用の時だった(「オーガスムと同時に膣奧が膨らむバルーン現象」【女のオーガズム】)。今回はクンニだけで、完璧なバルーン現象になっているではないか。しかも、イク直前の気持ちよさは味わっているものの、まだイッテはないのにだ。

「あっ、凄い、中でバルーン現象が起きている!これ、自分でも分る?」
「うん、分る……なんかお腹が張っている感じがする」
いや、バルーン現象を女性も自覚しているという証言も初めて聞いた。
「これって、イッタ時でないと、起きないんだけどな…………」
「そうなの、さっきから何かおならみたいのが出そうで恥ずかしい…………」
そういえば、クンニの途中で、何度か、空気が「バフっ」と出ることがあった。もちろん、お尻の穴からではなく、膣からだ。
 これで、いわゆる「膣ナラ」の謎も解けた。膣内でバルーン現象が起ると、気圧によって膣内に空気が入りこみ、これが時々、外にもれて「バフっ」と音がするという訳だ。ということは、もし「膣ナラ」が出たときには、膣内でバルーン現象が起きていると考えて間違いなさそうだ。

 バルーン現象が起きているということは、相当感じている証拠だと思い、クリを舐めながらも、そのまま指を入れ続け、膣天井を刺激した。といっても、最初はバルーン現象の最中なので、空洞の中でツルツルの天井を擦りあげるだけだったけどね。途中からはクンニを中断し、指も二本にして膣天井を刺激してみた。彼女の反応もいい。このままイカせることができるかとさらに指の刺激を続けていると、なんとツルツルだった天井が下に降りてきて、徐々に本来の膣のヒダヒダに戻っていった。「ふーん、こうなるんだ、不思議だな……」と思いながらも、さらに膣天井への刺激を続けてみた。それでもイキそうにはなかったので、途中で指マンも止め、横たわって、いろいろと話をした。

「まだイッテないよね」
「うん、途中で何度か、イキそうになったんだけど…………」
彼女としては、やはりイッテみたいようだった。
「まあ、それは次回のお楽しみにしよう」
 今回はイカせてあげることが出来なかったけど、僕としては、クンニだけでバルーン現象が起ること、オーガズムに達しなくても、気持ちよくなっただけでもなること、膣ナラとの関係、そして女性はお腹が張るという自覚があることなどが分って、いい体験だった。そして何よりも、バルーン現象が消える瞬間を自分の指で体験することが出来たしね。 これからのクンニでは、さりげなく指を膣内に入れてみて、中の状態を確認するのもいいかなと思った。特に膣口から空気が漏れる時にはね。



スポンサーサイト
[PR]

[PR]


    posted at 00:00 | 女性器の大研究 | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: