FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

クンニ処女

 現在の日本では、処女とセックスできる機会って、そうあるものではない。男の中には、何人もの処女とセックスした経験がある者もいれば、一度もない者もいる。ここでいう処女とは、ペニスを膣内に入れられたことのない女性を指す。
 昔であれば、処女の女性であれば、クンニされた経験もなければ、フェラした経験もないのが普通であった。ところが現在では、正真正銘の処女でも、クンニやフェラの経験ならあるという女性もいる。逆に、もはや処女ではないけど、クンニされた経験のない女性というのもいる。性体験が細分化されているというのかな。

 それ故に、処女と巡り会ってもクンニの経験ならあるという女性がいる一方で、すでに処女ではないけど、クンニされたことはない、という女性もいる。男としてはできるものなら、処女のお相手をしてみたいと思うし、クンニも生まれて初めてという女性の方が舐め甲斐があるというもの。しかし、そうした機会も少ないとなれば、処女でなくても、せめてクンニは未経験という女性と巡り会いたいものだ。名付けて、クンニ処女の女性だ。

 はやり何事も初体験は新鮮だし、感動的でいいものだ。クンニもその例外ではない。生まれて初めて自分の股間を舐められる女性は、そもそもそんなところを男が舐めてくる、という予想もしていない。どうしても汚れたところというイメージがあるので、クンニという行為そのものに衝撃を受ける。ところが、一度舐められると、そのあまりの気持ちよさに、びっくりしてしまう。自分の指で触れるのとは全く違う感触。それはそうだろうね、指と違って、男の舌先や唇は粘膜だからね。

 生まれて初めてのクンニで、イクことができれば、その衝撃はさらに一生、忘れられないものとなる。その前にオナニーでイクという感覚を知っていたとしても、男に与えられる快感の気持ちよさに、驚く事だろう。

 たとえ、クンニされた経験があったとしても、多くの場合は、挿入前に申し訳程度に舐められたというのが多いようだ。こういう女性はいわば、半分クンニ処女みたいなものだ。なので、たっぷりと舐めてあげると、「こんなに長時間、舐めてもらったことない」と感動する。そしてそれでイクことができれば、事実上、クンニ処女をここで卒業することになる。実際、電マとかのオナニーではイケるけど、クンニでイッタことのない女性って、案外、いるものだ。このように考えれば、処女に巡り会える機会は少なくても、クンニ処女と巡り会う機会は結構、あるものだ。

 さらに言えば、たとえクンニ処女を卒業していても、顔面騎乗クンニは生まれて初めて、という女性もいる。あるいは、四つん這いバックでのクンニや仁王立ちクンニも経験がないという女性も多い。非日常的な姿勢でのクンニも、女性にとっては忘れられない立派な「初体験」となるのだ。



スポンサーサイト
[PR]

[PR]


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: