FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

記憶に残る粘膜の擦り合い

 セックスした記憶は、精神的なものだけでなく、肉体にも刻み込まれるものだ。ところが、男の場合、スキンをつけてのセックスだと、ペニスにはほとんど、何の記憶も残らない。激しいセックスだった場合、多少の疲労感はあるにしても、膣内の感触を思い出してまたエッチな気分になる、ということはない。

 ところが男でも、生挿入のセックスを経験すると、亀頭部分に膣内の感触が残るものだ。入口付近の押し戻されるようなきつさ、そこを通過した後に亀頭に襲ってくる中のザラザラした感触、すーっと奥まで襞をかき分けながら進んで行く感触、そして奧の壁に当ったときの亀頭の感触などなど。
 この感触は時には数日も持続する。その感触が続く限り、また挿入したくなってしまう。射精まではしなくてもいいけど、あの皮膚感覚をまた味わってみたくなってしまうのだ。

 ここで大事なのは、棹全体ではなく、亀頭部分にその記憶が残るということだ。つまり、膣内の感触は、粘膜である亀頭部分に記憶されるのだ。その時の感触が数日も記憶されるぐらいだから、生で入れている時の快感がいかに強烈かが分るというものだ。まあ、女としては、それぐらいの強烈な快感を男の性器に与えないと、オスの体内から命の源である精液を絞り出させることはできないんだろうね。

 スキンを着けるセックスは、亀頭の粘膜が感じるこの強烈な快感を遮断してしまう。それでも膣内で射精するのは、棹全体へのポンピングの刺激や、棹の下側への摩擦によって快感が蓄積されていくからだ。決して、亀頭の粘膜への刺激で射精するのではない。

 粘膜への刺激が強烈な快感を生み、それが数日も記憶されるとすると、女の方が男の何倍も強烈な快感があり、しかもそれが長く持続するというのも、うなずける話だ。なぜなら、膣内は全て粘膜でできているからだ。
 それに太いペニスだと、入口付近に限らず粘膜全体が押広げられるし、長いペニスなら、子宮口や奧の壁にも亀頭によって擦られた感触が加わる。さらに中出しされた場合には、精液がずっと膣内に残っているからね。

 女性の場合、別にセックスしなくても問題ないけど、一度セックスをすると、連続してしたくなる、という話をよく聞くけど、これにはこうした粘膜の面積の違いがありそうだ。男の場合、射精してしまうと、若い時か、よほどの絶倫でない限り、毎日の連続の射精は辛くなってくる。

 だけど、男でも、生で挿入するセックスをしたなら、女ほどではないにしても、連続して挿入したくなってしまうものだ。それは射精したいという欲求ではなく、あくまで挿入がもたらす粘膜の快感をまた味わいたい、というものだ。なので、男に毎日、挿入してもらいたいのなら、生での挿入を許すことかな。



スポンサーサイト
[PR]

[PR]


    posted at 00:00 | セックスの本質 | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: