FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

フーゾク嬢にとってのいい客、いやな客

 男の自分がもし女性向けのフーゾクで働くことになったとする。そう思って街行く女性を眺めていると、ああ、こんな若くて綺麗な女性ならいいな、このあたりまでなら許容範囲かな、いやこんな太って人相の悪いおばさんなら、とてもじゃないけど耐えられないな、などと想像してしまう。そしてこんな人に無理やりキスされたり、おまんこを舐めさせられたりしたら、もう1分1秒でも耐えられないと思う。ましてや本番となると、よっぼど若くて性欲の塊でもない限り、ペニスも勃起しないので仕事にならない。

 あるいは、フーゾク嬢の立場になってみて、街行く男性を眺めても、こんな爽やかなイケメンならいいな、スポーツマンでこんな格好いい人ならいいな、スーツの似合うこんな渋いおじ様ならいいな、と思う反面、不摂生な体つきのオタクや、腹も出て頭も薄くなっているさえないおじさんなんかだと、イヤだろうな、と思ってしまう。フーゾクが給料のいいのは、こうした辛さに耐える代償という意味あいもあるな、と納得してしまう。

 このことを現役のフーゾク嬢に聞くと、そりゃ、清潔感があってかっこいい、紳士的な人の方がいいにきまっているとのこと。あと話がうまくて、その場の雰囲気をつくれる人かな。
 男の側からしても、相手の女性が自分のことを気に入ってくれているというのは、分るものだ。中には、話をしていて「ドアを開けた瞬間に、『やった』と思ったよ」と言われたこともある。ということは、その反対もあるということだ。

 いやな人に体を触られたり、フェラさせられたりするのは、それは耐えられないだろうな。ましてや挿入までされたら、それはもっとイヤだ。そのストレスが溜っていって、いつしか、辞めたくなってしまう。中には精神的に病んでしまう子もいる。
 これは料金が定額であるからくる問題ともいえる。女性が相手をみて値段を決めるシステムであれば、ストレスも軽減されるのではないかな、とも思ってしまう。

 相手によって女性が値段を決めるシステムをフーゾク嬢に話してみると、そういうえり好みをしているのも新人の間で、慣れてくると、相手の年齢や容姿はあまり気にならなくなるという。
 ここが、男と女の違いかな。基本的に能動的な男は、性欲があっても、誰でもいいというわけではない。それなりに魅力がないと、勃起しないし、やりたいとも思わない。しかし、基本的に受け身の女性は、相手が誰であれ、とりあえず股間を開けば、セックスは成立してしまうのだ。ここに、男性向けのフーゾクはいろいろあっても、女性向けのフーゾクが成り立ちにくい理由があるようだ。

 フーゾク嬢に言わせると、いい客、いやな客というのは、客の年齢や容姿ではなく、むしろ遊び方だという。高いお金を払っているのだから、それだけのことをしろ、とばかりに色々と要求をしてくる男、しつこい男というのが一番、イヤだという。夜だと酔っ払いも多くて、一方的な男が多いという。
 要は、対等な関係ではなく、女性を性欲処理のモノ扱いするような男が一番、いやだということだ。まあ、これって人格の否定にもつながるからね。

 あと、イメクラなど、本番なしの店なのに、素股の隙に無理やり入れてこようとする客もイヤだという。お店自体は気に入っていても、毎回、客が入れようとしてくることがイヤになって、店をやめてしまうという子も多い。かくいう自分も、相手がその気になってくれば、入れてしまうことはあるけど、絶対に無理やりにはしないけどね。

 男のテクでいうと、本当にテクがあって、メロメロにイカされてしまうのも、体調のいい時や、自分のエッチな気分になっている時ならいいけど、毎回だとイキ疲れてしまうという。テクがなく、かえって乳首やクリ、膣内が痛くなってしまうのも困りものだが、一番困るのは、自分はテクがあると思い込んでいて、ずれた愛撫を延々と続ける勘違い男だという。

 今はホテルに女の子が派遣されるのがほとんどだ。女の子も、きれいなホテルに呼ばれると気分も乗るという。部屋がきれいなだけでなく、ホテル代を惜しまない客は態度も落ち着いていて、ガツガツしていない。逆に、安いホテルだと、気分も今ひとつだという。そしてそういうホテルの客は、遊び方も元をとろうと、しつこいとのこと。
 まあ、これなんか、落語の遊郭ものを聞いていると、よく似た話がたくさんある。昔も今も、遊び慣れた客というのは、お金に執着せず、きれいに遊ぶ客ということかな。



スポンサーサイト
[PR]

[PR]


    posted at 00:00 | 今どきのフーゾク | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: