FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

椅子取りゲーム「改」穴埋めゲーム

 遊び方は椅子取りゲームの要領でやる。つまり10人の女がいたら、11人の男が、椅子を奪い合い、あぶれた男は失格となる。

 但し、この遊びは、椅子に座る代わりに、膣にペニスを挿入するのだ。笛が鳴ったら、股間を開いている女のオマンコをペニスで埋めるというもの。あぶれた男は失格となる。

 女は、床に座ってM字開脚しているか、椅子に座って、M字に開いておく。男はいつでも入れられるように、常に勃起させておかなければならない。
 笛が鳴ると速攻で、男が奪うように近くの女に駆け寄り、他の男に入れられる前にペニスを入れなければならないので、みなレイプするかのように速攻で差し込んでくる。二人の男が一人の女に殺到するところは、大変だ。女からみたら、二本の勃起したペニスが近づいてきて、二人して競うように膣に入れてこようとする。そんなことを期待しているから、女の股間も入れられる前からヌレヌレだ。

 但し、入れても男は腰を振ってはいけない。最初はじっとしていなければならないのだ。そして審判の合図があると、おもむろに腰を動かすことが許される。皆、次の回があるので、激しく腰を振る男はいない。そして輪の中でイッテしまう女性が出ると、その女性が退場となる。女性としても最後までゲームを楽しみたいので、イカないようにはしているけど、毎回違う男に入れられる興奮から、イキやすくなっている。これでまた一人男があぶれる状態にもどり、ゲームが再開される。万一、入れた状態で男が射精してしまったら、男女とも失格となる。

 こうして、最後の一組になるまでゲームが続けられる。運良く最後まで残ったカップルは、皆に取り囲まれる中、セックスできる。そして女がイば、ここでゲームオーバーとなる。男が射精しても、ゲームオーバーとなる。しかし、ここまで残った男は絶倫が多く、次のプレーのために、射精を我慢することが多い。

 こうして優勝カップルが、気持ちよさそうにセックスすると、また最初からゲームがはじまるのだ。
 10人の女なら、少なくとも11人の男が必要だ。輪から外れる女は、イかされてしまったか、男に中出しされたかだ。外れる男は、椅子取りに失敗したか、挿入してもあえなく射精してしまった男となる。
 回が進むに従って、興奮も高まるので、数人の女がイッテしまうか、数人の男が射精してしまうなんてことも起る。なので、10回やらなくても、4~5回で最後のカップルになることもある。

 男にとっては、初回であぶれてしまえば、1ゲーム目では、一度も挿入も射精もできないことになる。勝ち残っても、椅子取りに負けた時点で、射精せずに終ってしまう。だから、中には途中で好みの女に挿入したところで、敢えて射精してしまう男もいる。その方が第二ゲームまでに精力を回復する時間もあるしね。最後まで残った男は、全ての女性に挿入することができるので、おいしいと言えばおいしい。しかも、最後は皆が羨ましそうに見ている中で、中出しができるわけだからね。

 女からみたら、イカされてしまったら、その時点で退場となってしまうので、なるべくイカないようにギリギリのところで我慢している。まあ、それがまた快感なんだけどね。勝ち残るほど、多くの男のペニスを味わうことが出来るしね。しかし、自分はイクのを我慢しても、男が射精してしまったら、その時点でゲーム・オーバーとなってしまうので、勝ち負けは男次第というところもある。男には射精を我慢して欲しい反面、自分のおまんこで気持ちよくなって欲しい、という複雑な気持ちだろうね。

 イキやすい女は、何度もイカされるけど、一度も中出しされずにゲームが終ることもある。それぐらいなら、途中で脱落してもいいから、中に出して欲しい、と思うものだ。反対に、女の中には、毎回のゲームで中出しされる女もいる。
 男も女も、イク、イカない、射精する、射精しない、中出しされる、されないの違いはまちまちだ。まあ、これがこのゲームの面白いところだろうね。

 繰り返すごとに興奮が増していくこのゲームは、男の勃起と射精が可能な限り、何ゲームも繰り返される。というか、途中から男がギブアップしても、興奮した女がそれを許さず、フェラや前立腺マッサージなど、強引に勃起させては、延々と続けられると言った方が正確かな。まあ、男としても他の男に負けたくない、という思いもあるし、勃起さえすれば、うまくすれば最大で10人の女に生挿入し、中出しができる、またとないチャンスだからね。



スポンサーサイト
[PR]

[PR]


    posted at 00:00 | Hなお遊び集 | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: