FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

かつてあった「生脱ぎ」のお店

 今はもうなくなってしまったけど、ブルセラが全盛のころ、都内某所にさらに過激な「生脱ぎ」のお店があった。「生脱ぎ」とは、女の子がその場で履いているパンティーを脱いでくれるというものだ。以前から雑誌などで知ってはいたけど、意を決して行ったことがある。きっかけは、TV番組で店内に入るルーズの女子高生や店内の様子が映し出されたの見たからだった。テレビは批判的に報道していたけど、マニアからみたら、ウワーこれ凄い!という報道であった。こうなっては、一度はいってみないと...という思いで...

 店内のカーテンの奧に、女の子が待機している部屋がある。しかしその部屋に入る前のチェクが厳重すぎて、ちょっと興ざめだが、とりあえず入ってみる。ウワー、TVどおりだ、いるわいるわ、20人ぐらいの明らかに現役の女子高生が! しかも全員ルーズのミニスカ! マジックミラーになっているようで、向こうからこちらは見えないとか。数分で前後の組が交代する。しかしそれにしてもこの日本で、こんな店、やっていいのかな?と思うほどだ。

 落ち着いてきてじっくりと女の子を見渡すと、レベルはいい。ごくごく真面目そうな子もいれば、金髪、ガングロっぽい子も混じっている。全体としてはどの子もパンティーでも舐めたくなるぐらいのレベルではある。真面目そうな子もよかったが、一番の美少女っぽい子を指名した。

 個室に入って待っていると、マジックミラー越しに、目の前でパンティーを脱いでくれ、袋にいれて下の小さな窓口から渡してくれた。奪うようにそれを受け取り、袋を開いてパンティーを手にした。白地に小さなグリーンの模様のはいった、かわいらしいパンティーだ。さっそく裏返してみると、まだ湿ったうす茶色のシミが点々とついている。匂いを嗅ぐと、ううん、やはり女のアソコの匂いが、なんか焦げ付くような、薬のような匂い....

 鑑賞タイムのため、彼女が一度部屋を出て、別なパンティーを履いている間にも、僕のペニスはもうギンギンに! 下半身裸になり、早くも匂いを嗅ぎながら、ペニスをしごいた。いよいよ、彼女が入ってくる。指定した通りのポーズで立ってくれる。最初は、スカートをめくった状態! ううん、張りのある太もも! スベスベした肌! 思わずガラスに近づいて頬ずりしたくなる。もっといえば、更にお金を出すから、そのオマンコ、入れなくてもいいから、お願い、舐めさせて! といった感じだ! 

 このポーズで早くも、射精準備完了となってしまった。続いて、お尻をつきだした状態...時間を見計らいながら、どこで射精しようかと、考えながらも、食い入るようにパンティー姿の彼女を見る。その子のパンティーの匂いを嗅ぎながらというのは、異常に興奮する。おもいきって全裸になり、こちらもペニスを突き出したり、思い切りイヤらしいポーズでしごき続けた。

 室内で射精すると匂いが残るとかでコンドームを渡されているが、こんな中に出せるか、豪快に飛ばしたかったけど、仕方なくパンティーを入れるための袋にペニスの先をつっここんだ時だった、袋の入り口にペニスが触れたせいか、にわかに射精感がこみ上げてくる。まだ時間があるのに....と思いながらも、もう止まらず、ドクドクと袋の中に精液が貯まっていった。パンティーをくわえながらのオナニーはいつもこんなふうに、とめられずに突然、射精がやってくる。これがまた気持ちいいんだけどね。
 鏡の向こうではまだ彼女が姿勢をとっている。ビニールの袋にまだ固いペニスを突っ込んだまま、息を整えながら、その姿に食い入っていた。

それにしても、このパンティー、本当に一点ものかな? かわいい子が指名が殺到するから、一日何枚も汚せないし...それにオシッコの匂いが皆無だったのが、気になる。あと、縦筋にそって汚れているのではなく、まるでスポイトで落としたように点々と汚れている。さらに、数日たつと、あの匂いが完全に消えてしまった。あの匂いというのは普通は数日では決して消えないものだけど....人気のなさそうな子を指名して見れば、分かるかな.... 

 パンティー好きにはたまらない店だけど、それにしてもパンティー9000円は高すぎない? 5000ぐらいなら、通うんだけど....あと、理想はこちらがしごいているところを彼女に見てもらえたら、さらに最高なんだけどな...それにしても、こんな店、アリなの?と思うほどだった。案の定、その店は直ぐに閉店になってしまった。いや、開いているうちに行けてよかったかな。


スポンサーサイト
[PR]

[PR]


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: