FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

射精後のクンニに感激する女

 クンニ好きな男にもいろいろなタイプがある。真性のM男で、S壌に強制的にクンニさせられることに興奮する男もいれば、奉仕系Sで、女をイカせることに精神的な満足を覚える男もいる。前者の場合は、射精を許されない場合もあるし、最後のご褒美として射精させてもらえることもある。舐め犬なら、射精をともなわないことも多い。
 
 後者の場合、クンニでイカせたあとは、やはり即挿入というプレーが多いかな。クンニで一回イッテいると、挿入してからの感度もまるで違うからね。奉仕系Sにとっては、クンニと挿入は同じぐらいの割合で重要だし、どちらか一方が欠けるということもない。なぜなら、両方のテクを駆使すると、相乗効果があるからだ。それと、クンニすることによって自分自身のテンションも上がるので、フェラをしてもらわなくても、いつでも即挿入可能となるからだ。従って、この場合のクンニは、女性に対する前戯だけでなく、自分自身の興奮を高める意味もある。

 それ故、一度、射精してしまうと、いくら奉仕系Sの男でも、もうクンニをすることはない。まあ、中には 「お掃除クンニ」 をする男もいるだろうが、これは例外的なことだ。しばらく休憩して、また二回戦という時なら、再び前戯としてクンニをすることはあるだろうけど、射精した直後ではない。

 クンニされる女の方も、挿入前に男がクンニしてくるのは、自分をイカせるためだけでなく、男にとっても興奮する行為であることを知っている。そして、一度、射精してしまうと、もうクンニしたいという気になれない、ということもよく知っている。
 だからこそ、女にとっては、射精後でもクンニしてくれると、驚くし、もの凄く嬉しくなるものだ。「この人、本当に私のことを愛してくれているんだ」 とね。そうでなくても、「この人、本当に私のおまんこが好きなのね」 と、女としても嬉しくなる。それに何よりもオーガズムの余韻が残っているので、何とも気持ちいいのだ。

 挿入前に舐める男は多いけど、射精して賢者モードになっても、まだ舐めてくれる男はほとんどいない。それだけに、射精後でもクンニしてくれると、女は男の舐める事への熱意を感じ取る。そしてそん男に心を動かされてしまう。もし何度も連続してオーガズムを迎えた後であれば、あまりの心地良さに、そのまま眠りについてしまうこともあるぐらいだ。
 おまんこが敏感すぎるなら、アナリングスでもいい。男に対する感謝の気持ちと、肉体的な心地良さで、眠りにつけるなんて、幸せな女だと思うね。男としても、そんな気分を是非、味あわせてあげたいものだ。



スポンサーサイト
[PR]

[PR]


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: