FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

女にとっての 「直飲み」 と 「顔面放尿」

 同じオシッコ系のプレーとしても、「直飲み」 と 「顔面放尿」 は似て非なるものというか、全くの別物だ。それは男にとっても、女にとってもね。  
 男からみて、「直飲み」 は、クンニの過程の中の一つの頂点として存在する行為であり、あくまで愛情表現だ。これは好きな女でないとできない。好きでなくても口の中に入れることはできるかも知れないが、飲み込むとなると、好きな女でないとできない。

 まあ、奉仕的Sのタイプの男なら、クンニの延長線上として、この行為を受け入れることができる。「それで女が興奮し、気持ちよくなってくれるのであれば」 と言う感じだ。もっとも、奉仕中の男も、実はものすごく興奮する行為で、その間、ペニスがカチカチに勃起しているのはもちろん、時には手も触れないのに射精までしてしまうことがある。
 
 「顔面放尿」 は、愛情表現とは限らない。身体で受けるのはまだいいとしても、顔にオシッコを浴びるなんて、男にとっても屈辱的だ。目に入ればしみるし、鼻に入るとむせる。口にはいるとしょっぱいし、髪の毛までオシッコくさくなる。これで興奮するのは、真正のMな男といえるだろう。

 では、女からみたらどうか? クンニ中にお漏らしし、直飲みされるというのは、女にとってなんとも言えない、気持ち良さがある。だいたい、クンニされること自体、気持のいいことだし、イカされてしまうこともある。加えて、我慢していたオシッコをお漏らしするだけでも、軽いオーガズムに似た快感がある。これをクンニされながら味わうわけだから、それは気持いいはずだ。

さらにそのオシッコを、男においしそうに飲まれてしまうという精神的な感動も加わるので、これはもう未知の世界の快感だ。そう、この時の女の心には、実に複雑な感情が交差する。お漏らしし、飲まれる度に送り込まれる気持ち良さに加え、恥ずかしさ、申し訳なさ、全てを受け入れてくれた嬉しさ、などなどが押し寄せてくる。

 一方、横たわる男の上に立って、オシッコを男のペニスや顔の上に放尿する場合はどうか? とてつもなく恥ずかしい行為をしている、何かいけないことをしている、という背徳感はこちらにも、十分にある。これはこれで、放尿している間、なんともいえない快感を感じている。「ごめんなさい」 とか言いながらも、止らないオシッコ。
 顔にかけていると、当然、口の中にも入り込んでいくのが見える。場合によっては、男が 「ゴクリ」 とそれを飲み込むこともあるだろう。その恥ずかしさは、目の前で見えるだけに、ある意味、「直飲み」 以上かもしれない。

 そう、こちらの方は、される男にとっても、奉仕系Sというよりは、真正のMに近い。それだけに、女としても 「奉仕系M」 というよりは、「真正のS」 に近い感覚を味わえる。「私って、こんなことをする女だったんだ、こんなことをして気持よさを味わっているんだ」 という思いが頭をよぎることだろう。

 女にとっては、男の顔の上での放尿は、直飲みのような 「肉体的な快感」 をともなわないだけに、つまり精神的には非常にクールな状態でこうしたアブノーマルな行為をするため、恥ずかしさ、背徳感という点では、こちらの方が上となる。

 このように、女にとってもこの二つの行為は、共に強烈な印象を残すが、まったく別ものだ。「では、二つのうち、一つだけを選ぶとすると、どちらを選ぶ?」 と聞くと、女の答えはほぼ決まっている。「それは、クンニされながら飲まれる方かな」 となる。
 それほどまでに、この行為は、女にとっても一度経験すると、忘れられない快感となって、心身に深く刻みこまれるのだ。



スポンサーサイト
[PR]

[PR]


    posted at 00:00 | おしっこの快感 | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: