FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

おしっこの興奮は味か量か?

 男にとって、女のおしっこを直飲みするのって、ものすごく興奮するものだけど、その興奮の度合いは、相手の女性との関係や、おしっこを飲む姿勢にくわえ、おしっこの味と量によっても大きく変わる。ここでは、特に、おしっこの味と量の違いについて、男の本音を語ってみたい。

 女性のおしっこの味って、体調やその前に飲んだ物などによって、微妙に異なる。概して、朝一番は濃いと言われている。おしっこも濃縮されていて、色も濃く、しょっぱさも格別だ。逆に、水分を大量にとった後だと、意外と水っぽいおしっこで、アンモニア臭も、しょっぱさもそれほど感じないことがある。構えていた時だと、ちょっと拍子抜けするほどだ。中には、ほのかに甘い味のするおしっこすらある。

 まあ、初心者には、こうした薄味のおしっこだと、飲みやすいかも知れない。しかし、上級者には、ちょっと物足りなく思うこともある。おしっこらしくないのだ。反対に、濃厚でアンモニア臭もきつく、しょっぱいおしっこだと、チョロチョロと漏れただけで、味の濃さは分かる。「むっ」 とくる匂いと味に、期待と怖さが交差し、ドキドキする。こんなものをオレは飲もうとしているんだ、と背徳感も凄い。

 しかし、その濃いおしっこが実際に口の中に入ってくると、飲む前の期待とは裏腹に、まるで海水のようなしょっぱさに、喉が痛くなるぐらいだ。そして 「こんな濃いの、飲んで大丈夫なのかな?」 という不安もよぎる。いかにもおしっこらしいおしっこを飲んでいる興奮と、辛さとの狭間で、「どうしよう…どうしよう」 「できれば、早く止まって欲しい」 という気持ちになってくるのだ。

 では、量はどうか。女性がどれだけ一杯おしっこを溜めていても、いざ男の口の中に出すとなると、なかなか緊張して出ないものだ。なので、男としても、どれだけの量がでるのかは、飲んでみないとわからないのだ。まあ、この緊張感がいいのだけどね。
 最初はどの女性も、出だしは 「チョロチョロ」 だけど、そこで止まってしまう女性と、その後、豪快に 「ジャー」っ と出る女性とがいる。この違いも男には予想できない。

 味が薄めで飲みやすいと、「これならいける、どんな大量でも大丈夫!」 と思うものだし、逆に、辛くなるほどの濃さだと、「うわ、これで大量にでたら、どうなるかな」 とちょと不安にはなる。そして、薄めのおしっこが途中で止まってしまうと、「もっと飲ませて!」となる。逆に、濃いめのおしここが止まってしまうと、内心、ちょっとほっとするかな。

 問題は、期待どうりというか、おしっこが大量に 「ジャー」 っと出続けた場合だ。薄めので飲みやすい味でも、さすがに大量に出続けると、息をする暇もなく、「ゴクゴク」 と喉を鳴らしながら、飲み続けなければならない。しかも、どれだけの量がでるのかは、全て出し終わってみなければ分からないのだ。

 最初の内は、自らの意思で飲んでいるのだけど、あまりに大量だと、途中から 「飲まされている」 と いう感覚になってくる。 「一体、どんだけ出るんだ!?」 と軽い、パニックにすらなる。今までの経験で、一息で飲んだ最大の量は、大きめなコップ2杯分ぐらいかな。 「ゴクゴク」 という喉を鳴らす音が30回ぐらいも連続したことがあった。さすがにこの時は、飲んでいる途中から、急にMのスイッチが入ってしまい、めちゃ興奮した。気がついたら、手も触れていないのに、お漏らしするかのように、半分ぐらいの精液が亀頭からタラタラとこぼれ出てしまったほどだった。

 また、ある時は、20回ぐらい、「ゴクゴク」 と喉を鳴らしながら飲み、止まったところで 「ハアハア」 と深呼吸しながら、一滴もこぼさずに飲んだ満足感に浸っていると、「また出ちゃう」 とまたおまんこを押しつけられ、さらに20回ぐらい、「ゴクゴク」 と喉を鳴らしながら飲んだことがあった。この第二ラウンドは、完璧に 「飲まされている」 という感じで、めちゃめちゃMっ気が刺激されたね。総量としては、この時が最高記録かな。

 こうした経験を積んでいくと、おしっこの味は濃ければ濃いほど、男としては興奮する、ということだ。ただし、あまりに濃いと、途中からは興奮よりも辛さが出てくる。そして量は、多ければ多いほど興奮するということだ。
 しかし、どちらがより興奮するかというと、やはり量の多さだろうね。濃い味だけでは、頭が真っ白になり、飲みながら手も触れずに射精してしまう、ということはない。しかし量が想像を超える場合、途中で「飲まされている」 というMの感覚にスイッチしてしまい、背徳感とは別の興奮が加わってくるのだ。

 こうしてみると、濃い味のおしっこを大量の飲むのが、最も興奮するという理屈になるかな。そういえば、大量のおしっこを「ゴクゴク」 と30回も喉を鳴らしながら飲んで射精してしまった時も、しょっぱくて濃いおしっこだった。

 なお、初めての体験でも、男の口に 「ジャー」 と勢いよく、全てのおしっこを出し切ることのできる女性って、どちらかというと、性に対してオープンで、多少はSっ気のある女性が多いかな。そういう女性だと、「飲まれる恥ずかしさ」 と同時に 「飲ませる快感」 にも目覚めてしまうので、二回目以降は、もっとハードなプレートなることが多い。おしっこも、会う前に目一杯、溜めてくるしね。それだけに、濃さはないけど、とにかくその量に圧倒され、大いにMっ気が刺激される。

 

スポンサーサイト
[PR]

[PR]


    posted at 00:00 | おしっこの快感 | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: