FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

奉仕系Mとしてのおしっこ飲み

 おしっこを飲ませる女にも、MとSがあるように、おしっこを飲む側の男にも、MとSがあると思う。SMクラブなんかは、その役割がはっきりとしていて分かりやすい。客におしっこを飲ませる女はどう見てもSだし (少なくともそれを装っている)、飲む側の男は完璧なMといっていいだろう。おしっこ系のAVも、ほとんど全てこの路線で、いやがる男の顔や口に容赦なくおしっこを浴びせるというのが多い。さらには、ペットボトルやチューブなどを使って、強制飲尿というのもある。

 ところが、僕に言わせると、おしっこを飲む男の全てが完全なM男かというと、そうでもないと思う。少なくとも僕はね。初めてのおしっこ飲みに挑戦した時には、M的な背徳感に対する好奇心がなかったとは言わない。しかし、実際におしっこを飲んであげると、女もそれまで味わったことのない興奮を覚え、自分の全てを受け入れてくれた、と感動もする。この女性の興奮と感動があるからこそ、おしっこを飲んであげることができるのだ。これって、単純なSやMの世界ではなく、「奉仕系M」 の世界だと思う。

 だから、好きでもない女のおしっこは決して飲むことはできない。あくまで好きになって、彼女を喜ばせてあげたい、と思わせる女でなければ、とてもできるものではない。誰のでもいいから飲みたい、というわけでは決してない。
 それに、いくら慣れても、おしっこそのものは、決しておいしいものではない。薄味のならまだいいとしても、濃いやつだと、しょっぱいし、苦いし、アンモニア臭い。コップにとっておいたりして、時間が経ったものだと、とても喉を通るものではない。

 これは、残念ながら好きになった女性のおしっこでも、例外ではない。あくまで、興奮している生身の女性の尿道から直接、口の中にそそがれるからこそ、なんとか飲めるのであって、そうでなければ、なかなか辛いものがある。あと、自分でも興奮していることも、条件かな。なので、一度、射精してしまうと、口に受けることはできるけど、飲み込むとなると、やはり辛いものがあるかな。
 時には、おしっこを飲みながら、「おいしい」 と感じることもあることはある。あまりしょぱくないおしっこで、自分も相手の女性ももの凄く興奮している時など、そう感じることがあるけどね。これって、きっと精神的な要素が強いと思う。

 自分の興奮のためではなく、あくまで女を喜ばせようとして飲んでいることは、相手の女性にもしっかりと伝わる。というのも、無理やりに、まずいものを飲まされているのとは真逆だからだ。どういうことかというと、その女性を愛おしく思うあまり、その女性の体から出るもの全てが愛おしく思えてきて、自分の体内に入れるわけだから、一滴もこぼさず飲みたいと思うし、何よりも、おいしそうにゴクゴクと喉を鳴らしながら飲んでくれるからだ。

 全て飲み終わった後に、おしっこだらけの股間を舐めてあげるのも、ヘアーや大陰唇についたおしっこの滴まで、全て飲み込んであげたいからだ。そんなお掃除クンニをされたら、女としては、感動しない訳がない。ほとんどの女性は、飲んでもらったあとに、心から 「ありがとう」 と言ってくれる。S壌は決してそんなことを言わない。

 ただ、面白いのは、初めておしっこを飲まれた女は、恥ずかしくてたまらず、どちらかというと、Mっ気を刺激される。ところが、慣れてくると、男におしっこを飲ませるという、精神的な快感に目覚めていき、かなりSよりになっていく。逆に、男の場合も、最初は女に恥ずかしさの極致を味あわせてあげよう、興奮させ、喜ばせよてあげよう、という、どちらかというとSよりな立場からスタートしても、徐々に、おしっこまで飲んでしまっている自分に興奮していき、Mよりにシフトしていくことは確かだ。

 それでも、好きでもない女のおしっこはやはり飲めないし、完全な自己満足というか、自分の興奮のためだけに飲むことはない。自分でも背徳的な興奮を味わっていることは間違いないけど、やはり相手の女性に興奮して、気持ち良くなって欲しい、異次元の快感を体験して欲しい、という気持ちが消えることはない。まあ、正直いうと、この両方の比率は、50対50という感じかな。

 おしっこを男に飲まれた女性の体験談なんかを読んでいると、Sな男も少数いるけど、どちらかとうと真性のMな男が多いようで、僕のような奉仕系のMの男は、それほどいないようだ。でも、こうした 「対等」 な関係のプレーというのも、男女ともに、SとMの両方を味わえるわけだから、悪くないと思うけどね。



スポンサーサイト
[PR]

[PR]


    posted at 00:00 | おしっこの快感 | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: