FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

恥ずかしそうに飲まれるM女 VS 無理やりに飲ませるS女

 女のおしっこプレーにも、MとSの要素があるものだ。男が介在しない、放尿やお漏らしプレーですら、MとSの要素がある。してはいけないところでお漏らししてしまうとか、知らない人に見られてしまうかもしれない所での放尿などは、M的な快感だろう。反対に、女の豪快な立ちションなどは、M的というよりは、S的かな。

 これに男が介在すると、さらにSM的な要素が強くでてくる。特に体への放尿だけでなく、男の口にしたり、男に飲ませる場合がそうだ。生まれて初めてのおしっこプレーの場合、女にとってはめちゃめちゃ、恥ずかしい行為だ。ましてや男の口におしっこをしたり、それを飲まれてしまうのって、あり得ないぐらいに恥ずかしく、興奮してしまう行為だ。この場合、女性は興奮よりも恥ずかしさが勝るので、M的な快感を得ることになる。

 反対におしっこプレーにも慣れ、男の口にめがけておしっこをする快感や、それを無理やりに飲ませる快感に目覚めた女性の場合、完全にSの快感を得ることになる。もちろん、おしっこを飲む側の男には、女性が恥ずかしがっているのか、飲ませることに快感を感じているのかは分る。

 恥ずかしがっている場合、男の顔を直視することは希だし、出し方も遠慮気味だし、おしっこも途中で止まることが多い。腰もガクガク震えてしまうし、出している間、呼吸も止まってしまう。
 対して、飲ませることに快感を覚えている女は、自分のおしっこを飲んでいる男の顔を直視するし、おしっこの出し方も容赦ない。 「いや~ん」 なんて吐息を漏らすこともなく、「ほらほらこぼしてるよ!」 みたいに、言葉で指示してくることもあるし、必死に飲んでいる男に軽い軽蔑を込めた薄笑いすら浮かべることもある。

Sの女性なら、初体験から飲ませることに快感を覚える女もいるが、概して、最初は恥ずかしさが勝る。慣れてくると、徐々に飲ませる快感が大きくなってくる。それでもおしっこを飲まれるのは恥ずかしい行為なので、多くの女性は、恥ずかしさと飲ませる快感が半々になってくるあたりで行き来しているかな。Sっ気のある女性なら、数回のプレーで飲ませる快感が100%になる。

 奉仕系Sである僕的には、恥ずかしそうに飲まれるM女の方が萌えるかな。女性の恥ずかしさが飲んでいる側にも伝わってきて、それがまた興奮を誘うからだ。この新鮮な感覚が味わえるのは、最初の一回だけだ。何事も初体験って、いいものだ。
 おしっこプレーも慣れてくると、ほとんどの女性が飲ませる快感に目覚めてくる。これはこれで、だしっぷりもよくなるので、楽しくはある。何よりも、女性が禁断の快感に目覚めていき、恥ずかしげもなく男の顔の上に跨がり、何事もないようにおしっこをしていくようになっていくのが楽しいのだ。

 ところがだ、Sっ気の強い女性だと、初回から、もしくは数回でおしっこを飲ませる快感に目覚めてしまう。こうなると、奉仕系Sも、単なるM男扱いされることになる。まあ、これはこれで興奮はするけど、「無理やり飲まされている感」 が強くなるだけに、プレーとしてはハードになり、男の側にも覚悟が必要だ。



スポンサーサイト
[PR]

[PR]


    posted at 00:00 | おしっこの快感 | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: