FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

絶頂トラックに乗る前の段階(2)

 従って、相手をイカせたければ、絶頂トラックに乗せることを目指すのではなく、「このままイキたい」 という心の転換を引き起こすことが先だ。問題はどうやって 「このままイキたい」 という心の転換を起こさせるかだ。

 男のオーガズムの場合で考えてみよう。フェラされていても、挿入が控えている場合、男は射精を我慢するものだ。最大限に勃起した状態にまでなれば、もう入れ時となる。しかし、あまりに気持ちのいいフェラだと、もう少し味わっていたい、という欲が出る。かといって、止め時を誤ると、精液が登り詰めてきてしまう。そして精液の先端が尿道をかすかに濡らしてしまうような快感を味わってしまうと、「えい、このまま出してしまえ」 という気持ちになる。英語で言うと、point of no return (もう後戻りできない) という境を超えてしまう瞬間だ。そうなると、そのまま絶頂トラックに乗ってしまい、20~30秒以内には射精してしまう。

 これは寸止めオナニーをしている時も同じだ。まだ射精するつもりはなくても、擦りすぎて精液が漏れ、尿道のかすかなウエット感を味わってしまうと、「えい、このまま出してしまえ」 という転換が起ってしまうのだ。

 セックスしている時はどうか。この場合は、相手の女性をイカせるまでは射精を我慢しなければならないので、フェラやオナニーとは少し情況が違う。男は射精を我慢するというよりも、絶頂トラックに乗らないように我慢しているのだ。万一、絶頂トラックに乗りかかってしまったら、動きを止めてじっと興奮が収まるのを待つか、思い切ってペニスを抜くしかない。

 絶頂トラックに乗らないようにするというのは、言い換えれば、「このままイキたい」 という気持ちにならないようにしているのだ。しかし、相手の女性が何回もイッテくれれば、そうした決意も揺らいでくる。もういつでも射精していいとなると、射精という快感の誘惑が大きくなってくる。そして、長時間のスラストを繰り返していると、さすがに射精感がこみ上げてくる。あとは、誘惑との戦いだ。

 その転換が起るのは、いろいろな要因がある。登り詰めた精液が尿道を濡らし始めた場合にも誘惑に負けてしまうし、相手の女性のオーガズムの興奮が乗り移ることもある。またイッタ女性の膣の痙攣が物理的な引き金となって誘惑に負けることになる。いずれにせよ、この転換には、精神的な要素もなくはないが、最大の要因は物理的な刺激だ。そしてひとたび、射精を決意すると、それまで我慢していただけに、一気に絶頂トラックに乗ってしまう。

 つまり、セックスの場合、男はギリギリまで、「このままイキたい」 という気持ちを抑えているということだ。それだけに、転換が起ると、一気に絶頂トラックに乗り、そのまま1分以内には射精となる。

 では挿入されている女性の場合はどうか。いつもセックスしている相手、いつも何度もイカされている相手であれば、体が条件反射をするので、ほぼ挿入と同時に、「このままイキたい」 という気持ちになると思う。そして男がイカせようと、激しくスラストすれば、あっさりと絶頂トラックに乗ることが出来る。

 初対面の男とセックスする場合は、最初のうちは相手の男の出方を見守っているので、スラストをされても、すぐに 「このままイキたい」 という気持ちになるわけではない。その転換が起るのは、やはり女性の場合も物理的な要因が大きい。テクニックがうまかったり、ペニスが大きくて硬かったりすると、徐々に気持ち良さが増していき、あるレベルに達すると、「このままイキたい」 という気持ちになる。ここまでどうやって持っていくかが、男の腕の見せ所となる。

 一つ言えることは、いろいろなテクを駆使するだけでなく、長い時間の愛撫なりスラストが不可欠だ。短い時間だと、瞬間的に 「このままイキたい」 という気持ちになったとしても、愛撫やスラストが止まったら、冷めてしまう可能性もある。しかし、長い時間、愛撫やスラストをされていくと、体内に快感が熱に変換されて 「蓄熱」 されていくので、簡単には消えない。それどころか、ここまで高めておいて、止めちゃうなんてあり得ないよね、となる。やはり、オーガズムまでには長い時間がかかるのだ。といっても、10分とか20分とかの世界だけどね。もし女性が十分に興奮しているなら、もっと短い時間でも 「このままイキたい」 という気持ちにさせることは可能だ。

 一度、「このままイキたい」 という気持ちになると、その気持ちは簡単には消えないものだ。体内で蓄熱された熱が冷めない限り、その意思は持続する。慣れた男なら、女が 「このままイキたい」 という気持ちになったところで焦らすこともできる。これは、イカせてもらいえないというよりも、なかなか絶頂トラックに乗ることができないもどかしさだ。しかし、本人は、「このままイキたい」 と思っているので、スラストを再開するとすぐに絶頂トラックにまた乗ることができる。
 
 こう考えると、女性の方が、「このままイキたい」 という状態でいる時間が男よりは長いということがいえるかも知れない。その幅がある故に、一気にイカせたり、反対に焦らしたりが出来るのかな。女の場合は、男と違って何回でも連続してイクことができる。なので、一気にイカせるもよし、焦らしに焦らすこともできる。
 しかし、男の場合は、一度、射精してしまうと冷めてしまうので、タイミングの調整に一回でも失敗するとそれで終わりとなる。「このままイキたい」 という状態を男が長くキープしずらいのはこれが理由かな。

 もっとも、男の場合も、相手をイカせようとするセックスでなければ、つまり手コキ (オナニーも含む) やフェラの場合、女と同じように、「このままイキたい」 という時間を伸ばすことは可能だ。これができるのも、手コキやフェラは一方的に相手を気持ちよくさせる行為だからだ。
 しかし、相手のいるセックスの場合、そうはいかない。しかも、その場合、男と女でも違いがある。これが、セックスの難しいところであり、また奧の深いところかな。



スポンサーサイト
[PR]

[PR]


    posted at 00:00 | 絶頂トラック | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: