FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

絶頂トラックに乗る前の段階(1)

 クンニにしろ、セックスにしろ、オーガズムを迎えるためには、必ず 「絶頂トラック」 に乗る必要がある。これは男も女も同じだ。イカせようと思ったら、相手をまず 「絶頂トラック」 に乗せる必要がある。愛撫もスラストも全て、その為の行為といっていい。なんとか 「絶頂トラック」 に乗せようと頑張る。

 ところが、最近、「絶頂トラック」に乗る前に、もうワン・ステップあるということに気が付いた。それは、「このままイキたい」 という気持ちになることだ。愛撫なり挿入をして、いきなり 「絶頂トラック」 に乗ってしまうのではなく、必ず、その前段階として 「このままイキたい」 という気持ちになる。これは女も男も同じだ。

 クンニをされる女性の場合、最初は気持ちよくなっても、必ずしも 「このままイキたい」 と思う訳ではない。クンニが好きでなければ、やはく終わってくれないかなと思うし、クンニを続けられるよりも、挿入の方を期待する女性もいる。しかし、気持ち良さがあるレベルに達すると、「止めないで!このままイカせて!」 という気持ちに変わる。

 この転換が起きる瞬間は、クンニしている男にはなかなか分らない。それは女性の心の中での変化だからだ。しかし、よく注意して変化をみていると、なんとなく分るようになる。全くの受け身だった女性が、自分でも軽く腰を動かしてきたするなど、急に積極的になるからだ。本人が自分でも 「このままイキたいと」 と思っている訳だから、反応もよくなる。中には男の顔を両脚で挟み込んだり、男の頭を手で押さえ込んで、股間から離れないようにする女性もいる。こうなると、「途中で止めないで」 という明確なサインとなる。

 対面で挿入されている場合も同様だ。特に初めてセックスする相手の場合、最初は気持ち良さを味わっているだけだけど、あるレベルに達すると、「このままイキたい」 と思うようになる。そうなると、スラストに対しても積極的になり、自分からも腰を動かしてきたり、男の背中に手を回してきたりする。下半身にも力が入るし、動くペニスを膣内の粘膜で絡め取るような動きをしたりする。中には両脚を男の腰に絡めて、離れられないようにしてくる女性もいる。

 クンニにしても、スラストにしても、本人が 「このままイキたい」 と思っている訳だから、受け身な状態から、自分でも積極的にイクための努力をするようになる。気持ちが入るということも手伝って、感度も増すし、よがり声のトーンもあがる。
 「このままイキたい」 という心の転換が起らない限り、絶頂トラックに乗ることはない(但し、無理やりのセックスの場合は除く)。従って、オーガズムに至ることもない。逆に言うと、「このままイキたい」 という心の転換が起れば、愛撫やスラストを中断しない限り、絶頂トラックに乗るのも時間の問題だ。男の側が一定の刺激を与えていれば、あとは女の方で、自分からイコうとするからだ。そして絶頂トラックに乗ってしまえば、20秒もしないうちにオーガズムに至る。



スポンサーサイト
[PR]

[PR]


    posted at 00:00 | 絶頂トラック | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: