FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

顔面騎乗クンニでの女の二種類のイキ方

 M字開脚のクンニではなかなかイケなくても、顔面騎乗クンニであっさりと生まれて初めてのオーガズムに達してしまった、という女性は多い。これには、顔面騎乗クンニが、女にとっても恥ずかしい姿勢で、それが女の興奮をさらに高める、という理由もあるが、それ以外にも、物理的な理由があるのだ。それはつまり、M字開脚のクンニと顔面騎乗クンニには、根本的な違いがあるということでもある。

 その違いとは、顔面騎乗クンニの場合、女が自分が気持ちいいように動くことができる、という点だ。M字開脚のクンニでも多少の上下の動きは可能だけど、顔面騎乗クンニに比べたら、ほとんどないに等しい。

 顔面騎乗クンニの場合、男も下側から必死に舌先を突きだし、ペロペロと舐めることをするけど、顔全体を動かすことはできない。何しろ、女の体重を顔で受止めているから、ロックされているしね。しかし、上にいる女は、腰全体を前後左右、さらに上下に動かすこともできる。要は、突き出された男の舌先や唇に対して、自分の膣やクリが最も感じる高さや角度、そしてスピードで擦りつけることができる。そう、男の舌をまるでオナニーの道具のように使える訳だから、自分のペースで、簡単にイクことができるのだ。

 顔の上で激しく前後運動をされると、下にいる男も負けじと舌先を動かすものの、その動きの範囲などは知れている。対して女は腰全体を大きく動かしてくるので、もう自由自在だ。まあ、男の顔の上でこんな動きができるのは、根っからSの女か、顔面騎乗クンニを相当、やり慣れている女に限られるけどね。特にM男に 「顔の上に跨がって来て」 と言われ、好きなように男をいたぶる楽しさを知っている女だと、もう容赦なく体重をかけて動き回ってくる。

 顔面騎乗クンニでのもう一つのイキかたが、男が主導権を握ったクンニだ。特に生まれて初めて顔面騎乗クンニをする女性の場合、男の顔の上に跨がりはするけど、恥ずかしくてとても自分からおまんこを密着させてくることはない。男の両手で引っ張られてようやく腰を下ろしてくる。こういう女性は自分から腰を動かしてくることはまずない。そこで男が積極的に舐め回し、最後、イキそうになって腰を浮かそうとする女の腰を引き寄せたまま、ついにイカせる、というパターンが多い。

 最初のタイプがS女なら、後者のタイプはM女に多いかな。男としては、奉仕系Sであっても、女から激しく腰を動かされたら、もうどうしようもない。M男に転化しそうな自分と必死に戦いながら、なんとか女がイクまで、女の体重と激しい動きと、苦しい息に耐え続けるだけだ。 
 反対に、上に跨がっているのがM女の場合、自分のペースで女をイカせることができる。男としてどちらがいいかだけど、僕的には、自分のペースでイカせる方が楽しいかな。しかし、真性のM男なら、顔の上で激しく動いてくれ、自分の舌を快楽のための道具として使ってもらった方が興奮するんだろうね。



スポンサーサイト
[PR]

[PR]


    posted at 00:00 | 顔面騎乗クンニ | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: