FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

「こんなに長くクンニされたことない」

 初めてクンニする女性に 「クンニでイケる?」 聞くと、「わからない、あまりクンニされたことないから」 という答えが返ってくることが多い。こういう女性は、単にクンニされた機会が少ないというだけでなく、クンニされた時間も短い、ということが多い。
 クンニによるオーガズムは、ペニスによる中イキと違って、それほど難しいことではない。クリオナでイケる女性なら、初めてのクンニでもほぼ100%、イクことが可能だからだ。つまり、クンニでイケるようになるのは回数の問題ではなく、一回のクンニの時間が問題なのだ。

 「クンニでイッタことがない」 と聞くと、俄然、イカせてあげたくなる。当然、イクまで舐めるとなると、長時間になる可能性が高いので、こちらも首が疲れないように、ベッド脇に移動してもらって、僕の方も、床に跪いてのクンニとなる。さらに股間が大きく開くように女性のお尻の下に枕を置く。また、舐められている姿を見せるために、女性の背中にも枕を置く。自分の股間に男の顔がある、という情況に興奮する女は多い。当然、部屋の明りも暗くはしない。

 クンニで初めてのオーガズムを味あわせてあげるには、じっくりと時間をかけてあげる必要がある。当然、ヘアー舐めから始まって、太股の窪みを舐めてから、やっと大陰唇へと移るという、フルコースとなる。そして小陰唇の外側と内側を舐めて、膣前庭、尿道口を舐める頃には、もう感じまくって愛液が膣口に溜まってくる。それを啜り飲むように、舌先を膣口に入れると、もう色っぽい声を上げながら快感に耐えている。そろそろと最後にとっておいたクリを、上の三角形のフードごしに間接的に責めると、絶頂トラックに乗り、あっさりと生まれて初めてのオーガズムを迎えることになる。

 「なんだ、簡単にイッちゃうじゃない」 と思いながらも、せっかくだから、もう一回イカせてあげようと、敏感になっているクリを避けるように、膣口に舌先を入れながら30秒ほどしたら、またおもむろにクリへの刺激を再開する。「一回いっちゃたから、ムリ」 とか言って身をかわそうとする女性もいるけど、ここは強引に責める。敏感になっているので、二回目のオーガズムは早い。さすがに、生まれて初めてのクンニ・オーガズムだと、二回連続がいいところなので、ここで休憩して、いろいとろ話をする。
「いっちゃたね。しかも二回も。どうだった?」
「すごい気持ちいい」
「案外、あっさりとイッちゃたじゃない」
「あんなに長くクンニされたことなかったから」
「そうなんだ」
と言って、時計を見ると、まだ10分しか経っていなかったりする。

 どうやら、今までクンニしてきた男は、10分もクンニしていなかったことになる。恐らく、割れ目やクリをチョロチョロっと舐めたら、即、挿入していたのかな。それじゃ、イケる女もイケないよね。あるいは、イキそうにないから、途中で止めちゃったのかもしれないけど、もう少し続けるべきだったと言うべきか。何分間、舐めるべきかが分らなかったのかな。その答えは簡単で、女がイクまで、舐め続ければいい。
 あるいは、そもそもクンニでイカせる気持ちが無かったのかも知れない。生まれて初めてクンニする男の栄光を手に入れたのに、イカせないでクンニをやめてしまうなんて、もったいない話だと思うけどね。



スポンサーサイト
[PR]

[PR]


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: