FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

春は駅弁

04.26.2018
春は駅弁

 清少納言の 『枕草子』 にならって、季節ごとのベストな体位を選ぶなら、きっとこうなるかな。四季折々の風情にあわせ、セックスの体位も、衣替えしないと。

 春は駅弁。春って、寒かった冬をすごし、心も体もウキウキする季節だ。おまけに新緑の緑に象徴されるように、生命力に満ちあふれ、体中の細胞がなぜか活性化意しそうな気がする。こんな季節は座位で結合し、そのまま起き上がって、激しいい欲望をはき出すかのような、情熱的な駅弁が似合う。

 夏はバック。夏って、どうしても汗をかきやすい季節だ。つねに薄着だし、浴衣でも着れば、どこででも直ぐに挿入に持ち込める。室内でも室外でも、素早く全裸になって激しく動ける季節。こんな暑い夏はあまり体を密着させず、それでいて激しく動けるバックに限る。
 四つん這いバックでもいいし、野外なら立ちバックでもいい。もちろん、射精を迎える最後の時は、寝バックに崩れてもかまわないけどね。汗びっしょりのセックスも、また夏の風物詩かな。

 秋は騎乗位。秋の夜長は、おいしいものを食べ、お風呂に入り、マッサージをしあうなど、まったり系のロングプレーがお似合いだ。となると、体位もあれこれと楽しむことになるが、やはりロングプレーとなると、体位変換の合間に、女が上になって好きなように腰を振る騎乗位がお勧めだ。
 激しいプレーの後は、騎乗位で男が体を休め、女がイキ疲れたところで、男に体の預け、そこから座位なり正常位なりに持ち込み、そしてまた騎乗位で一休み。長い夜は騎乗位を軸に、体位変換を楽しめばいい。

 冬は正常位。寒い冬は、体を密着させる正常位につきる。なので、直角正常位よりは、抱きしめ正常位がいいかな。さらに密着感を高めたければ、女が両脚を男の背中や腰にからませるといい。あるいは、結合したまま、女性が両脚を伸ばすのも、密着感が高まる。この場合、女は両脚を閉じてもいいし、開いてもいい。閉じると、男の両脚が左右から挟み込む形となるし、開くと、男の両脚を女が挟み込む形となる。
 できれば、冬のセックスは、生、中だしがいいかな。互いの粘膜の熱さを体感したあとは、膣奥で精液の熱さを味わえるからね。



スポンサーサイト
[PR]


    posted at 00:00 | セックスの体位 (エッセー) | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: