FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

FP流 コートの着こなし

 寒い季節がら、コートを着用することが多い。コートって、スーツの外側に着るものなので、実はスーツ以上に着こなしが重要となってくる。せっかくかっこよくスーツを着ているのに、外側のコートがイマイチだと、もったいない。
 ところが、スーツ同様、コートをかっこよく着こなしている男性が少ないように思う。そこで、ここではコートのかっこいい着こなしを紹介しよう。名付けて、FP流 コートの着こなし。

 コートを着るときは、その日の天気や気温をしっかりと把握し、情況にあったコートを着るべきだ。もの凄く寒い日に、春に着るような薄手のコートを着ていたのでは、寒そうで、かっこいいどころではない。逆に、太陽も照って、温かな日差しのある時に、厚手で長めのコートは重たく感じてしまう。
 昼間は暖かくても夜遅くなると寒くなるような日は、夜の気温に合わせて、厚手のコートが欲しくなる。そんな時は、日中はコートを脱いで手に持ち、マフラーだけにするのがいいかな。

 コートの丈もポイントだ。近年は短めで、体にフィットするタイプが流行だけど、暖かめの日は、短めの丈でもいいが、寒い日は、長めの方がかっこいい。もっとも、これは身長とも関係していて、身長の高い男性は、短めの丈よりも長めの丈の方が似合う。反対に、背の低い男性が丈の長いコートを着ると、背の低さが強調されてしまう。

 コートの種類だけど、近年はトレンチ、ダブル・トレンチはあまり流行していない。なので、これを着こなすには、相当のセンスが求められる。ビジネス用の定番は、ステン・カラーのコートかな。これって、基本的にエリを立てて着る方がかっこいい。
 ちょっとフォーマルになると、スーツのラペルと同じラペルの形状をした、チェスター・コートがある。ラペルの角が尖ったピークド・ラペルになると、さらにオシャレになるがそれだけに、着こなしが難しくなる。寒い時には、チェスター・コートのエリを立てるのも、許されるかな。エリがはじめから立った、ハイ・カラーは、ぐっとカジュアルになる。周末なら、これをスーツに合わせるのもオシャレだ。

 色は、近年は黒か濃紺が圧倒的だ。たまに、キャメルやグレーもある。黒か濃紺は同系色のスーツとの相性がいい。キャメルのコートを着るならスーツも茶系に、グレーのコートならスーツもグレーと合わせるのが基本だ。当然のことながら、茶系のコートを着るなら、靴や鞄の色も茶系にしたい。

 コートにマフラーは不可欠だ。なぜって、スーツとコートって、同系色になりがちなので、違う色と素材によるアクセントが必要だからだ。その色合わせもオシャレの基本となる。同系色のモノトーンで合わせるのが基本だけど (キャメルのコートには濃いめの茶など)、意外な色合わせも面白い。例えば、濃紺のコートには白、黒のコートにはシルバー・グレーとかね。たまに真っ赤なのをみかけるけど、目立ちすぎで合わないかな。あと、生地の質感なども合わせる必要がある。男性でも長いストールをグルグルと巻くことがあるが、これは目立つだけに、なかなか着こなしが難しい。センスに自信がないときは、マフラーが無難かな。

 そう、マフラーだけど、お店で習ったのか、ミラノ巻きなど、結構グルグルと巻いている人が多い。寒い時は、マフラーを巻きたくなるけど、これが似合うのは制服姿の女子校生みたいに、スーツだけの時かな。しかも、かわいさが出てしまうので、大人の男を演出したければ、巻かないことだ。

 基本的にマフラーが一番かっこよく見えるのは、ダラリとストレートに垂らした時だと思う。これは次に述べる、コートの着こなしとも関係してくるが、その方がマフラーにもドレープが生まれるからだ。より複雑なドレープを出したかったら、二つ折りにせず、首に掛かる部分を両手で蛇腹のように集めた上で掛けるといい。派手な色のマフラーで、帯びみたいにドレープが出ていないと、袈裟みたいに見えてしまう。

 着こなしの話に入る前の大前提として、スーツ同様、コートのポケットに形が崩れるほどいろいろと物を詰め込んだり、肩から鞄を掛けたりするのは論外だ。せっかくの美しいラインが台無しとなる。但し、マフラーを畳んで、無造作に片方のポケットに入れるのは、許されるけどね。

 コート本来の形を維持するためには、このほか、毎日同じものを着ないようにするとか、使用後には必ずブラッシングをするとか、サイズの合うハンガーに掛けておくなど、手入れを怠ってはならない。これを怠ると、途端にシワシワとなる。電車の椅子に座るのも、シワをつくる原因だ。なので、コートを着たら、立っているぐらいの気遣いが必要だ。

 さて、いよいよ着こなしだけど、コートに限らず、衣服を美しく見せるのは、ドレープだ。ギリシア彫刻を思い起こして欲しい。あるいは、カーテンのドレープが風でそよぐ姿を思い起こしてもらってもいい。
 コートを着ていてドレープを生み出すには、ボタンをかけず、前をヒラヒラと空けておくことだ。「風に当たって寒いじゃないか」 と思われるだろうが、そこはしばしの我慢だ。(ポケットに物を入れないとか、肩に鞄をかけないというのは、このコート本来のドレープを出すためにも必要なことだ。)

 コートの前が空いていると、スーツとワイシャツ、それにネクタイも丸見えとなる。これにダラリと垂らしたマフラーが加わる。ドレープをさらに出すには、コートの両方のポケットに両手を突っ込んで、軽く左右に広げるか、ズボンのポケットに両手を突っ込んで前を大胆に開いてもいい。

 長いコートが最もオシャレに見えるのは、この時だ。丈が短いとドレープがあまりでないが、丈が長いとドレープも綺麗にでる。まして風があると、自然と長いコートの裾が揺れる。
 もっとも、近年流行しているぴっちりしたコートだと、このドレープがでない。また、素材が硬くても自然なドレープがでない。なので、ドレープを綺麗に出すためには、ゆったり目の、素材の柔らかい (即ち、いい素材の) ものを選ぶ必要がある。
 丈が長めの日本の着物も、「裾捌き」 が優雅な着こなしのコツと言われるように、同じ事はコートにも言えるのだ。



スポンサーサイト
[PR]

[PR]


    posted at 00:00 | セックスと男のファッション | CM(1)

この記事に対するコメント


私もサラリーマンなので、コートの着こなしは同感です。スーツを格好良く来ている人は、セックスも上手い傾向にあると思いますし。しかし、珍しくエロくない話だったので、吹いてしまいました。笑 失礼しました。
【2018/02/15 12:31】 URL | かず #- [ 編集 ]


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: