FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

四つん這いバックでやってみて初めて分る 「上付き」

 男はセックスする相手の女性が、「上付き」 か、「下付き」 なのかはほとんど、気にしないものだ。「上付き」 というのは、お尻の穴と膣口との間が開いている場合 (つまり膣口がお腹側に寄っている)、「下付き」 とは逆にお尻の穴と膣口との間が近い場合 (つまり膣口がお尻の穴側に寄っている) を言う。中には、そういう分類があることすら、知らない男もいる。それに、ほとんどの女性は、標準的な位置にあり、極端な 「上付き」、も
 しくは 「下付き」 の女性の割合って、そんなに多くはない。従って、数多くの女性と経験しない限り、極端な 「上付き」、もしくは 「下付き」 の女性と巡り会う機会もない。

 普通、セックスして最初に挿入する時って、正常位が多いと思う。この場合、どのみち、挿入しやすいように女の両脚を高く掲げて、膣口を露出させる。この時点では 「上付き」 「下付き」 の区別はつきにくい。屈曲位でやっている限り、「上付き」 「下付き」 は関係ない。挿入を果たして、女の両脚を真っ直ぐに伸ばしたとき、やや影響が出てくるかな。「上付き」 だと、女の両脚をピタリと閉じても、
 ペニスが抜けることはない。逆に 「下付き」 の場合、挿入が浅めになる。しかし、男はまだこの時点では、はっきりと分らない。それにペニスの硬さと長さもあるからね。長くて硬いペニスだと、「下付き」 でもあまりハンディ-はないかな。

 ところが、四つん這いバックにした瞬間、「上付き」 「下付き」 の違いがはっきりと出る。「下付き」 の場合は何ら問題がないので、気が付かないが、「上付き」 の場合、大いに問題が生じる。それは、挿入しにくいのだ。正常位では楽な挿入が楽しめる 「上付き」 でも、反対に向くと、膣口が下側に行ってしまうのだ。ましてお尻の大きな女性だと、膣口がさらに遠くに感じる。
 なんとか挿入を果たしても、深い挿入感はない。さらに、激しいスラストを繰り返していると、「スポン」 と抜けてしまうことがある。18センチもある僕のペニスでも、抜けてしまうのだ。

 これって、男にとっては情けない情況だ。それとなく
「あれ、抜けちゃった………」 と言うと、
「そうなの、バックでしているとよく抜けちゃうの……」 との返事。
「それは上付きだからだよ」 とも言いにくいので、黙っているけど、「やっぱりね」 と思ってしまう。正直、「上付き」 の女性との四つん這いバックは、あまり楽しめないかな。
 それに、何とかイカせたとしても、オーガズムの痙攣でまた 「スポン」 と抜けてしまうこともある。イッテ痙攣している膣って、男にとっては最高のご褒美なのに、ここで抜けてしまうなんて、なんとも間抜けな話しだ。直ぐに入れ直すけど、もうオーガズムの嵐は過ぎ去ってしまっている。

 というわけで、四つん這いバックにしてみて初めて、男はその女性が 「上付き」 かどうかが分るのだ ( 「下付き」 は問題ないので気が付かない)。ここで気が付いたら、あまり四つん這いバックにはこだわらず、適当なところで正常位に戻すのがいいかな。グリグリと奥まで突けるしね。
 昔は 「上付き」 が名器と言われたようだけど、それは正常位での話しだ。四つん這いバックや立ちバックを楽しむのなら、断然、 「上付き」 でない方がいい。「下付き」 はバックも楽しめるし、正常位でも多くは女の両脚を高く掲げるので、決してデメリットが前面に出ないのだ。



スポンサーサイト
[PR]


    posted at 00:00 | 女の名器 | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: