FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

中イキした膣で痙攣に耐えるペニス

 膣の中って、イク前であれば、ペニスにとっては心地いい環境だ。熱くまとわりつくような粘膜。じっとしているだけでも、とろけるように気持ちいいが、スラストをはじめると、亀頭の粘膜も擦られるし、膣口の締め付けがペニスを締め付け、棹全体に強い刺激が伝わる。まるで膣全体で精液の放出を促しているかのようだ。

 興奮が高まると、子宮が降りてくることもあり、亀頭に当るのが分る。そしてオーガズムが近づいてくると、膣が無意識のうちに収縮をはじめる。そして中イキをすると、ギューッと締め付けたまま離さない。時にはうねるように膣内がペニスにまとわりついてくることもある。イッタ後も、1~2分は、間歇的な痙攣を繰り返し、やがて消えていく。こうした一連の動きって、中イキを与えてあげたペニスだけが味わえる女性からのプレゼントといえる。

 しかしながら、女性が深いオーガズムに達した場合、イッテいる間の膣内は、時として男のペニスには過酷な環境になることがある。特に子宮口をガンガン突かれて、深いオーガズムに達した場合、膣の締め付けも強烈になるし、何より、下半身がガクガクと痙攣を始める。体の小さな女性なら、なんとか男の体重で押さえ込むことができるが、体格のいい女性だと、これが結構、大変なことになる。

 まあ、膣の締め付けはじっと耐えていればいいけど、時に痛いぐらいに締め付けられることがある。僕のペニスはバナナ型に曲がっているせいか、ギューっと締め付けられると、曲がっているペニスを真っ直ぐに伸ばされるようで、痛みすら感じることがある。また、時には膣が子宮の方からぺたんこになってきて、ペニスを押し出されてしまうことすらある。カチカチのペニスならなんとか踏ん張れても、少し柔らかくなっていると、どんなに腰を押しつけていても、押し出されてしまう。

 腰のガクガクという痙攣も、体格のいい女性だと、耐えるのに大変だ。正常位でも、よっぽど抜けないように腰を押しつけて女の痙攣を押さえ込んでいないといけない。まるでロディオマシンに乗って、じゃじゃ馬ならしをしているかのようだ。

 四つん這いバックだと、腰の痙攣の幅も広がるのか、ペニスがポロンと抜けてしまうこともある。特に下付の女性だと、抜けやすい。18センチもある長いペニスでも抜けるぐらいだから、相当、激しく上下に動くわけで、その時のペニスへの負荷も半端ない。激しく振り回され、痛いぐらいだ。一度、抜けてしまった時に、直ぐに入れ直そうとしたけど、痙攣している膣に入れるのは簡単ではない。

 こうなると、まるで嵐が過ぎ去るのをじっと耐えているかのようだ。しかしこれに何とか耐え抜くと、またこちらのペースとなる。イッテぐったりとしている子宮口めがけて、激しく腰を振り、ピンポイントの攻撃を再開する。そしてまた激しく痙攣する膣。四つん這いバックで何度もイカせていると、この繰り返しで、深く中イキしている膣って凄いな、女を連続してイカせるのも大変だな、なんて思ってしまう。
 
 激しい痙攣でペニスが抜けてしまった瞬間って、女にも分る。それだけ自分でも激しくイッテいるというのを自覚しているわけだ。逆に、なんとか膣内に留まっているのを確認すると、男の逞しさを感じるようだ。そしてまだ射精していないことが分ると、次のオーガズムを期待してしまう。「もうむりむり」 と思っても、激しい男の突きに、体は正直に反応してしまう。そして最後は腰が抜けてしまう女。過酷な膣内に耐え抜いたペニスだけが、女をその境地までもっていってあげることが出来るのだ。



スポンサーサイト
[PR]


    posted at 00:00 | 膣の中のペニス (男から) | CM(0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: